悪女(わる)は微妙でつまらない?ストーリーがひどいって本当?


悪女(わる)は微妙?つまらない?そのように言われている理由は何なのでしょう。

放送前から、キャストや主題歌が豪華だと話題になっていた悪女(わる)。30年ぶりのリメイクということで、期待されていた方も多いのではないでしょうか。

ですが放送開始以降、ストーリーがひどくてつまらないという意見があるのだとか。

果たしてネット上ではどのような評価になっているのでしょうか。
悪女(わる)を観た感想や評価について調べてみました。

悪女(わる)はつまらない?おもしろい?

悪女(わる)は本当につまらないのでしょうか?現在2話まで放送されていますが、ネットでは「つまらない」という感想もあれば、「おもしろい」という感想もあります。
どのような意見があるのかみていきましょう。

悪女(わる)の前評判は?

30年ぶりにリメイクされたドラマ悪女(わる)。今田美桜さん初主演ドラマということもあり、注目度の高いお仕事ドラマです。
キャストも豪華で、放送前から旧麻理鈴役の石田ひかりさんとの共演があるということで、期待されていました。また芸人、2.5次元俳優の登用も話題に!

また、J-JUN with XIA(JUNSU)が主題歌を担当するとの発表の反響は大きく、こちらも話題になりましたね。

それでは、ネットでの反応はどのような感じだったのでしょうか。


こちらは厳しい評価ですね。原作や前作を知っているからこそ受け入れられないという気持ちもわからなくはないですよね。


おもしろそう、期待しているなど高評価な意見も。

原作を読んでいた、30年前に観ていたという方の中でも意見が分かれる評価となっていました。
時代背景が平成版と令和版とでは違ってきますので、30年前の作品が現代に通用するのかという不安が低評価に繋がったのでしょう。
ですが、出演者に対する前評判も高かったので、ドラマ放送を楽しみにされていた方がたくさんいらっしゃったという印象です。
悪女(わる)の前評判は、不評よりも期待のほうが強いという結果でした。

悪女の放送後の反応

2話まで放送された今のリアルな評価はと言いますと、期待以上という意見が多くみられます。


放送前は期待していなかったけど、予想以上におもしろかったという感想も。
出演者の方々に対する高評価はもちろんのこと、主人公の麻理鈴から元気を貰えたという意見も多くありました。


そして1話目より2話目のほうが良かったとの感想が多かったです!今の働き方に改変されていたのが、働く人たちの心に差さったのでしょうね。
石田ひかりさん登場により、新旧の麻理鈴の共演に胸が熱くなられたという方も。前作で使われていたリュックが登場したことで、当時を思い出された方もいらっしゃいました。

ゲスト出演される俳優陣も豪華なのですので、3話目以降も目が離せませんね。

悪女がひどいと言われる理由とは

放送後の感想では、「つまらない」というよりも「おもしろい」という評価のほうが目立った悪女(わる)。それではなぜ「ひどい」と言われているのでしょうか?


麻理鈴の髪形や服装に関する批判が多いですね。時代錯誤すぎる、会社でこんな服装許されるのかなど。確かに麻理鈴だけ浮いている感じはしますが、見た目は原作に忠実ということでしょう。
批判もありますが、かわいいとの声も聞かれました。

また、2話目のパワハラに対しては批判的な感想も。この話を観てギブアップされたという方もいらっしゃいます。美談で終わらせてほしくなかったという厳しい意見も見受けられました。

全体的には批判的な意見は少なかったです。3話目以降が放送された後の反応も気になります。

悪女(わる)は微妙でつまらない?ひどいって本当?まとめ

悪女(わる)のネットの評価は、微妙でつまらない、ひどいというよりも、期待していたよりもおもしろいというものでした。
原作も前作も30年前ということもあり、時代に合わないのではとの思いから、悪女(わる)は「微妙」「つまらない」という反応になってしまったようでした。
悪女(わる)のストーリーは、ひどいという評価よりも元気が貰えて大好きになったと評価している人のほうが多いです。

今後の展開もネットでの反応も気になりますので、注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA