転生したらスライムだった件の8巻ネタバレ!カリュブディスとの戦い。

魔王ミリムに倒されたことを恨んでいるファビオをそそのかす、中庸道化連のフットマンとティア。

一方、ヨウムは英雄化計画へ着々と準備が進みます。

そんな中、テンペストにモンスター・カリュブディスが現れ、リムル達は苦戦を強いられます。

転生したらスライムだった件の8巻ネタバレ

ミリムを恨むファビオと英雄化計画の進むヨウム

獣人族の王であるカリオンを慕うフォビオ。

魔王ミリムに一撃で倒され、無様な姿をさらされた事に恨みを募らせます。

そこに中庸道化連のフットマンとティアが現れ、ミリムへの仕返しを唆します。

一方、白老の修業を終えたヨウム一行は英雄と呼ぶにふさわしい一団へと仕上がっていました。

オークロードを倒した英雄として活動し、それに協力したリムルたちの評価を上げるのに役立ってくれるでしょう。

ブルムント王国のギルドマスターのフューズもリムルは信頼できると判断しヨウム英雄化計画に協力。

そしてブルムンド王国までの街道を整備しようというリムルの言葉に感激するのでした。

災厄級モンスター、カリュブディスの出現

森に魔物たちと狩りにいったミリムが帰ってきたころ、ドライアドのトライアはカリュブディスが復活し、リムル達の町を目指していることを報告します。

知性なく本能のままに殺戮を繰り返す災厄級モンスター、カリュブディス。

勇者により封印され、精神生命体のため復活には依り代が必要。

その復活を知ったリムルはカリブディスを迎え撃つことを決意します。

カリュブディスはヴェルドラから漏れ出た魔素だまりから発生した魔物だと知ったリムルは、自身の中のヴェルドラを目指しているのかと推察します。

カリュブディスには魔法はほとんど通用せず、物理攻撃しか効かない一方超速再生をもち、空泳巨大鮫(メガロドン)を複数従えていると聞き、戦を危ぶむリムル。

ミリムが自ら退治しようと申し出てくれたにもかかわらず、紫苑と朱菜が自分たちの町の問題だと断ってしまいます。

ランガや鬼人たちの活躍でメガロドンを全滅させたところにカリュブディスの攻撃が始まります。

大量の鱗の攻撃を前に、リムルは新しい力「暴食者」や「腐食」でターゲットになります。

その合間に、鬼人たちやドワルゴンのペガサス騎士団、トレイニーも合流し総攻撃をするもカリュブディスを倒すことが出来ません。

そんな時、カリュブディスから「ミリム…」の声が。

ミリムアイにより、カリュブディスの依り代がフォビオであることが分かります。

カリュブディスの目指していたものがミリムであることが分かったことから、ミリムが相手をすることになります。

一撃でカリュブディスを吹き飛ばすミリム。

リムルは残されたフォビオから、融合していたカリュブディスを分離させます。

気が付いたフォビオは魔王カリオンとは無関係だと平謝り。

そして、カリュブディスの封印場所を何故知っていたのかトレイニーに尋ねられ、仮面の道化フットマンたちの関与が明るみになります。

そこに現れた魔王カリオンは、部下の暴走を謝罪し、テンペストとの不可侵協定を結びます。

カリュブディスの一件から数日たち、テンペストが落ち着きを取り戻したころ、ミリムは旅立ちます。

リムルもシズの心残りの子供たちを探すことを考え出すのでした。

転生したらスライムだった件の8巻感想

ミリムの強さが際立った回でした。

リムル達もかなり強い認識だったので、それでも倒せなかったカリュブディスを一撃で余裕で倒すミリムが素敵でした。

魔物だけでなく、人間たちにも人望を得ることが出来るリムルの中身が、オジサンだったことをだんだん忘れそうになります。

相変わらず何か企んでいるクレイマンがチョコチョコ出てくるのも気になりますし、シズさんの心残りの子供たちとリムルとのお話がどう進んでいくか楽しみです。

転生したらスライムだった件の9巻ネタバレと感想はこちら

転生したらスライムだった件の7巻ネタバレと感想はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA