転生したらスライムだった件の2巻ネタバレと感想!精霊イフリートを捕食なるか?

転生したらスライムだった件の2巻ネタバレと感想です。

炎の精霊イフリートと対決します。

その後、リムルはシズの想いと姿を受け継ぐことになり、魔王レオン・クロムウェルを探す旅に。

新たなスキルを手に入れたリムルの成長は?

転生したらスライムだった件の2巻のネタバレと感想をご覧ください。

転生したらスライムだった件の2巻ネタバレ

ベスターとのトラブルにより、カイジンたちと共にガゼル王の前で裁判を受けることになったリムル。

ベスターの画策によって裁判は不利にすすむ中、ガゼル王の一喝で裁判の判決が決まり、リムルたちは国外追放となります。

一方画策したベスターも王宮への立ち入りを禁止されます。王を慕う気持ちからカイジンに嫉妬し、事を起こしたベスターのあやまち を、ガゼル王は見抜いていたのです。

その後リムルは、嵐牙狼に乗って自力で脱出してきたゴブタと合流しカイジンたちと共にゴブリン村に帰ります。

一方、ブルムント王国ギルドマスターのフューズに、リムルたちのいるジュラの森林の調査を命ぜられたカバル・ギド・エレンたち三人とシズが出会い、一緒に旅を始めます。

ドワーフ王国から帰ったリムルを待っていたのは庇護を求める近隣のゴブリン500名でした。

リムルは全員を迎えるために新たな土地で町を作ることにします。

そんな時、シズと同行していたカバルたちが森でジャイアントアントに襲われているところをリムルが助けます。

そのままリムルたちの町に行き、くつろぐカバルたち。

そこでリムルはシズの生い立ちを聞きます。

日本が戦争中、空襲の中魔王レオン・クロムウェルに召喚され、子供の時にシズは異世界にやってきました。

炎の精霊を憑依させられ炎を操る力を手に入れたシズですが、その呪いをかけた魔王レオンを探して旅をしていました。

苦労人ながらすれたところのないシズに好意を持つリムル。

町の周囲を嵐牙狼のランガに乗って案内しているとき、突如シズの様子が変わります。

同化している炎の精霊イフリートが主導権を取り戻そうと暴走してしまったのです。

有効な攻撃方法を見つけられず苦戦するも、エレンの魔法を解析修得し、なんとかイフリートの制圧に成功。

リムルはイフリートを捕食し取り込みます。

イフリートを浄化したことによりシズの寿命は尽きてしまいます。

最後のシズの願いにより、リムルはシズの想いと姿を受け継ぐことになります。

リムルはシズの心残りである五人の教え子たちと、魔王レオン・クロムウェルを探すことを決意するのでした。

転生したらスライムだった件の2巻感想

裁判によって不利な結果になってしまうのでは、と心配しましたが人格者の王の計らいで主人公にとって良い方向になってくれて安心して読めました。

シズ達を助けたときに黒い稲妻を出したり、イフリートを制圧したときの「捕食者」というスキルが出てきて、主人公の成長が感じられました。

ついに人間の姿を手に入れ、異世界での目的がはっきりしてきたので、今後の活躍が楽しみです。

人間の姿は可愛らしい少女だけど、その中身がおっさんであるので今後の展開が気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA