ウーバーイーツはお金持ちや富裕層が頼む?誰が多くてその理由は何か?

ウーバーイーツ(Uber Eats)とは、オンライン上で注文した食品や商品を自宅まで宅配してくれるサービスです。
テレビやラジオで、有名人が頼んでいると耳にした人も多いのではないでしょうか。

ウーバーイーツを頼む人はお金持ちや富裕層が多いのか?

意外と知られていないウーバーイーツの注文している層がわかってきました!

誰が多く頼んで、その理由は何故か?を紹介します。

ウーバーイーツは誰が頼む?お金持ちが多い?

ウーバーイーツは商品の宅配サービスです。
様々なレストランや料理屋から選んで注文できる手軽さがありますが、注文と同時に「手数料」が発生します。

これがお金持ちが多いといわれる理由です。

「配送手数料」はレストランから自宅までの距離によって変動します。つまりお店から配達場所までの距離が近ければ近いほど安くなるのです。
宅配料の最安は50円~となっているので、これならお金持ちでなくとも払えますね。

更に、地域ごとによっても手数料は変わってきます。
同じ系列のお店でも、注文場所からの距離によって100円以上変わってくることがあります。

また、お店によっても手数料は上下するので、同じオムライスを扱うお店でも値段が変わってきます。

700円未満の注文だと、さらに手数料150円がかかります。
ものによっては頼む商品よりも手数料の方が高くなってしまうこともあるので、合計700円以上の商品を頼んだ方がお得です。

注文は富裕層やお金持ちが多い?

ウーバーイーツの配達パートナー(配達員)によると、高級タワーマンションに住んでいる人からの注文が多いことが分かります。
配達時には住所がわかるので、それを見ての判断でしょうね。

ツイッターでの口コミを見てみましょう。

タワーマンションや高級マンションは、敷地が広く自宅から外(1階)に出るまでに時間がかかることが多いので、手数料を払ってでも自宅まで宅配してくれるサービスは大事なのですね。
また、自炊する時間がもったいないという人もいます。

時間をお金で買う、これがお金持ちの考えとして多いのですね。

店舗とウーバーイーツ経由だといくら違う?

では、同じ商品を店舗で購入するのとウーバーイーツを経由するのだと、いくら違うのでしょうか。

例として、銀座のマクドナルドでビッグマックを1つ買ってみましょう。

  • 店舗では、ビッグマック1つ390円。これ以上にかかるお金はありません。
  • ウーバーイーツでは、ビッグマック420円です。店舗よりもやや割高に設定されています。

これにサービス手数料10%(42円)、配達手数料300円、700円未満なので最低注文手数料150円がかかります。

つまり、ウーバーイーツでビッグマックを頼む場合は912円かかることになります。
差額は522円、安めのランチセットであればもう一つ購入できる値段ですね。

また、ランチタイムやディナータイムなどのピークタイムや雨の日など配達できるパートナーの人数が少ない場合はより送料が高くなりますのでこの差額以上にかかる場合があります。

これは富裕層が頼むものだという人がいるのも納得です。

低所得者(貧乏?)の注文もある理由

店舗とウーバーイーツの価格差を考えると、低所得者だとなかなか手が出せないように思えます。
しかし実際は金持ちでない人からもウーバーイーツ経由で注文が入ります。

ウーバーイーツには宅配の他、自分が店舗まで取りに行く「ピックアップ」という機能があります。
この機能を使えば、ウーバーイーツ上で注文し、自分で店舗まで取りに行くことで宅配手数料を節約できます。

取りに行く時間も選べるので、自宅を出たタイミングで注文したり、帰宅時に注文してすぐに受け取ったり出来ます。
注文から60分以内に受け取らなければキャンセルされてしまうので、そこだけは注意が必要です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はお金持ち以外他にも誰が頼む?

ウーバーイーツの利用者は、お金持ち・富裕層以外にもテレビCMや生活様式の変化に伴い日に日に増えている様子です。

その他にどんな人が、どんな状況の人たちが頼んでいるか調べてみました。
結局、デリバリーサービスが便利なんですよね。

めんどくさがりな人たちが頼む

では、ウーバーイーツを頼む人はどんな人なのでしょうか。

外に出るのがおっくう、買いに行くのがめんどくさい、という人からの注文は多いです。

お店から遠い場所に住んでいる人が頼む

食べたいものがあっても、自宅から遠いと買いに行く気持ちがしぼんでしまうことがあります。
電車を何本も乗り継いでいかなければいけなかったり、車を所持していなかったり……と障害になるものが多ければ多いほど、ウーバーイーツは便利に利用できます。

気になるお店が自宅から遠くても、スマホひとつでパパッと注文すれば配達パートナーが自宅まで持ってきてくれます。

天気が悪いときに頼む

自宅に食材がなく、でも天気が悪くて買いに行けない、そんなときにもウーバーイーツは利用されます。

ただし、近くに配達できるパートナーの人数が少ない場合は、普段より送料が高くなるため注意が必要です。

プロモーションコードを持っている人が頼む

ウーバーイーツでは、随時プロモーションコードを配布したり、キャンペーンを行ったりしています。
プロモーションコードを入力すると、割引クーポンがもらえたり、配送手数料が割り引かれたりとお得に注文することができます。

そのため、プロモーションコード配布のタイミングで注文する人は増えます。

顔が見える相手から受け取りたい人が頼む

通常の宅配サービスでは、誰が持ってきてくれるのかが事前にはわかりません。
しかしウーバーイーツであれば、事前に顔写真や名前が分かるため、身元が分かりやすいという利点があります。

近所で頼みたいけど知り合いが持ってきたらイヤだという人は、写真と名前をみてから玄関前に置いてもらうなど対策が取れます。

ウーバーイーツはお金持ちや富裕層が頼む?誰が頼むのかまとめ

ウーバーイーツは手数料や配達料がかかるため、富裕層の利用が多いことが分かりました。
しかしお金持ちばかりではなく、低所得者でも頼める便利なサービスです。

プロモーションコードを利用したり、近くのお店を利用したりしてお得に利用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA