いただきますのマナー講師とは?「いただきます・頂戴します」食事マナーが正しいのはどっち?

鬼マナー講師の平林都さんがNHK「チコちゃんに叱られる」に出演し、態度が悪いと大炎上。

スタッフが泣き出す事態になったのが、食事の時の挨拶についてです。
スタッフが「いただきます」と言ったのに対し、「人と一緒にいるときは『頂戴いたします』やろ!」と怒鳴りつけました。

果たして「いただきます」「頂戴します」。食事マナーとしてどちらが正しいのか調査しました!

「チコちゃんに𠮟られる」の今後はどうなるのかは「チコちゃんに叱られる」放送中止になるって本当?理由は?放送終了とも!をご覧ください。

「いただきます」の意味

「いただきます」は「貰う」の謙譲語で、この言葉には二つの意味が込められています。

一つ目が、食材に対する感謝。
「自然の恵み(命)を頂き、私の命にさせて頂きます」という意味が込められています。

二つ目は、食事に携わってくれた人々に対する感謝。
料理が出来上がるまでには、食材を作る人、食材を仕入れる人、配膳する人、調理する人など、たくさんの人が携わります。そのすべての人々に対する感謝の気持ちが込められています。

「頂戴します」の意味

「頂戴」とは「貰う」の謙譲語で、敬意を表す言葉として「頂戴します」と使います。

ちなみに、平林都さんが使われていた「頂戴いたします」というのは二重敬語です。正しくは「頂戴します」ですので、誤って使わないように気を付けてください。
ただし、より丁寧な表現を使う必要がある場面では有効な場合も。二重敬語であることを理解した上で使い分けましょう。

「いただきます・頂戴します」どっちが正しい?

「いただきます」も「頂戴します」も同じ謙譲語を含んだ敬語表現です。

意味としてはほぼ変わらないのですが、「頂戴します」は、基本的に食事を勧められた時に使います。
自発的に使う場合は「いただきます」で問題ありません。

「いただきます」は食材や料理に携わった人への感謝の言葉、「頂戴します」は食事を勧めてくれた目上の人に対して使う言葉です。

ネットの声

平林都さんの過去については平林都の過去の男遊びがヤバかった!昔のかわいい&美人だった姿を公開!をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA