インスタ見るだけの危険性は?投稿を見るだけバレるのか注意点を解説!

インスタ見るだけ危険性

インスタで見るだけの場合、見ていることがバレる危険性があるのか気になりますよね。

周りの人がインスタをやっているので、アカウントを作ったけど投稿する機会がないため、見るだけ専用のアカウントになっている人も多いのでは?

インスタで見るだけの場合は、インスタでアカウント登録を行わなくても、#(ハッシュタグ)やユーザーネーム、最新投稿をみることが可能です。

結論から言うと、個人情報を紐づけしなければインスタアカウントはバレずに楽しむことができます。

見るだけ専用のアカウントを作るときの注意点を紹介します!

インスタを見るだけでバレる危険性がある

インスタ見るだけ注意点

インスタで見るだけの専用アカウントで、見たことがバレる危険性はどこか紹介します。

  • プロフィールの公開設定
  • 電話帳とのリンク
  • 足跡が残る場合がある

上記3つを紹介します。

プロフィールの公開設定でバレる

プロフィールを公開設定にしたままだと、ストーリーズやライブなど見ると相手にそのストーリーズやライブを見たという記録が残ります。

そのため、その記録から相手がたどってくると、公開設定になっている投稿やストーリーズなどすべての投稿がバレて見られてしまう可能性があります。

まな
投稿が見られたくない場合は、「非公開設定」にしておきましょう。

 

電話帳とのリンクでバレる

インスタには電話帳をリンクする機能があります。

リンクすると、スマホの電話帳(連絡先)に登録されている人のインスタグラムアカウントを自動的にフォローしていきます。

そのため、

  • 数年連絡を取っていなかった人のアカウントをフォローしてしまった
  • インスタをやっていることを隠したかった人がおすすめに出てきてしまう

上記のようなことがあります。

あき
知り合いにバレたくない場合は、連絡先の同期は「オフ」にしておきましょう。

足跡が残る場合もある

非公開設定にしていても、足跡が残る場合があります。

ンスタグラムの足跡は、相手に「見ました」を伝えるインスタ上の機能です。

どの機能を使うと足跡が残るのか、5つ紹介します。

「いいね」をつける

投稿に「いいね」をつけると、相手に通知がいきます。

これは非公開アカウントでも同様であり、取り消すことができません。

アカウントがバレたくない場合は「いいね」を付けないようにしましょう。

タグ付けをする

タグ付けは、写真や動画に映っていたり関係するアカウントを、紐付けられる機能です。

タグ付けしてフィードを投稿すると、タグ付けされた人へ「○○さんが投稿にあなたをタグ付けしました」という通知が届きます。

まな
通知が届くとイヤな人、バレたくない人にはタグ付けしないようにしましょう。

また、タグ付けをすると、プロフィール上に「タグ付けされたコンテンツ」としてまとめて表示されます。

公開アカウントであれば「タグ付けされたコンテンツ」は誰でも自由に見ることができます。

あき
やり取りを見られるのが嫌、身内だけで見たい場合もタグ付けは控えましょう。

ストーリー・インスタライブを見る

ストーリー、インスタライブは閲覧したアカウントが「閲覧者リスト」として履歴が残るようになっています。

閲覧者リストではユーザー名・アイコンが表示され、配信者は閲覧者リストを自由に見ることができます。

ストーリー・インスタライブを見た履歴は消すことができません。

見たことを知られたくない場合はストーリー・インスタライブを見ないようにしましょう。

DMを送る

投稿のように公開されない状態でやり取りができるDMも、足跡が残ります。

DMでは読んだメッセージに既読マークを表示でき、未開封のDMを開くと相手に既読と表示されます。

また、DMの画面ではオンライン状況が表示され、最後にいつログインしたかの履歴も知ることができます。

どちらも通知が届く訳ではありませんが、DMの画面を見ると一目で確認できます。

DMをスクリーンショットする

届いたDMをスクショすると、相手のDM画面に「スクリーンショット撮影」と表示されます。

DMで送られてきたストーリーをスクショする際は、投稿者に通知が行き、スクショしたことがバレます。

DMはこっそりスクショができないので覚えておいてくださいね。

インスタ見る専用アカウント危険

他のSNSと紐づいている

インスタは、他のSNS(Twitterなど)と紐づけることができます。

紐づけすると、インスタにアップした写真や動画を他のSNSでも同時に投稿できます。

2カ所にそれぞれで投稿する手間が少なくなり良いのですが、同じ写真を同じ時間に投稿していると、他のSNSからバレることがあります。

まな
他のSNSと紐づけるときは注意が必要ですね。

インスタで自分のことを見ている人を知る方法を知りたい場合は>>インスタで自分のことをよく見てる人を知る方法とは?わからない場合もあるのか調査!をご覧ください。

インスタの見るだけ専用アカウントを作るときの注意点

インスタ見るだけ注意点

インスタの見るだけ専用アカウントを作る際に注意する点を紹介します。

インスタをアカウントを作成しないで「見るだけ!」にしたい方は
>>【2022】インスタ見るだけできなくなった?にある方法がおすすめ!

個人を特定されないメールアドレスで登録

まずはメールアドレスを普段使用していないメールアドレスにしましょう。

インスタには電話帳をリンクする機能があります。

普段使用しているメールアドレスで作成すると、そのメールアドレスを電話帳に登録している人がインスタのアカウントをリンクすると、見るだけ専用アカウントがバレてしまう可能性が高まります。

Yahoo!メールGmailでメールアドレスを新しく取得しても良いですね。

連絡先を同期しない

次に、連絡先を同期しないようにすることです。

上記でもお伝えしたように、インスタには電話帳をリンクする機能があります。

それが「同期」です。

連絡先を同期すると、スマホの電話帳に入っていて、インスタのアカウントを持っている人と勝手につながってしまうことになります。

「連絡先をリンク」は触らないようにしましょう。

個人情報を登録しない

個人を特定できるような名前やユーザーネームは使わないようにしましょう。

  • 通っている学校名
  • 勤務先
  • 所属しているサークルなど

は、だれかが検索でプロフィールまでたどり着いてしまう可能性があるので登録しないようにしましょう。

誕生日も特定される原因となるので個人情報となるものは記載しないようにしましょう。

インスタの非公開アカウントが閲覧されないようにしたいときは>>インスタで一瞬非公開アカウントにみえる原因とは?鍵垢を見る裏技や閲覧されない対処法!をご覧ください。

まとめ

インスタを見るだけで見たことがバレる危険性とは?見るだけ専用アカウントを作るときの注意点をまとめました。

  • プロフィールは非公開設定にする
  • インスタライブやいいねは足跡が残る
  • 連絡先を同期すると知り合いとつながる可能性がある
  • メールアドレスは知り合いに伝えていないものをつかう

上記を気を付ければ、個人を特定される恐れはほとんどありません。

インスタは見るだけでも楽しいので、楽しいインスタライフを送りたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA