オンライン飲み会の断り方は?友達と上司への理由と上手な方法を紹介!

日本でオンライン飲み会の話題が注目される中、意外と『オンライン飲み会はもうやりたくない』と思ってる人が多いという驚愕の事実がわかりました。

もともと人と話す事が苦手な人が職場の上司にオンライン飲み会の誘いを受けたら、なかなか断る事が難しいですよね。

また、友達からのオンライン飲み会の誘いでも、タイミングによっては『やりたくないな』と思ってしまう事もあると思います。

今回はそんな方々に読んでもらいたい、オンライン飲み会の上手な断り方をまとめました!

これを読んでぜひ参考にしてくださいね!

オンライン飲み会をやりたくない人は多い?

ネットで調べてみると、実はオンライン飲み会をやりたくないという書き込みを多く見かけます。

確かにオンライン飲み会は楽しくない人にとってはただの『時間拘束』になってしまいますよね。

その他にもオンライン飲み会をやりたくないと思ってる人には様々な理由がある事がわかりました。

次はオンライン飲み会をやりたくない理由をいくつかピックアップしてみました。

やりたくない理由は?

オンライン飲み会をやりたくない人は男女ともまんべんなくいるようです。

昼間職場で顔を合わせている上司と夜も顔を合わせる事でやりたくないと感じる人も少なくないようです。

また、オンライン飲み会には営業時間も最終電車も関係なく、通常の飲み会より長引くケースから『疲れ』を理由にやりたくない人も多いようです。

やはりオンライン飲み会は気兼ねない関係性を持った人と適度な時間で行うことがベストなんでしょうね!

オンライン飲み会の断り方と例文

続いてはオンライン飲み会をやりたくない方が使える上手な断り方をまとめました。

断る理由の違いで、相手に不快感を与える場合もあるので、断る理由は各自で前もって準備しておく事が重要です。

『体調が悪い』理由で断る

まずオーソドックスな断り方は、体調不良による断り方です。

オンライン飲み会ではずっとPCの前で座っていることになるので、『体の疲労感が抜けない』ことや『具合が悪いので寝ていたい』などといった理由を使えば相手も諦めやすいでしょう。

『家の事情』理由で断る

オンライン飲み会をやりたくない方がもし実家に住んでいる場合は、家の事情を理由を使えば断りやすいでしょう。

例えば、親の体調が思わしくないために食事や家事を率先してやらなければいけないなどの理由を伝えれば、誘った側も『忙しそう』と感じ取りやすいので、断る理由として使いやすいでしょう。

『お酒を控えているので』理由で断る

もし通常の飲み会でお酒好きさをアピールしている方にも使えるのがこの方法です。

苦手な方とオンライン飲み会をやってもお酒が美味しく感じられませんよね。

まずは前日に仲の良い友人とオンライン飲み会を行った事を伝え、『思わず飲み過ぎてしまった』ことや『体からお酒を抜きたい』事を伝えれば、しばらくオンライン飲み会のお誘いが来なくなる可能性が高くなります。

ただでさえ酒が進むと話題のオンライン飲み会なので、飲み過ぎには注意したいところですね!

『素直な気持ち』理由で断る

素直な気持ちと言うのは難しいものですが、単純にビデオ通話が苦手である事を伝えたり、通話で緊張してしまう事をしっかり伝える事も大切です。

また、オンライン飲み会は表情がダイレクトに伝わるので、そこに意識がいってしまうと想像以上に疲れます。

下手に嘘をついて断るよりも、しっかりと『ビデオ通話が苦手』という事をしっかり伝えておけば、改めて誘われる事も限りなく減らす事ができますよ。

オンライン飲み会の断り方は非常に理由づけが難しいので、シンプルな断り方が1番両者にとって関係に傷がつかないのではないでしょうか?

オンライン飲み会のNGな断り方

ここからはオンライン飲み会を断る理由として使ってはいけないパターンを紹介します。

この方法で断ってしまうと、解決策を出されてしまい強制的に参加せざるを得ない状況になりかねないので、オンライン飲み会をやりたくない人は特にチェックしてほしいポイントです。

『パソコンや回線の調子が悪い』理由で断る

パソコンが壊れていることや、回線の調子が悪く壊れているという理由を伝えれば、オンライン飲み会への参加を回避できると思っていませんか?

ところが、オンライン飲み会はスマートフォンからも参加できるビデオ通話が多いので、このタイプの断り方は説得力が足りません。

通信料を使い過ぎたなどと言えば、データ容量の購入を勧める人も少なくなると思うので、ついこの理由を使ってしまった方はうまく回避できる理由を準備して置きましょう。

スマホでのやり方でオンライン飲み会をやる方法はこちら
・ハングアウトでオンライン飲み会をやり方
・zoomやLINEでオンライン飲み会をやり方
・スカイプでオンライン飲み会をやり方

『部屋や服装』理由で断る

オンライン飲み会では部屋を映しまうので、自分のプライベートな空間を相手に見せることになりますよね。

これが嫌でオンライン飲み会を断ろうとする方もいると思います。

意外とこのような理由でオンライン飲み会を断ろうと思っている人もいますが、現在のアプリには背面をぼかす機能や、背景壁紙を設定できるビデオ通話も存在します。

またこちらの断り方でもスマートフォンの存在がネックになってしまいます。

スマートフォンはカメラの角度も調整しやすく、部屋の壁だけが映る場所に移動する事も簡単ですよね。

スマホで問題が解決してしまう断り方はほとんどのパターンでNGという事がわかると思います。

その他にも自身が家で着ている服を見られたくなかったり、周りにダサいと思われるのが嫌だからとその理由で断っても、顔をバーチャルに変化させるビデオ通話があるので、NGな断り方と言えるでしょう。

アプリで化粧をせずとも楽しむ方法
オンライン飲み会で化粧をしなくてもごまかせるやり方

特にオンライン飲み会で利用するアプリの情報のない方が下手に参加を断ろうとすると、何かしらの解決策がある場合が多いのです。

オンライン飲み会をやりたくないという理由が大前提にある場合には、上手な断り方をしっかり覚えるようにしましょう。

オンライン飲み会の断り方は?友達と上司への理由と上手な方法を紹介!まとめ

オンライン飲み会を職場の上司に誘われた時は特に『やりたくない』と思う人が多いはずです。

自分の家にいるのに気を使うのはさすがに体が休まりませんよね。

今回紹介した上手な断り方を使えば、職場でのわだかまりが残らずに済みますよ!

誰しも体調が悪い時ややる気が出ない時がありますから、自分の体調と相談しながら断る勇気をしっかり持つ事が大切かもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA