ウーバーイーツ(Uber Eats)の支払い方法は現金も可能?設定の仕方も解説!

ウーバーイーツ支払い方法現金

「ウーバーイーツ(Uber Eats)は現金払いできるの?」

「現金払いに設定する方法は?」

と悩んでいる人もいるはずです。

今回この記事では、こういった悩みを解消します。

ウーバーイーツ(Uber Eats)を現金で支払いたい、設定方法を知りたいという人はぜひ参考にしてみて下さい。

ウーバーイーツ(Uber Eats)を現金で支払いする方法

ウーバーイーツ(Uber Eats)では、クレジットカードやデビットカードでの支払いが一般的でしたが、現金で支払うこともできるようになりました。

そこで、ウーバーイーツ(Uber Eats)を現金支払いにする設定方法を紹介します。

現金で支払う時には注意しなければならないことがあるので、そのことについても解説していきます。

現金での支払い設定をする

ウーバーイーツ(Uber Eats)のアプリで現金支払いに設定する方法を紹介していきます。

ウーバーイーツ現金
  1. アプリを起動し、右下の人型マークの設定から、「お支払い」を選択する。
  2. 「お支払方法を追加」を選択する
  3. 「現金」を選択する

これだけで現金で支払うことができるようになります。

あとは、注文する際に、「小計」の下に、支払い方法を選択できるボタンが表示されているので、そこを選択し、お支払方法を「現金」にすると現金での支払いができます。

もし、設定がうまくいかな場合は>>ウーバーイーツ(Uber Eats)の支払い方法が選択できない?を参考にしてみてください。

現金での支払いにはルールがある

ウーバーイーツ(Uber Eats)の現金支払いにはルールがあります。

注文できないということもありますので、以下の2つについて注意してください。

  • 現金で注文できるのは配送手数料も含めて10,000円(税込)まで
  • お酒は現金での支払いができない
10,000円以上の注文の場合は、クレジットカードでの事前決済が必要になりますので注意してくださいね。

また、ルールではありませんが、マナーとして気をつけた方が良いこともあります。

それは、「なるべくおつりが出ないように用意しておく」ということです。

ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達員は基本的にはおつりを持って稼働していますが、それほど多くの現金を持っているわけではありません。

配達員のことを考えて、おつりが出ないように用意してあげられるといいですね。

下のようなトラブルもあるので、気をつけましょう!

現金での支払いに対応しているエリア

現金での支払いができるエリアはこれまで東京や千葉、横浜、大阪などしかありませんでした。

しかし、徐々に広がっていき現在ではウーバーイーツ(Uber Eats)対応エリアであれば全国どこでも現金支払いが可能になりました。

ウーバーイーツ(Uber Eats)を注文できるエリアにいる人であれば、だれでも現金で支払うことができますね

ウーバーイーツ(Uber Eats)を現金で支払いするメリット・デメリット

ウーバーイーツ(Uber Eats)を現金で支払うメリットはあるのでしょうか?

また、デメリットはあるのでしょうか?

現金で支払うことのメリットは2つ、デメリットは1つありますので、一つずつ解説していきます。

メリット①:クレジットカードや電子マネーがなくても注文できる

メリットの1つ目は、クレジットカードや電子マネーがなくても注文できるということです。

ウーバーイーツ(Uber Eats)は元々、現金での支払いは行っておらずカード払いが主流でした。

また、LINE PayやPayPay、Apple Payなどの電子マネーでの支払いもおこなわれていました。

そのためカードをあまり使いたくない人や、電子マネー決済を使っていない人は利用できなかったのですが、現金での支払いが可能になり現金派の人でもウーバーイーツ(Uber Eats)を利用できるようになりました。

メリット②:金額上限があるので頼みすぎを防げる

メリットの2つ目は、金額上限があるので頼みすぎを防げるということです。

ウーバーイーツ(Uber Eats)で現金払いする場合、1度の注文金額の上限が配送手数料込みで10,000円(税込)以内と決められています。

なので、商品を注文していくうちに、あれも!これも!とサイドメニューを追加して頼みすぎるのを防ぐことができます。

ついつい頼みすぎてしまう人は、現金での支払いに設定することで頼み過ぎを防ぐことができそうですね。

デメリット:配達員が現金支払いの注文を無視する可能性がある

メリットもありますが、逆に現金で支払いをするデメリットもあります。

それは、配達員が現金支払いの注文を無視する可能性があるということです。

配達員は現金での配達を受けないように設定することができます。

クレジットカードなら料理を受け渡して配達完了となるのですが、現金払いだと配達パートナーが現金を受け取り、必要に応じてお釣りを支払わなければなりません。

こういったやりとりが面倒だと感じる配達員は現金での配達を受けてくれません。

そのため、注文を無視され、手元に料理が届くのが遅くなってしまう可能性があります。

ウーバーイーツ(Uber Eats)の支払い方法は現金も可能?設定の仕方まとめ

ウーバーイーツ(Uber Eats)の支払い方法は現金も可能なのか、現金での支払いに設定する方法について紹介してきました。

ウーバーイーツ(Uber Eats)の支払いは現金でも可能です。

設定も簡単に行うことができます。

ただ、支払う時にはおつりのないように用意してあげると親切だと思います。

また、これまでは限られたエリアでのみ現金での支払いが可能でしたが、現在はウーバーイーツ(Uber Eats)対応エリアであればどこでも現金での支払いが可能です。

これまで現金での支払いができないからウーバーイーツ(Uber Eats)を頼んでいなかったという人も、今回紹介した方法を参考にして一度注文してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA