zoomでオーディオに接続しないとは?相手や自分の声やミュートとの違いを解説!

zoomミーティングに参加する際、毎回表示されるオーディオに接続するかどうかの設定。

「オーディオに接続しない」を選択するとどうなるの?ミュートとは何が違うの?
と疑問に思ったことはありませんか?

この記事では、オーディオに接続しないとは何か、そして、ミュートとの違いは何かについて解説します。

zoomで「オーディオに接続しない」とは?パソコン・スマホでどうなる?

zoom オーディオに接続しないzoomで「オーディオに接続しない」とはどのような状態のことをいうのでしょうか。
以下に解説していきます。

パソコン・スマホの両者で「オーディオに接続しない」を選択した結果は変わりませんので、使用している端末がどちらであっても参考にしていただけます。

オーディオに接続しないと相手の声は聞こえない

オーディオに接続しないを選択すると、相手の声が聞こえなくなります。

オーディをに接続しないとは音声を使わない設定にすることを言います。
具体的には、「オーディオに接続しない」を選択した場合、マイクやスピーカー、録画機能が使えなくなります。

通常、相手の声を消す、もしくは小さくする場合、端末の音量調節ボタンで調整をしますよね。
しかし、オーディオに接続していない場合は、そもそも音声が使えない状態の為、端末から音自体が出ません。

ビデオがオンになっている場合は、相手の声は聞こえませんが、相手の顔や口元の動きなどは見える状態になります。

オーディオ接続の設定は、後から変更が可能です。

オーディオに接続しないと自分の声も届かない

オーディオに接続しないを選択すると、自分の声も他の参加者に届かなくなります。

理由は上記同様、オーディオに接続しない=音声を使わない設定をすることだからです。

zoomには自分の声を相手に届けるか否かを選択する、マイクのオンオフ機能がありますが、
これもオーディオに接続していない状態では使用することができません。

オーディオに接続しないとバレる?

zoomでオーディオに接続しないと、バレる可能性が高いです。
まず、上に述べたように、オーディオ接続をしない場合、相手の声が聞こえず、自分の声も届きません。
もし参加者の誰かがあなたに話を振った場合、それに気づくことができませんし、気づいても答えることができません。

また、アプリの仕様でバレる可能性も高いです。
zoomアプリでは、参加者一覧ページの名前右隣に、通常、[マイクマーク]と[ビデオカメラマーク]が表示されます。

しかし、オーディオに接続していない場合、この[マイクマーク]が表示されません。ホスト、参加者に関わらず、確認できる項目ですので、気づかれる可能性があります。

「オーディオに接続しない」と「ミュート」の違いは?

zoom オーディオに接続しない「オーディオに接続しない」と「ミュート」にはどんな違いがあるのでしょうか。

「ミュート」とは

「ミュート」とは、オーディオ接続した(=音声が使える)状態で、自分の声を相手に届かなくする設定です。

ミュートをオンにすれば、自分の声が相手には聞こえなくなり、
ミュートをオフにすれば、自分の声が相手に聞こえるようになります。

ミュートの切り替えは、相手の音声には関係がない為、相手の声は通常通り聞こえます。
>>zoomのミュート解除ができない?PCやiPadでの対処法を紹介!

違いは音声が使える状態かどうか

「オーディオに接続しない」と「ミュート」の違いは、音声が使える状態かどうかです。

オーディオに接続している場合、音声が使える状態ですので、自分の声を相手に聞こえるようにするか否かを選択することができます。

逆に、オーディオ接続していない場合は、音声が使えない状態の為、自分の声を相手に聞こえるようにすることはできません。

zoomでオーディオに接続しないとはどういうこと?ミュートとの違いまとめ

オーディオに接続しないを選択するとどうなるのか、ミュートとの違いについてまとめました。

オーディオに接続しない場合

  • 相手の声が聞こえない
  • 自分の声も届かない
  • マイク、スピーカー、録画機能が使えない

「オーディオに接続しない」と「ミュート」との違い

  • 「ミュート」:自分の声を相手に届けるかどうか選択可能
  • 「オーディオに接続しない」:自分の声を相手に届けることは不可能

但し、一度「オーディオに接続しない」設定をしてしまっても、
スマホ・パソコン両者で、後から設定を変更することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA