松本人志の魂は歳をとらないとは?意味や使い方を紹介!

松本人志さんの『魂は歳をとらない』とは?意味や使い方を紹介!

錦鯉の長谷川さんがテレビで発言した、松本人志さんの「魂は歳をとらない」の意味について解説します!

長谷川さんを支えてきたこの言葉の真意とは?

この発言をした長谷川さんや松本さんの動画もご覧ください。

松本人志の『魂は歳をとらない』の意味とは?

松本人志さんの『魂は年を取らない』の意味について説明します。

松本人志さんがTwitterで自分の誕生日の時に、『魂は年を取らない』と発言しました。

『魂は歳をとらない』の意味とは?

魂は歳をとらないとは、年齢を重ねていくうちに肉体は弱っていくが、人間の運命や精神を司る最も重要な魂はいつも変わらない、という意味です。

肉体的な老いを感じても、いつも積極的でフレッシュな気持ちさえ持っていれば何でもできる。
何か物事を成す時に、肉体が先行するのではなく、それを支える内面の魂がしっかりしてれば何でもできるのです。

松本人志さんの言葉には前提として、お笑い(自分がかなえたい目標など)への情熱、努力、強い信念をもった人間であれば、歳をとらない、という意味です。

そのことをよく表している一幕がありました。
松本人志さんは12/27のワイドナショーで M 1で優勝した錦鯉の長谷川さんに向かって『今でも青春しているな』と讃えたのです。

五十歳になっても諦めずにお笑いを愛し続け、一生懸命取り組むことで運命を切り開いてたその姿は、まさに「魂は年を取らない」を表しているんだと思います。

『魂は歳をとらない』の使い方

年齢を重ねていくと、物事がうまくいかない時につい年齢のせいしがちです。老けていくことに少し自虐的になりがちです。そんなときに、『魂は歳をとらない』が当てはまります。

松本人志さんのツイートでも、誕生日で中年のおじさんになっていく自分への哀愁を感じながらも、それでも『魂は歳をとらない』と、まだまだ現役であることを主張しました。

松本人志さんが今でもお笑いを愛してるからこそ、お笑いを追求しているからこそ、この発言ができたんだと思います。

何も考えずテキトーな毎日を過ごしていると、魂も歳をとることがあるのでこの違いは重要です。

錦鯉の長谷川も『魂は歳をとらない』に感動!

ワイドナショーで出演した錦鯉の長谷川さんも魂は年を取らないに感動したと話しています。

 

この動画では長谷川さんが思わず涙ぐんで涙声で喋っているところが流れます。

長谷川さんは松本人志さんの『魂は歳をとらない』に感動し、それを支えにして頑張ってきました。長谷川さんと相方の渡辺さんは、吉本興業の出身です。当時、ダウンタウンに憧れて芸人になりました。

20年あまりの月日をかけてこの番組に出演した長谷川さんの涙に、松本さんも思わずつられて泣きそうなったと発言。松本人志さんの心をも動かすほど、長谷川さんのお笑いへの想いは一途だったのです。

この強い想いに対して、松本さんは昨年のM-1決勝での漫才を見て、翌年はさらに活躍すると感じていたと発言。松本さんも、長谷川さんたちの人生を大きく変えたきっかけになったことに、とても嬉しそうでした。

松本人志の『魂は歳をとらない』の意味とは?まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA