ウーバーイーツ(Uber Eats)でチップは払うか払わないかどっち?払いたくない時の対処法!

ウーバーイーツチップ払わない

ウーバーイーツ(Uber Eats)でチップは払わないといけない?払いたくない時の対処方法を紹介します。

「ウーバーイーツ(Uber Eats)ってチップを払わないといけないの?」

「払いたくない…。」

「みんなは払ってるの?」

と悩んでいませんか?配達パートナーからは、ケチとは思われたくないですよね。でも、毎回払うのは…と考えがちです。

今回この記事では、これらの悩みを解消します!

ウーバーイーツ(Uber Eats)のチップを払おうか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ウーバーイーツ(Uber Eats)でチップは払わないといけない?

ウーバーイーツ(Uber Eats)ではチップを払わないといけないのでしょうか。

結論から言うと、払う必要はありません。

なぜ払う必要がないのか詳しく解説していきます。

チップは払わなくていい!

ウーバーイーツ(Uber Eats)では、チップは払わなくてもいいです。

配送手数料や商品代はきちんと支払っているのでチップを払う必要はありません。個人差もあると思いますが、チップを支払う頻度は概ね10回のうち3回程度のようです。

また、払わないからといって、配達パートナーに「ケチな客だな」と思われることもありませんし、受けられるサービスが悪くなるということもありません。

元々チップの文化があるアメリカでさえ、ウーバーイーツ(Uber Eats)でチップを払わない人は多くいます。

チップは心が動いた時だけ

ではチップはどのようなときに払えばいいのでしょうか。

それは「払いたい」「ありがとうと伝えたい」というように、心が動いた時だけ払えばいいのです。

チップとは、「相手のしてくれたことに感謝の気持ちをお金で示す」という文化です。

日本ではあまりなじみのない文化ですが、言葉だけでなく形でも示すことで、より感謝の気持ちが伝わるかもしれません。

以下のようなときにはチップを払ってもいいと思います。

  • 配達距離が比較的長かった
  • 悪天候のなか配達してくれた
  • 配達パートナーが気持ちのよいサービスをしてくれた
  • 配達パートナーがイケメン(美女)だったので貢ぎたい

最後の見た目の件は冗談のようですが、実際にあるようです。商品を受け取る側もイケメンや美女に配達してもらえた方がうれしいのかもしれませんね。

配達パートナーは、もらえる金額よりも「チップをもらえた」ということに喜びを感じます。なので、心が動いた時に感謝の気持ちをチップという形で示してみるのもいいでしょう。

チップの支払い方法は難しくありません、詳しくは>>ウーバーイーツ(Uber Eats)でチップの支払い方法は?をご覧ください!

 ウーバーイーツ(Uber Eats)でチップを払いたくない時の対処法

チップを払いたくない時にはどのように対処すればいいのでしょうか。

対処法として2つ紹介します。

チップを払いたくないときにはこれから紹介する方法を試してみてください。

対処法①:「置き配」設定をする

1つ目の対処法は、「『置き配』設定をする」です。

ウーバーイーツ(Uber Eats)には、配達パートナーと非対面で受け取ることができる「置き配」という受け取り方法があります。

置き配は、受け取り方法に「玄関先に置く」を指定することを指しています。

玄関先のどこに置くのかを配達パートナーに事前に伝えて、玄関先のどこかに置いてもらいます。

もちろん玄関先にテーブルなどがある家は少ないため、袋に入った商品を地面に置くこともあるかもしれません。

地面に置かれるのがいやな場合は、簡易的な台や箱を玄関先に置いたり、新聞紙やチラシなどを置いたりしておくことで、直接触れることをさけることができます。

「置き配」設定する時の注意点

配達パートナーとの接触を避けられる「置き配」を利用する場合は、スムーズな受け渡しのため、以下の4点に注意をすることが必要です。

注意点①:置き場所を指定する

商品のお届け場所を「玄関先に置く」に設定した場合は、「注意事項を追加」の欄に、具体的な場所を指定するようにしましょう。

配達パートナーは、基本的にあなたの家に初めて来る方です。

丁寧にどのあたりに、どのように置いてほしいのか詳しく記載するようにしましょう。

注意点②:メッセージ機能を活用する

メッセージ機能を利用して、商品を置いた場所を配達パートナーに確認しましょう。

商品の配達が完了したという通知があったのに、商品が指定の場所にない場合は、配達パートナーが誤った場所に配達してしまった可能性もあります。

その際には、メッセージ機能を利用して、配達パートナーに確認をするようにしましょう。

注意点③:到着確認をする

配達パートナーがインターホンやドアベルで到着をお知らせした際に、置き場所の最終確認を行いましょう。

しっかり配達パートナーが配達してくれたことをお知らせしてくれたら、置いてもらった場所をインターホン越しなどで確認するようにしましょう。

注意点④:商品の受け取り

夏場などは特に、戸外に食品を長時間放置するのは衛生的な観点で危険です。

配達完了の連絡が届いたら、早めに商品を受け取りに玄関先に行くようにしましょう。

対処法②:飲み物などをチップの代わりに渡す

2つ目の対処法は、「飲み物などをチップの代わりに渡す」です。

余分にお金を払うのは抵抗があるけど、感謝の気持ちは伝えたいという人もいると思います。

そんな人にはこの方法がおすすめです。

例えば、暑い日には冷やした飲み物、寒い日は温かい飲み物をチップの代わりにあげると配達パートナーはうれしいようです。

飲み物以外にもお菓子やカイロをチップとしてあげている人もいるようですね。

ウーバーイーツ(Uber Eats)でチップは払わないといけない?払いたくない時の対処法まとめ

ウーバーイーツ(Uber Eats)でチップは払わないといけないのか、払いたくない時はどのように対処すればいいのかということについて解説してきました。

チップは払わなくてもなにも問題ありません。

払いたいときにだけ払えばいいです。

感謝の気持ちを伝えたいなど心が動いた時に払うといいのではないでしょうか。

また、チップを払いたくない時には、「置き配」設定にし、配達パートナーに合わないようにすることや、お金以外の物をチップとして渡すという手もあります。

日本にはチップの文化はなじみがありませんが、感謝の気持ちをチップという形で示してみるのもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA