ラグビーワールドカップでジャイアントキリングのランキング!日本の試合は何位?

ラグビー日本代表

ラグビーワールドカップで番狂わせと呼ばれるジャイアントキリングがしばしば起こります。

特に日本代表が2015年に南アフリカ,2019年にアイルランドに勝利したことが話題になっています。

これらのジャイアントキリングがワールドカップ史上で何番目にすごいことか?そのランキングと日本以外の試合を紹介します。

ラグビーワールドカップでジャイアントキリングのランキング

ラグビーワールドカップ史上で最もジャイアントキリングはどの試合か?
ランキングを紹介します。

ランキングはラグビー母国のイギリスのテレグラフ社が出しているものを参考にしています。

ジャイアントキリングのランキング10位

2007年アルゼンチン対フランス 17-12@パリ

フランスは、オープニングマッチでホーム試合でした。
しかし、アルゼンチンの感動的なチームプレイによって敗れました。
フランスは自国開催で優勝も期待されましたが、3位決定戦でも敗れました。

ジャイアントキリングのランキング9位

2011年トンガ対フランス 19-14@ウェリントン

トンガはフランスを揺さぶり混乱させたことで勝利をおさめました。
なお、フランスはこの大会では準優勝となっています。

ジャイアントキリングのランキング8位

2007年 フランス対ニュージーランド20-18@カーディフ

ラグビーワールドカップの歴史の中で最も物議を醸すゲームの1つと言われています。
準々決勝であの世界ランキング1位のオールブラックスに勝利しました。

ジャイアントキリングのランキング7位

1999年フランス対ニュージーランド43-31@トゥイッケナム

準決勝の試合で、クリストフ・ラメゾンはこの試合で28得点を記録して、ニュージーランド代表に衝撃を与えました。

ジャイアントキリングのランキング6位

1999年サモア対ウェールズ38-31@カーディフ
1991年にウェールズが西サモア(旧国名)に敗北したこともあります。

ちなみにサモアはイギリス連邦に属しており、人口がわずか180,000人(2008年時点)しかいないです!

日本の地方にある市町村レベルの人口の国が、6700万人のフランスに勝つってすごいですね。

ジャイアントキリングのランキング5位

2019年ウルグアイ対フィジー30-27@釜石

日本ワールドカップでの試合です。
ワールドカップ未勝利のウルグアイが、世界ランキング12位のフィジーに勝利!
合計3回のトライはフィジーを驚かせ、大きな話題を呼びました。

ジャイアントキリングのランキング4位

1991年西サモア対ウェールズ16-13@カーディフ

ウェールズは1991年のワールドカップの共催者(イギリス、アイルランド)であり、ウェールズの首都でのホーム試合でした。
しかし、西サモアとの試合で敗戦し、大きなショックを受けました。

ジャイアントキリングのランキング3位

2007年フィジー対ウェールズ38-34@ナント

フィジーが劇的な逆転勝ちでラグビー伝統国ウエールズに勝利。

1987年大会以来20年ぶりの決勝トーナメント進出しました
フィジー国内では夜中の3時キックオフにもかかわらず、街中に車のクラクションが鳴り響き、お祭り騒ぎになったようです。

ジャイアントキリングのランキング2位

2019年日本対アイルランド19-12@静岡

日本ワールドカップでの試合です。
福岡選手のトライ、田村選手のペナルティキックは勝利に貢献。
予選グループ内のアイルランドをとても驚かせました。

日本代表は世界ランキング2位のアイルランドを破る番狂わせを起こし、前回の南アフリカの番狂わせが偶然ではないことを証明しました。

この時の海外の反応は、衝撃的です。ワールドカップ2回優勝の南アフリカも、もし日本と対戦するときは恐怖と感じる、とまで言っています。

ジャイアントキリングのランキング1位

2015年日本対南アフリカ34-32ブライトン

この試合は、『ブライトンの奇跡』と呼ばれています。ラグビーの史上に名前を刻みました。

イギリスの有力紙ガーディアンは「W杯史上、比類のない試合。世界に衝撃を広げた」と評しています。

英国最大のブックメーカー「ウィリアムヒル」での賭け率は、
日本の勝利が34倍、南アフリカが1倍で、南アフリカ勝利間違いという状況でした。

ラグビー経験者に言わせると、
日本代表が強豪国(NZ、南ア、豪)の一角である南アフリカに勝つことがあるなんて想像すらできない、と。

これらの国には100回戦っても100回負ける。そのぐらい実力差があるのが常識でした。

この予想に反して、日本が勝利したことが、世界中を驚かせて世紀のジャイアントキリング!となったのです。

この身体能力をもつ南アフリカに勝つとは、想像するのはやはり難しいでしょう。

ラグビーワールドカップでジャイアントキリングのランキングまとめ

1~2位を日本代表が独占!

ラグビー史上に新たな歴史をつくったといっても過言ではないですね!

これからも日本代表と応援したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA