転生したらスライムだった件の6巻ネタバレ!リムルたちの国が誕生。

転生したらスライムだった件の6巻ネタバレと感想です。

ジュラの森の盟主となったリムル。

新たな仲間も増えつかの間の平和が訪れます。

そこにドワーフ王国のガゼル王がやってきてリムルに勝負を挑みます。

この勝負でガゼルに認められ、リムルたち魔物の町は国として認められます。

その国に今度は魔王ミリム・ナーヴァがやってきます。

転生したらスライムだった件の6巻ネタバレ

つかの間の平和と新たな仲間

オークロードとの戦いを終え、ジュラの森に魔物の町を作ったリムル。

様々な施設を作るなど、のどかな時間を過ごしていました。

そこにガビルとその仲間たちも配下に加えてもらいたいと頼ってきます。

受け入れたリムルはリザードマンたちにも名づけを行い、ガビルの名前の上書きをした時点でまたしてもスリープモードへ。

目覚めるとリザードマンはドラゴニュートへと進化していました。

ガビルの妹ソーカ達、一部のものは人型に近い姿に進化。

ソウエイの配下として隠密の活動をすることになりました。

ジュラ・テンペスト連邦国が誕生

平和な時間もつかの間に、ドワーフ王国ガゼル王率いるペガサス騎士団がやってきます。

オークロードを倒したランガや鬼人たちを率いるスライム、リムルの本性を見極めに来たとの言葉に、リムルをけなされたと思った鬼人たちは怒り心頭。

ドライアドの仲裁によってリムルが森の盟主であることは認めるも、ガゼル王はリムルに剣での勝負を挑みます。

剣技をもって英雄王とうたわれるガゼル王を相手に苦戦するリムル。

なんとかガゼル王の剣を受け止めたリムルを、ガゼル王は邪悪な存在ではないと認めることになります。

そのころ、十大魔王のうち、ミリム、フレイ、クレイマン、カリオンが新しい戦力を手に入れようと画策していました。

ゲルミュッドがクライマンに持ち込んだ、オークロードを魔王に仕立てようとする計画がとん挫した一方で、リムルの存在に興味を示した魔王たち。

ジュラの森への不可侵条約を撤廃し、互いに手出し厳禁早い者勝ちと決めて、リムル達への介入を始めようとするのでした。

ガゼル王に存在を認められたリムルに、ガゼル王は魔物の集団を国として認め、盟約を結ぶことを提案します。

すぐにリムルは受け入れ、国の名をジュラ・テンペスト連邦国としてドワルゴンと協定を結びました。

そしてこの盟約は魔法によって保障され、世に公開されることによりリムルたちの国が世に知らしめられることとなりました。

ドワルゴンとの盟約によって、テンペストの首都リムルには多くの来訪者があふれるようになりました。

魔王ミリムの登場

そこに魔王ミリム・ナーヴァがやってきます。

スライムのリムルが強者であることを見抜き、あいさつに来たとのこと。

それをリムルの危機と感じたランガや鬼人たちが攻撃を仕掛けます。

鬼人たちの攻撃はまったく通用せず、やむなくリムルが相手をすることになります。

攻撃力では歯が立たないことを理解していたリムルは、はちみつでミリムを手なずけます。

はちみつに懐柔されたミリムに勝負は引き分けとし、今後リムルたちに手出しをしないことを誓わせます。

リムルたちの町に一緒に来たミリムは、すっかり町が気に入ってしまいます。

リムルと親友だと公言し、しばらくテンペストに滞在することになるのです。

転生したらスライムだった件の6巻感想

戦いのシーンが終わり、町の建設などのどかなお話になるのかと思いましたが、ガゼル王との戦い、十大魔王のうち四人が登場するなど、新たな展開が始まります。

特に悪だくみしていそうなクレイマンがどう動いていくのか、他の新しい登場人物たちがリムル達とどうかかわってくるのか、気になることだらけです。

はちみつで手なずけられてしまうようなミリムという可愛らしい最強の魔王、とリムルたちがどのように過ごしていくのか、十大魔王とは何なのか、今後の展開が楽しみです。

転生したらスライムだった件の7巻ネタバレと感想はこちら

転生したらスライムだった件の5巻ネタバレと感想はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA