悪女(わる)のロケ地は栃木県庁!居酒屋やバーの撮影場所はどこ?

2022年春ドラマの悪女(わる)のロケ地はどこ?

放送開始からそのおもしろさにハマった人たちの間で、悪女(わる)のロケ地や撮影場所について話題になっています。

麻理鈴の働く大手IT企業のロケ地は宇都宮にある栃木県庁と言われています。それでは、麻理鈴の行きつけの居酒屋や峰岸さん行きつけのバーの撮影場所はどこなのでしょう?

今回は、悪女(わる)のロケ地についてリサーチします!

悪女(わる)のロケ地|会社編

主人公の田中麻理鈴が就職した大手IT企業「オウミ」のロケ地は宇都宮にある栃木県庁です。


こちらは第1話での撮影の様子ですね。入社式での赤い絨毯のシーンは、県庁に隣接する議事堂にて撮影されています。

続いて2話目の撮影の様子を紹介します。屋上でのシーンは昭和館です。

2話に出演されていた阿佐ヶ谷姉妹のワタナベエリコさんは栃木県出身。なんと原作、30年前に放送された前作の大ファンだそうです。喜びが伝わってくるツイートを投稿されていましたよ。

栃木県以外のロケ地

会社の撮影の多くは栃木県全面協力のもと行われているのですが、外観以外は東京や千葉が撮影場所だということです。
まずはオフィス。こちらは株式会社アクシスが使われています。


入社式の赤い絨毯のある場所は栃木県庁でしたが、行われたのは豊洲キュービックガーデンのキュービックホール
麻理鈴が大井さんに水を掛けられた特別応接室は、赤坂インターシティコンファレンスのBoardroom
徳田家具との打ち合わせで使用した会議室は、東京国際交流館プラザ平成
これらのシーンの撮影は、すべて東京で行われていました。

また、オウミのエレベーターホール、リーダーコミュニケーション研修会場には、千葉県千葉市にある「エム・ベイポイント幕張」が使われています。

悪女(わる)のロケ地|プライベート編

続いて会社以外のロケ地を紹介していきます。

麻理鈴行きつけの居酒屋

麻理鈴といえば酒豪で大食い。行きつけにしているのが、居酒屋タイチロ。こちらのロケ地となっているのは、東京都墨田区にある「ひもの炉端焼き未蔵や」です。


内装が個性的で素敵ですね。予算もランチだと500円~1000円、夜でも3000円~4000円とリーズナブル。行ってみたい!

峰岸さん行きつけのワインバー

峰岸さんが麻理鈴の姿を思い出し笑っていたワインバーは、東京都港区にある「ワインハウス南青山」です。一人でワインを飲む峰岸さん、かっこいいですよね。
夏目さんと話をしていたワインバーでもあるのですがとにかくオシャレ!

麻理鈴のアパート

麻理鈴が住んでいるアパート「七浮荘」。レトロな外観が素敵ですが、実は美容院で、名前は「ラン美容院」。東京都北区にあります。
名前の由来は、マリリンモンローの七年目の浮気ということです。
こちらは、「同期のサクラ」などでも登場する有名なロケ地となっています。

スカイダイビングで着地した場所

麻理鈴がどん底状態から脱却するために挑戦したスカイダイビング。そこで出会い、ひとめぼれしたのがT.Oさん。そんな二人が着地したのが、東京都江東区にある若州海浜公園
スカイダイビング姿の向井理さんのかっこよさには、放送直後に反則だと話題になっていましたね。

麻理鈴が海に飛び込んだ防波堤

釣りをしていた徳田永作社長に会いに行った広島の桟橋。麻理鈴が飛び込んだ防波堤は、千葉県にある銚子マリーナです。実は麻理鈴は泳げないんですよね。

麻理鈴と夏目さんが行ったレストラン

麻理鈴が人事部に異動になり、歓迎会をするために行った高級レストランは、東京都渋谷区にある「メゾンポール・ボキューズ」。結局、麻理鈴と夏目さん、二人きりでしたが。
こちらは、グランメゾン東京に出てきたレストランだとネットではざわついていましたね。

悪女(わる)の会社のロケ地は栃木県庁!居酒屋やバーの撮影場所はどこ?まとめ

いかがでしたでしょうか。

悪女(わる)は栃木県全面協力のもと、撮影が行われていたのですね。
居酒屋やバーは現在、営業されていますので、ロケ地巡りの際にはぜひお立ち寄りください。

今後も栃木県庁や居酒屋、バーは何度もロケが行われるでしょう。もしかするとキャストのみなさんにお会いできるかも?

3話目以降のロケ地にも注目していきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA