BTSの良さや魅力がわからない?曲もつまらないと感じる理由とは?

全米1位にも輝いたK-POPアーティストBTS。いまや世界を代表する大人気グループです。

そんなBTSにも、良さがわからない、魅力がわからない、曲がつまらないと感じる人々がいるのも現実です。

なぜ、良さがわからないと感じてしまうのか?BTSが人気の理由と共に、そのように感じる理由を探ってみましょう。

BTSの良さや魅力がわからない?曲がつまらないと感じる理由とは?

アンチ気味になってしまった原因として考えられるエピソードでは、メンバーの一人が原爆Tシャツやブルゾンを着ていたということが挙げられます。

以前、田村淳さんがTwitterに「原爆を称賛するのは間違ってると思う」「直接話を聞いてみたい」と投稿したことで炎上されていましたね。

また、過去には反日では?と疑われる発言や騒動もありましたので、良い印象を持てないという人がいるのではないでしょうか。

良さや魅力がわからないと感じる人たちの声

BTSの良さや魅力がわからないという人からは、ダンスや曲ではなく、やはり反日発言や反日行為を受け入れられないという声が多く聞かれます。また、態度が悪いという声も多いです。

過去には、SNSでの発言や身に付けているアイテムから反日なのではと疑惑が度々取り沙汰されることがあったBTSのメンバー。そして極めつけが原爆Tシャツでした。

韓国のファンからのプレゼントを意味を知らずに着ていたということでしたが、被爆国の日本からすると、さすがに許せないとなったのでしょう。

今でも色んな意見があります、詳しくは下記を参考にしてください。
>>BTSで日本嫌いなメンバーは?反日行為や曲の真相を調査!

態度についても、日本人は礼儀を重んじる国だから、彼らの態度を受け入れられないのでしょうね。

そもそも、K-POPが好きではないという声も多いのですが。

曲がつまらないと感じる人たちの声

曲が好きという人がいる反面、曲がつまらないと感じている人もいます。BTSが嫌いな人からは、歌が下手だからつまらないという声が聞かれます。中には、BTSは好きだけどつまらなくなったという人もいます。なぜ、つまらないと感じているのでしょう?

そう感じるようになった理由には、曲調が変わってしまったという声が多く聞かれました。全米デビューしたことにより、英語詞になってしまった、大衆受けを狙ってBTSらしさがなくなってしまったなど。誰にでもわかりやすく好まれる楽曲を誰しもが望んでいるのではないというのが、はっきりと声となって現れました。

昔から聞いているファンからしたら、いつまでもK-POPとしてのBTSであってほしいと願う人たちもいます。好きだからこそ望む曲と違えばつまらないと批判してしまうのでしょう。

BTSの良さや魅力をまとめると?

BTSについて批判的なところを見てきましたが、こんなにも世界中で人気があるのには、もちろん良さや魅力があるからです。

BTSの魅力として挙げられるのは、

  • 抜群のダンスパフォーマンス
  • 楽曲の素晴らしさ
  • メンバーの個性や才能
  • メンバー間の強い絆

SNSを通して伝えられるメンバーのありのままの姿に共感する人も多く、楽曲だけにとどまらない魅力がファンを虜にしている理由でしょう。

母国の韓国だけでなく、日本やアメリカなど世界の人々を魅了し続けるBTSの良さや魅力について、詳しくみていきましょう。

魅力①:ハイレベルなダンスパフォーマンス

BTSといえば、息の合ったシンクロダンスと呼ばれる最高難易度のダンス。しかも、そのハイクオリティなダンスをしながら歌うのですから、圧巻のパフォーマンスに世界中が虜になったのです。

ですが、初めからダンスが上手かったわけではなく、ダンス初心者もいました。練習生時代には、一日数十時間というレッスンをこなしてきました。努力の賜物が現在の姿なのです。

ダンスの練習動画も公開されています。この動画からも、どれほど彼らのダンスのレベルがすごいのかということが伝わってきます。

魅力②:メッセージ性のある素晴らしい楽曲

BTSの楽曲といえば、メンバー全員が作詞作曲に携わっています。彼らはアイドルではなくアーティストなのです。

過去にはメンバー全員でアメリカに武者修行にも出かけています。自分たちの考えやファンへのメッセージが込められているので、直接ファンの心に響いてきます。それを聞いたファンはますます好きになり、沼にハマってしまうのです。

BTSの楽曲は、彼らの成長と共に込められるメッセージが変化していっていますが、自分を愛することの大切さへの変化で、より共感を得られるようになりました。

また、BTSのアルバムはストーリー仕立てになっていたり、MVがドラマ仕立てになっているのも夢中になる要因になっているようです。

魅力③:個性的で魅力溢れるメンバー

BTSのメンバーは7人です。それぞれ個性的でとても魅力的。

  • ・メインボーカル、リードダンサーのグクは、歌もダンスもルックスも完璧な黄金マンネ(末っ子)。
  • ・サブボーカルのジンは、食べることが大好きな誰もが認める努力家。美しい高音ボイスが人気の最年長のお兄さん。
  • ・リードラッパーのシュガは、BTSや他アーティストの音楽プロデューサーという顔を持つ、寝るのが大好きなおじいちゃん担当。ラッパーとしてソロ活動もしています。
  • ・サブボーカルのV(テテ)は、世界で最もハンサムな顔で1位に輝いたハスキーな低音ボイスの持ち主。3オクターブの音域を持っています。
  • ・リーダーでメインラッパーのRM(ナム)は、IQ148の頭脳明晰なラップモンスター。BTSを作ったきっかけがRM。
  • ・リードボーカル、リードダンサーのジミンは、高いダンススキルと唯一無二の歌声を持つ努力家。
  • ・サブラッパー、メインダンサーのJ-HOPE(ホビ)はトップレベルのダンススキルを持ついつも笑顔のムードメーカー。
メンバー一人一人の人柄の良さが際立ちますね。

魅力④:仲良しなメンバー

デビュー当時は「アイドルラッパー」と揶揄されたり、売れないと言われたりと、屈辱的な経験をしてきたBTS。

長い下積み時代の中で不安を抱えていたこともあったそうです。成功の裏には血の滲むような努力が隠されていました。

今のパフォーマンスに至るまでには睡眠時間やトイレに行く時間さえも惜しんだのだとか。そんな苦境を乗り越えてきたメンバーだからこそ、ただの仲の良さだけではなく、強い絆で結ばれていると言えます。

そして、世界的にも有名になった今でも謙虚な姿勢でいられるのも、ついてきてくれるファンに対する感謝の気持ちを大切にしているからなのでしょう。

このメンバー間の絶対的な信頼関係こそが、人気の一番の理由とも言われています。

魅力⑤:SNSの活用方法が上手い

これまでに挙げた魅力を上手く世界に知らしめたのがSNSです。事務所がまだ駆け出しだったこともあり、資金があまりかからず、それでいて簡単に拡散できるSNSを徹底的に活用したことが、BTSが世界的人気を獲得し成功を掴んだ要因です。

TwitterやYouTubeを中心として、ステージや練習動画、活動報告、メンバーのオフショットなどを拡散し、より身近に感じられます。

時系列で記録されますので、いつからファンになっても彼らの過去や成長を感じることができるというのも大きなメリット。

公式SNSだけに限らず、WeverseやVLIVEでも配信しています。

Weverseではファンの投稿にコメントをくれることもあるので、より親密感が増し、どんどんとのめり込んでしまいますね。

BTSの良さや魅力がわからない?曲もつまらないと感じる理由まとめ

  • ・反日と思われる発言や、原爆Tシャツを着ていたのが許せない
  • ・態度が悪い
  • ・これまでのBTSの曲調と違うようになりつまらなく感じる
  • ・K-POPらしさがない

原爆Tシャツはファンからも批判を生んでしまう原因になっています。日本人としては受け入れがたいという現れです。

しかし、アンチが生まれるのはそれだけ人気があるということとも言えます。魅力を知ることで嫌悪感を抱いていたところが好意的に思えるかもしれません。

まずはSNSを覗いてみるのもいいかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA