パーフェクトニードルは副作用がある?敏感肌にも使えるか成分も徹底調査!

美容家や医師も注目している美容クリーム・パーフェクトニードルは、肉眼では見えない微細なハリ(マイクロニードル)が配合されたクリームです。

マイクロニードルによって肌に刺激を与えることで肌のターンオーバーを促進させる効果があります。

敏感肌でも使用できるのか?妊娠中や産後などデリケートな時期についても調べました。

ハナコ
クリームのなかに微細なハリが入っているので、なかには副作用などの影響が出ないか心配になる人もいるのではないでしょうか。
モモコ
今回はパーフェクトニードルの副作用や含まれている成分について解説しましょう。

1日88円からの本格自宅エステ
▼ ▼ ▼ ▼


▲ ▲ ▲ ▲
定期縛りなし

パーフェクトニードルは副作用がなし?成分をチェック!

副作用のチェック
モモコ
早速パーフェクトニードルの副作用について解説していきましょう。

まずはパーフェクトニードルに含まれている成分にはどんなものがあるのか紹介します。

 

パーフェクトニードルの成分:3種の幹細胞培養液

パーフェクトニードルには3種の幹細胞培養液が含まれています。

幹細胞培養液とは美容医療の現場でも利用されている今話題のエイジングケア成分のひとつです。

サイトカインと呼ばれる細胞から分泌されるタンパク質や成長因子を含んでおり、エイジングケアだけではなく肌をやわらげてバリア機能を向上させる効果が期待できます。

また成長因子は細胞を増やして活性化させることで肌の組織を再生させるサポートもしてくれます。

パーフェクトニードルはエイジングケア成分として注目されている幹細胞培養液が3種類も配合されているとても贅沢な美容クリームです。

 

パーフェクトニードルの成分:ハリ・ツヤ美容成分

パーフェクトニードルにはハリ・ツヤ美容成分であるEGFとレチノール誘導体、アラントイン、プラセンタエキスが配合されています。

EGFには肌のターンオーバーを助ける効果が、レチノール誘導体には手穴の引き締め効果やニキビ・シワへの効果が期待できます。

また、アラントインには肌のダメージを修復する効果、プラセンタエキスには自然治癒力を高めて新陳代謝を促進させる効果があります。

これらの美容成分によってコラーゲンを作る力をキープし、もちもちでなめらかな肌へと導きます。

生成されるコラーゲンの量は25歳をピークとして年々減少していき、40歳の頃には半分程度まで減少すると言われています。

そのためコラーゲンを生成する力をキープすることが若々しい肌をキープするのにとても大切になります

 

パーフェクトニードルの成分:くすみトーンアップ成分

パーフェクトニードルにはくすみトーンアップ成分であるアルブチンとビタミンC誘導体が配合されています。

アルブチンにはシミやそばかすの予防効果があり、ビタミンC誘導体にはシミなどの原因となるメラニンをおさえる効果があります。

パーフェクトニードルはこの2つの美容成分によって、くすみのない明るい肌へと導くことができます。

パーフェクトニードルの成分:保湿成分

パーフェクトニードルにはセラミド、プロテオグリカン、サクラン、ヒアルロン酸といった保湿成分も含まれています。

これらの保湿成分のなかでもサクランは特に高い保水力を持つと言われています。

4種類の保湿成分を配合することで、しっとりとした乾燥をしない肌を手に入れることができるでしょう。

 

パーフェクトニードルの全成分一覧

パーフェクトニードルに配合されている全成分は下記のとおりです。

  • BG
  • スクワラン
  • グリセリン
  • ジメチコン
  • ステアリン酸グリセリル
  • 加水分解カイメン
  • ヒト脂肪細胞順化培養液エキス
  • ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1
  • パルミチン酸レチノール
  • パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
  • アルブチン
  • アラントイン
  • スイゼンジノリ多糖体
  • 水溶性プロテオグリカン
  • アルガニアスピノサカルス培養エキス
  • リンゴ果実培養細胞エキス
  • アルガニアスピノサ核油
  • ホホバ種子油
  • オリーブ果実油
  • アセチルヒアルロン酸Na
  • ヒアルロン酸Na
  • プラセンタエキス
  • セラミドNP
  • セラミドAP
  • セラミドEOP
  • フィトスフィンゴシン
  • コレステロール
  • ラウロイルラクチレートNa
  • カルボマー
  • キサンタンガム
  • ベヘニルアルコール
  • ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10
  • ステアロイルラクチレートNa
  • ステアリン酸
  • トコフェロール
  • ラウリン酸ポリグリセリル-10
  • クエン酸
  • アルギニン
  • イソマルト
  • レシチン
  • 安息香酸Na
  • (アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー
    t-ブタノール
  • ポリソルベート60
  • (クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル
    水添レシチン
  • ココイルサルコシンNa
  • エタノール
  • コーン油
  • 1,2-ヘキサンジオール
  • カプリリルグリコール
  • トロポロン
  • フェノキシエタノール
  • メチルパラベン
  • プロピルパラベン

 

パーフェクトニードルは副作用ある?敏感肌は気を付けたほうがいい?

副作用が気になる

パーフェクトニードルには微細なハリであるマイクロニードルが配合されているため、副作用を心配する人が多いでしょう。

しかしマイクロニードルは美容医療の現場でも使用されているとても安全性の高い技術です。

その他の配合されている成分をみても肌へ悪影響を与える成分は入っていないため、安心して利用することができます。

敏感肌でも大丈夫?

敏感肌だとスキンケアによっては肌への刺激が強すぎてしまうことがありますが、パーフェクトニードルは敏感肌の人でも安心して使用することができます

マイクロニードルは天然素材のハリのため肌への負担も少なく、また肌に刺激を与えるような成分もパーフェクトニードルには配合されていません。

ぜひ敏感肌の人もパーフェクトニードルを使用してみてください。

 

産後や妊娠中も大丈夫?

ではパーフェクトニードルは妊娠中や産後に使用しても問題ないのでしょうか。

パーフェクトニードルは口に含むものではないので妊娠中や産後の授乳中でも安心して利用することができます

特に悪い影響を及ぼすような成分は配合されていないので安心してください。

もし心配という人はかかりつけのお医者さんにパーフェクトニードルを使用してもよいか確認してみることをおすすめします。

ただしお子さんが間違えて口の中に入れないようにだけは注意しましょう。

モモコ
デリケートな人でも安心して使えるってことね

パーフェクトニードルは副作用がある?敏感肌にも使えるか成分まとめ

今回は話題の美容クリーム・パーフェクトニードルの副作用や配合されている成分について解説しましたがいかがでしたでしょうか。

パーフェクトニードルには3種の幹細胞培養液やハリ・ツヤ美容成分、くすみトーンアップ成分、4種の保湿成分が配合されており若々しい肌を導くことができます。

また、パーフェクトニードルは敏感肌の人や妊娠中の人でも安心して使用することができる美容クリームです。

肌のハリが無くなってきたり目元や口元が気になって来た方は、ぜひパーフェクトニードルを試してみてください。

パーフェクトニードルで綺麗な肌を目指しましょう。

1日88円からの本格自宅エステ
▼ ▼ ▼ ▼


▲ ▲ ▲ ▲
定期縛りなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA