出前館で置き配のやり方は?インターホンなしではできないのか調査!

出前館で置き配のやり方は?インターホンなしではできないのか調査しました。

商品を宅配員から直接手渡される方法ではなく、玄関などに置いてもらう置き配が増えています。

そこで、出前館で置き配にするやり方や、インターホンなしではできないのか調査しました。

置き配は便利なサービスなので、上手に活用するヒントをご覧ください!

出前館で置き配の方法!やり方は3ステップ!

出前館での置き配のやり方は、

  1. 『注文する店舗や商品を選択する』
  2. 『キャッシュレス決済を選択する』
  3. 『備考欄に「置き配希望」と記載する』

の3ステップあります。個々に詳しく説明していきます。

置き配設定の手順①:注文する店舗や商品を選択する

まずは出前館で注文する店舗や商品を決めます。

  • 配達してほしい場所の郵便番号を入力すると、その地域に配達できる店舗が表示されます。
  • 配達までの目安時間や送料を選んでください。
  • 店舗が決まったら、今度は商品を選びます。
  • 商品が決まったら「カートに追加」ボタンを押します。
  • 注文したい商品の個数分カートに追加後、「カートを確認する」を押します。
最後に、カートに追加した商品や個数があっているかを確認し、OKだったら「注文手続きに進む」をタップしましょう。

キャッシュレス決済を選択する

置き配にしたい場合、注文手続きで必要なのはキャッシュレス決済を選ぶことです。
現金払いを選んでしまうと、配達員との現金のやり取りが必要となってしまい、結果置き配対応にはなりません。

キャッシュレス決済として使用できるのは、クレジットカードやAmazon Pay、Apple Pay、LINE Payやキャリア決済です。

備考欄に「置き配希望」と記載する

注文画面の下の方に備考欄があるので、そこに置き配希望の旨を記載しておきましょう。
「商品は部屋の玄関前に置いてください」「玄関に置き配希望」など分かりやすく書いておくと良いですね。

オートロックのマンションでも、エントランスを開けば玄関先まで持ってきてもらうことが可能です。

備考欄がない店舗では置き配ができない

注文時に備考欄がない店舗があります。その場合は置き配は利用できません。

置き配を希望する場合は他の店舗の商品へ注文を変更しましょう。

置き配はインターホンなしでは受け取ることができない?

置き配の場合、配達場所へ着いた時の連絡はインターホンです。

インターホンが壊れていて鳴らない場合や家族が寝ていて大きな音を鳴らしたくない時、インターホンの音に犬が反応するなど、インターホンを鳴らしてほしくない時はありますよね。

そういった場合はインターホンなしで受け取れるのでしょうか?

インターホンなしでは受け取れない!

基本的にはインターホンなしでは受け取れません。
出前館では、到着し置き配をした旨を伝えるためにインターホンを鳴らします。

配達員がインターホンを鳴らさずに商品を置いたままにし、注文者が気づかなかったということを防ぐ目的です。
置き配をした後に配達員は離れた場所で待機しており、商品を受け取ったことを確認してから帰ります。

どうしてもインターホンなしで受け取りたい時

それでも、どうしてもインターホンなしで受け取りたい時がありますよね。
その場合はどうしたらよいのでしょうか。

対策を2点紹介します。

備考欄に「電話して」と書く

備考欄に「到着時にインターホンを鳴らさず、電話してください」等インターホンを鳴らしてほしくないと記載してみましょう。

宅配員が備考欄を確認していれば、電話で連絡をくれる場合もあります。

 玄関に貼り紙をする

玄関やインターホン近くに張り紙をしておくのも一つの手段です。
インターホンを鳴らす前に見える位置に張り紙がしてあれば、気づいてくれるかもしれません。

出前館で置き配のやり方は?インターホンなしではできないのかまとめ

出前館での置き配はキャッシュレス決済を選択の上、備考欄に置き配希望と記載します。
衛生面を配慮した、様々な配達方法が選べるのはとても安心で便利ですね。

基本的には出前館はインターホンを鳴らすものですが、備考欄や貼り紙で伝えてみるのもを活用する価値がありそうです。

出前館をの置き配を上手に利用して便利に食事を楽しみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA