アマゾンプライムの年齢制限NRの意味とは?評価や暴力などについて徹底調査!

アマゾンプライムNR

Amazonプライムビデオで映画を視聴するとき、「年齢制限NR」と表示があるのはどんな意味なのか調べました。

  • 評価NRの意味
  • 年齢制限Gとの違い

暴力表現などで視聴の年齢制限があるのかも調査しました。

アマプラを快適に楽しむための参考にしてくださいね。

アマゾンプライムの年齢制限NRとは

AmazonプライムNRAmazonプライムビデオを見ようとすると表示される「NR」は映画の「レイティング」です。

NRは年齢制限などの指定がなく、誰でも視聴が可能な作品であることを表しています。

Amazonプライムビデオのレーティングについてはこちらを参考にして下さい。

映画のレイティングシステムとは、映画を鑑賞するときに、その映画を見ることができる年齢の枠を定めた規定のこと。

要するに、この映画や作品が対象年齢をどの範囲で設定しているかということを表したものです。

 レイティング 意味
NR 指定なし、誰でも視聴が可能
G 年齢を問わず視聴が可能
ALL 全ての人が視聴が可能
PG-12 12歳未満は保護者の確認が必要
13+ 12歳未満は保護者の確認が必要
R15+ 15歳未満は視聴が不可
R18+ 18歳未満は視聴が不可

先進国を中心に多くの国で規定されており、日本では映画倫理機構(映倫)が審査を行っています。

Amazonプライムビデオでは、2020年6~9月は「年齢制限」ではなく「評価」と書かれていたので、少し混乱がありました。今は「年齢制限」という表記になっています。

レイティングの見方はこちらの記事を参考にしてくださいね。
>>アマゾンプライムビデオの評価Gとは?ALLや16+など年齢制限の見方を調査!

年齢制限NRとGの違い

上の表をみると、NRとGは誰でも見れる、とされています。

まな
NRとGは何か違いがあるのかな?
意味
NR NOT RATED レーディングなし
G General Audiences 一般向き

NRが表記される作品

GとNRは変わらない様に思えますが、

NRは「NOT RATED」の略で、レーティング・システムが導入される前の古い作品などにあります。

例えば

  • 『サウンド・オブ・ミュージック』
  • 『オズの魔法使い』等

他には自然ドキュメンタリーなどの中編映画など、審査を受けていない作品もNRとされています。

NRはレーティング制度のない時代の映画も含まれてます

よって、全てが全年齢対象ではないようです。

まな
全年齢対象、ではなく「指定なし」なんですね!

アマプラでNRが表記されていても、家族全員が観ることもできる映画か自身で見極める必要があります。

あき
なので、NRの表記には「暴力」「薬物使用」などが追記されている場合があります。

Gが表記される作品

Gは「General Audiences」の略で「一般向き」という意味です

子供から大人まで全年代の人が安心して観ることができる映画についています。

「G」がつくのは、はほとんどの場合子供向けの映画になっています。

こちらは暴力や性的な表現がないので、全ての年代で楽しむことができます。

アマゾンプライムがクロームキャストで繋がらない場合は>>Amazonプライムがクロームキャストで見れない、繋がらない?キャストアイコンが出ない原因と対処法を紹介!もご覧ください。

Amazonプライムビデオ「暴力」や「薬物使用」は注意喚起

評価や年齢制限の他に「暴力」や「薬物使用」という文字が表示されることがあります。

薬物を使用する表現がないのに、この表示がされているときがあります。

これらは一体どういう意味なのか詳しく解説していきます。

評価のGやNRを消したい場合は>>アマゾンプライムの評価GやNRの消し方|NRが見れない時の対処法も!を参考にして下さいね。

「暴力」の表示とは

「暴力」の表示は、暴力表現がありますので、気をつけてください!ということを表しています。

同じシリーズの作品の中でも暴力表現がない回はこの表示がなく、暴力表現がある回のみ表示されていることもあるので、細かく設定されています。

「なんでこの映画には、暴力の表示がないんだろう」ということもありますので、子どもに暴力表現を見せたくないという人は注意が必要です。

「薬物使用」の表示とは

「薬物使用」は、薬物使用の表現があります、気をつけてください!ということを表しています。

ただし、違法薬物だけでなく、飲酒もこれに該当するようです。

未成年の飲酒だけではなく、青年が飲酒している表現がある場合もこの「薬物使用」の表示が出ることがあります。

ゆるキャン△11話「クリキャン!」では、先生がココアにラム酒を入れる表現があるので、これが「薬物使用」に該当するのだと思われます。

というように、「それが薬物使用にあたるのか!?」というものも含まれています。

「暴力」の表示と同様に「これは薬物使用にならんのかい!」というものもあるので、あてにならない場合もあります。

アマゾンプライムのNRについてのネットの声

アマプラでNRに「暴力」「薬物使用」などがついていて注意を促す場合がありますが、検討外れな作品にも表記されているという声もありました。

まとめ

Amazonプライムビデオの作品に表示される年齢制限NRはどんな意味なのかまとめました。

NRは「NOT RATED」の略で、【指定なし、誰でも視聴が可能】な作品についています。

審査を受けていない作品なので古い作品についている場合が多いですが、アニメやドラマ・ドキュメンタリー映画などにも表記されています。

アマプラでNRの作品は、全年齢対象ではなくあくまでも「指定なし」の表記です。

  • 暴力」「薬物使用」は、暴力表現や薬物使用の表現が作品内にあるということをあらわしている
  • 「薬物使用」には、飲酒の表現も含まれる

上記の点は小さいお子さんが視聴する場合は注意が必要ですね。

暴力や性的表現など年齢制限が必要な作品の場合もあるので、家族全員で視聴できるか見極める必要はありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA