【RIZIN33】皇治のバッティングや金的で警告や反則はなし?どんなルールなのか? 

【RIZIN33】皇治のバッティングや金的で警告や反則はなし?どんなルールなのか?

皇治選手が金的やバッティングを繰り返していますが、なぜ警告や反則負けをしないのでしょうか?

実はRIZINのルールが大きく影響しています。

RIZIN33でどんな反則的な攻撃があったのか、どんなルールなのか紹介します。

皇治のバッティングや金的で警告や反則はなし?どんなルールなのか?

まず最初に、皇治選手とヤーマン選手のにらみ合いが激しかったですね!

その後の試合では、皇治選手による際どい攻撃がありました。

バッティングで攻撃

ローブローの攻撃

皇治選手は毎試合といっていいほど、ローブローをやっています。

金的攻撃

試合開始早々に皇治選手の攻撃がヤーマン選手の金的にあたりました。

どんなルール?反則や警告はなし?

RIZIN独自のキックボクシングルールです。キックボクシングルールでは、頭突き、金的攻撃、かみつき、後頭部・延髄・脊髄への打撃攻撃などの反則ではありません。

  • 3分3ラウンド制(スリーノックダウン制とする)
  • 3(フル)ラウンド戦って打撃によるKOまたはTKOで試合が決着しない場合、10点法による判定となる。
  • 投げ、絞め以外の打撃のみが認められている。瞬間的な掴みによる攻撃は、ワンキャッチ・ワンアタックまでを有効とする。

ただし、総合格闘技ルールでは反則です。

あまりルールを厳しくするとキックボクシングの出場選手や見せ場が限られてくるため、金的やバッティングを黙認している可能性があります。

他の団体では禁止

他のキックボクシング団体ではバッティングや金的などの攻撃はすべて反則です。

反則行為:肘打ち、バッティング(頭突き)、オープンブロー、金的・下腹部への攻撃(ローブロー)

反則を犯した選手に対し、まずは口頭で注意を促す。以降は次の通り減点、反則負けを宣告となります。

  • 1回目 注意(イエローカード)
  • 2回目 減点(レッドカード)
  • 3回目 減点(レッドカード)
  • 4回目 反則減点が累積3点となれば自動的に失格、反則負けを宣する。

皇治出場のRIZINはどんなルールで試合しているのか?反則負けって無い?

 

 

出場選手の気になるプロフィール!

>>井上直樹はハーフなイケメンで彼女いる?高校や戦績など強い秘訣も!?

>>瀧澤謙太の強さや戦績!結婚や高校はどこかwiki風プロフィール!

 

 

【RIZIN33】皇治のバッティングや金的で警告や反則はなし?どんなルールなのか?まとめ

【RIZIN33】のルールでは、バッティングや金的の攻撃で、警告や反則はありません。

そのため偶然にせよ、故意せよやった者勝ちです。

なぜルールでバッティングや金的、バックブローなどの攻撃を警告や反則にしない理由については、運営者側の意向があります。それはあまりルールを厳しくすると出場する選手が限られてる可能性があるからです。

ルールを厳しくされると試合をやりにくくなる選手は中にはいるはずです。そういった選手に参加してもらうためには、黙認するしかありません。

その他のキックボクシングの団体は全て禁止行為です。

あくまでも憶測ですが、莫大なお金が動くRIZINでは様々な事情がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA