Zoomのライセンスは使いまわしできる?有料アカウントを共有するのは規約違反なのか解説

Zoomを使ってオンライン会議の開催やスケジュール管理を行っている企業が増えていますね。

ズームのアカウントを複数人で共有し、誰でもどこからでもスケジュール管理や会議の開催が出来れば便利だと考える方も多いでしょう。

その場合に、

  • ズームのライセンスは使いまわし出来るのか、禁止されている?
  • 有料アカウントを共有するのは規約違反なの?
  • 有料のライセンスを購入する場合の数の考え方とは?

という事が気になりますよね。

ズームでのライセンスのの使いまわしやアカウントの共有は規約違反なのか、ライセンスの数の考え方についてご紹介します。

Zoomのライセンスは使いまわしできる!禁止ではない

Zoomライセンス使いまわし

Zoomのライセンスは使いまわしすることが出来ます。

Zoomのライセンスは4種類あります。

Zoomプラン 料金 ライセンス数 同時接続人数 時間制限
基本  0円  1 最大100 40分以内
プロ 19,200円/年/ライセンス 5〜9 最大100名 無制限
(24時間以内)
ビジネス 24,000円/年/ライセンス 10〜49 最大300名 無制限
エンタープライズ 26,400円/年/ライセンス 50〜 最大1,000名 無制限

Zoomの無料版ライセンスでできる事は以下の表のとおりです。

1対1のWebミーティング 時間制限なし
3人以上のWebミーティング 時間制限あり(40分)
Webミーティングのスケジュール開催 時間指定してミーティングを主催できる
画面の共有 会議の参加者で画面を共有する
ブレイクアウトルーム機能 参加者の中をさらに小分けにしてでミーティングをする機能
ホワイトボード機能 画面をホワイトボードのように使う機能
バーチャル背景 自分の背景をバーチャル画像に差し替えられる
リモートコントロール機能 相手画面の操作を行うことができる

有料のライセンスは、無料のライセンスが出来ることに加え、3名以上(ホストを含む)で40分以上ミーティングを開く事ができます。

また、有料のライセンスは複数のライセンスを所有出来るので、そのライセンスを他のユーザーと共有して使えます。

1つのライセンスに複数のデバイスからログインできる

Zoomでは、有料ライセンスの所有者が開催するミーティングに、複数のデバイスからログインすることが出来ます

有料のライセンス((ProやBusiness)を所有している場合、そのライセンスの種類によって、所有できるライセンスの数は決まっています。

有料ライセンス所有者(管理者アカウント)は所有しているライセンスを、他のユーザーに付与することが可能。
つまり、複数のデバイスから使いまわしが出来ます。

設定はZoomの管理者画面で行います。

  1. メインのアカウントでログインして、サイドバー管理者⇒ユーザーで、自分以外のユーザーを追加。(ユーザーのタイプが基本となっているのは、無料版ユーザーで有料版を使うことができない状態。)
  2. ユーザー行の末尾にある編集をクリックして、ライセンスを割りてることが出来ます。

開催する管理者からライセンスを付与された場合、管理者アカウントでなくてもライセンス済みとして参加することが出来ます。

複数のデバイスからは同時にログインできない?

同時に複数のデバイスから一つのアカウントで、同じミーティングにログインすることはできません。

でも、別々の種類のデバイスからそれぞれ別のミーティングにログインすることは出来ます。

オンラインレッスンなどで、兄弟一緒に別々のミーティングにログインしたい場合など、パソコンから一人がログインして、もう一人はタブレットからログインする、という事は可能です。

同じ種類の別のデバイスでログインしているときに、他のデバイスからサインインすると、最初にログインしていたデバイスからは自動的にログアウトされてしまいます。

例:2台のパソコン、2台のモバイルで同時にサインインすることは出来ません。

 1つのライセンスで同時にミーティングを開催することはできない

一つのライセンスで同時に複数のミーティングを開催することは出来ません

一つのミーティングにつき一つのライセンスが必要になります。同時に複数のミーティングを開催したい場合は、そのミーティングの数だけライセンスを購入する必要があります。

有料ライセンス数の考え方

同時に重なるミーティングの数だけ、有料ライセンスが必要になります。

例えばライセンスを一つ所有している場合
一つのミーティングで一人のライセンス済みユーザーしか存在出来ない。
ライセンス済みのユーザーを追加するには、新たにライセンスを購入する必要があります。

有料アカウントの共有は規約違反?

Zoom有料アカウント共有

有料ライセンスの共有は禁止されていませんが、アカウントの共有は規約違反になります

複数の個人とのアカウント共有は規約違反になる

例えば、企業内で有料アカウントを取得し、複数の人員でアカウントを共有することは出来ません。

Zoomのサービス規約にも記述がありますが、アカウントの共有は禁止されています。
Zoom サービス規約

アカウントの共有は情報漏洩につながる

Zoomの規約違反となるだけでなく、アカウントの共有はセキュリティの面でも問題があります

アカウントを複数人で共有することはパスワードを共有しているということ。もし退職者が出たときには、退職者はメールアドレスとパスワードを知っていることになりますね。

その結果データを持ち逃げされたりパスワードが漏洩してしまうという可能性があります

アカウントを共有していなければ、退職者はメンバーから削除すればよいので、セキュリティ面でも安心です。

アカウントの共有ではなく必要数を契約するのがオススメ

Zoomのアカウントは共有しないで、必要なライセンスの数を契約しましょう

ミーティングの管理者がアカウントを所有していれば、必要なミーティングの数だけライセンスを購入し、開催するミーティングごとにライセンス付与出来ます。

退職者が出た場合のセキュリティの問題だけでなく、複数のミーティングの開催や管理者が参加できないミーティングのホストの設定する場合にも、必要な数だけ契約するのがおすすめです。

Zoomのライセンスは使いまわしできる?有料アカウントを共有するのは規約違反なのかまとめ

Zoomのライセンスは使いまわし出来るのか、有料アカウントを共有するのは規約違反なのかをまとめてみました。

  • Zoomのライセンスは使いまわし出来る。
  • 有料アカウントの共有は規約違反になる。

Zoomはリモートワークが推奨されている今、導入する企業も多いサービスです。

自社に必要なライセンスを契約して、Zoomを活用したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA