お見合い結婚離婚率が低い!割合やデータから分かったお見合い結婚のメリットを調査

婚活女子
早く結婚したいけど、自然な出会いで恋に落ちたいの…!だってその方がずーっとラブラブでいれそうだなって。
ちょっと待って!恋愛結婚とお見合い結婚の離婚率がどのくらいか知ってる?実はお見合い結婚の方が離婚率が低いんだよ!

意外かもしれませんが、平成27年に厚生労働省で調査された結果からお見合い結婚の方が離婚率が低いということがわかりました。

平成27年版厚生労働白書 - 人口減少社会を考える - |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

しかも、平成・令和になってから、昔のように親族の紹介でお見合いするよりも、結婚相談所を活用したお見合いの方が主流になってきています。自分で相手を選ぶことができるのも大きなメリットです。

この記事を読めば、お見合い結婚の離婚率が低い理由や、メリット・デメリットもわかり、お見合い結婚にも挑戦してみようと前向きに考えられますよ。

お見合い結婚は離婚率が低い!

お見合い結婚は離婚率が低い!

3組に1組は離婚するといわれている現代。離婚率はかなり高いですよね。

「3組に1組どころじゃない」離婚大国・日本が、世界一離婚しない国に変わった理由(荒川和久) - 個人 - Yahoo!ニュース

お見合い結婚というと何だか愛がないのかな?なんて思ってしまいますが、実はお見合い結婚の離婚率は恋愛結婚よりも低く、素敵な家庭を築かれているご夫婦もたくさんいるのです。

データと合わせて詳しくご説明します。

お見合い結婚と恋愛結婚の離婚率のデータ

  • 恋愛結婚の離婚率…30~40%
  • お見合い結婚の離婚率…およそ10%

恋愛結婚とお見合い結婚の離婚率を比べてみると、約3倍もの大きな差がありました。

恋愛結婚で大好きな人と結婚しても、結婚後に愛が冷めたり、価値観の違いなどで離婚してしますご夫婦もたくさんいます。

もちろんお見合い結婚でも離婚する方はいますが、これだけお見合い結婚の離婚率が低いのには理由があるのです。

離婚率が低い理由

離婚率が低い理由

日本における離婚の原因には男女で違いがあります。このようなデータがあります。

第19表 婚姻関係事件数-申立ての動機別申立人別 (courts.go.jp)

男性側の理由 女性側の理由
1位 性格の不一致 性格の不一致
2位 妻からのモラハラ 夫が生活費を渡さない
3位 妻の異性関係での不貞行為 夫からのモラハラ
4位 家族との関係の悪さ 夫からの暴力(DV)
5位 妻の浪費 夫の異性関係での不貞行為

お見合いは結婚前提のお付き合いなので、交際から結婚まで真剣に交際します。また、お見合いなので事前に相手の両親にも前向きなイメージを与えられ、良好な関係を築きやすいです。

そういった理由から、お見合い結婚は家族離婚率が低いだけでなく、お付き合いから結婚に至る間に破局するカップルも少ないです。

それでは、次はお見合い結婚の離婚率の低い理由について詳しく説明します。

  • 理由①:結婚が前提で付き合った
  • 理由②:お互いの家庭環境を把握している
  • 理由③:結婚についての価値観を共有している
  • 理由④:第三者の存在

理由①:結婚が前提で付き合った

お見合いは結婚を前提としているので、真剣交際をしてくれる相手が多いので、離婚率が低いと考えられます。

また、結婚を望んでいる結婚適齢期~適齢期よりもやや上の年代の男女が多いので、落ち着いた方が多く、交際中も問題なく結婚までとんとん拍子でスムーズに進むことが多いです。

また、恋愛結婚であれば、お互いの結婚のタイミングや結婚願望の有無を確かめるステップが必要になります。ですが、お見合いしているなら、お付き合いから結婚までのハードルが高くありません。

理由②:お互いの家庭環境を把握している

お見合い結婚であれば早い段階で相手の家庭環境を知ることができます

恋愛しているときの交際相手であれば、相手との仲を深めた後でないと聞きにくい話題ですので、事前にわかるのが安心です。

お見合いをする段階で、親族や、結婚相談所の紹介であっても、相手について家柄や家族構成などをある程度知ることができるので、結婚後に「知らなかった」と後悔しにくいことも理由の1つです。

結婚相談所のお見合いであれば、結婚後に同居するのか、両親の年齢がいくつで介護はいるのかなど、さらに詳しく教えてもらうこともできます。

理由③:結婚についての価値観を共有している

お見合いの場合、結婚を前提にするので、慎重に相手を選びます。なので、結婚までに二人で将来の話をしやすく、お互いの価値観を交流もしやすいのです。

離婚の原因の1つに価値観の不一致が挙げられます。お見合い結婚であれば、事前に二人で話し合っているので、後から後悔することが少ないことが離婚率の低さにつながってると考えられます。

理由④:第三者の存在

お見合い結婚の離婚率の低さに第三者の存在もあります。

何故かというと、第三者がいることで、冷静に相手選びができるからです。

結婚に焦りすぎたり、相手のことを好きになり過ぎてと盲目になっていると、選んだ相手が実は自分に合っていなかった…なんてことになってしまいますよね。

ですが、お見合いであれば第三者からアドバイスをもらえたり、ストップをかけてもらったりすることができるのです。

特に結婚相談所であれば、第三者がスケジュールを管理してくれたりもするので、婚活がダラダラ長引かずに進めることができます。

お見合い結婚のメリット

お見合い結婚のメリット

お見合い結婚が離婚率が低いのはわかっていただけたと思いますが、お見合いは効率の良さで言っても恋愛やマッチングアプリをも勝るのです!

なるべく早くちゃんとした相手と出会いたいと考えているあなたにはお見合いをおすすめします。

次はお見合い結婚のメリットをお伝えします。

  • お互い結婚に意欲がある
  • 身元が確実
  • 希望する条件の人に会える

お互い結婚に意欲がある

恋愛結婚であれば、結婚願望の有無を確かめるのにも勇気が必要です。お見合い結婚ならその煩わしいステップを飛び越えることができます。

はっきりしてくれない男性にイライラする女性…というのはよくある話ですので、お互いが無駄な時間を過ごさずに結婚に前向きに向かっていけるのがお見合い結婚のメリットです。

身元が確実

お見合い結婚なら、相手の名前・住所・仕事などに偽りはありません。きちんと相手の素性がわかっているので安心して交際することができます。

婚活女子
マッチングアプリで出会った男性といい感じだったのに、既婚者だったんだけど!!

マッチングアプリなら気軽に始められて便利ですが、既婚者なのに独身と嘘をついたり、体目的で真剣な交際に発展しなかったりすることがあります。

希望する条件の人に会える

親族の紹介なら、その人の容姿・性格・仕事・家族構成などを事前に知ることができます。

結婚相談所ならもっと込み入ったことまでプロフィールに記入するので、年収や子どもが欲しいかどうかまで知ることができます。

例えば、年齢が同じアラフォーの男女でも、女性はもう子どもはいらないと思っていたり、男性は子どもが欲しいと思っていたりすることがあります。もちろんその逆もです。

将来に関するプランや価値観はあとで変えようがないこともあるので、事前に自分に合う相手とだけ選んで出会えるのはとても効率がいいのです。

お見合い結婚のデメリット

お見合い結婚のデメリット

メリットが多いお見合い結婚ですが、もちろんデメリットもあります。

  • 短期間での決断を求められる
  • 外見や収入の良い人が有利
  • 費用がかかる

お見合い結婚して離婚されたご夫婦の中には、「相手の年収だけ見て結婚して家庭に愛がない」や、「結婚前に約束したことを相手が守ってくれなかった」などのケースがありました。

結婚は相手と一緒に生活をしていくので、お互いが大事にしあえる関係を築くことや、結婚前に嘘偽りなく将来について話し合えることが大事です。

短期間での決断を求められる

お見合い結婚は結婚に至るまでの交際期間が短く、相手のことを良く知れないまま結婚の決断をしないといけない状況もあります。

相手も結婚を前提にお見合いをしているので、結婚までの交際期間が短くダラダラしている相手は嫌がられてしまします。

また、結婚相談所が独自にルールを設けており、○か月までに交際するかしないか決める、○か月までにプロポーズをしないとダメなど判断を焦らされる場合もあるのです。

ですが、焦りすぎると判断を見誤ってしまうこともあります。結婚相手を決めるというのは人生で最も大きな決断と言っても過言ではありません。焦らずに相手と話し合ってお互いを知ることが一番大切です。

外見や収入の良い人が有利

お見合い結婚では相手の容姿や収入を見て、まずお見合いを受けるかどうか決めます。よって、容姿が恵まれていない方や低収入の方は初めの段階でお見合いをお断りされてしますのです。

男性は女性の見た目・年齢を見ていて、ほとんどそれで決めているとも言えます。

女性やもちろん見た目もチェックしますが、見た目以上に年収を見ています。女性は妊娠・出産で働けなくなる時もあるので、相手の経済力についてはシビアに判断しているのです。

費用がかかる

お見合いをするときに、結婚相談所を利用する場合、かなり費用がかかります。大手の結婚相談所(エン婚活・ゼクシィ縁結び・オーネット・IBJなど)のかかる費用の平均をまとめてみました。

  • 1年にかかる総額…おおそ20万円前後
  • 初期費用…10万円~20万円
  • 月会費…1万円~2万円
  • 成婚料…0円~20万円

こう見ると、結婚相談所では結婚が成立するまでにかなりのお金がかかります。しかも1年で成婚できない場合もあるので、何年も続けるとなると収入が低い方には厳しいですよね。

お金が高い分、しっかり面倒をみていただけることに間違いはないですが、予算がないという方は初めはマッチングアプリや会費の少ない相談所から始めるのがいいでしょう。

お見合い結婚したいなら結婚相談所へ!

お見合い結婚したいなら結婚相談所へ!

親族の紹介では、出会える異性に限りがあります。お見合い結婚したいなら、会員数の多い結婚相談所を利用するのがおすすめです。

結婚相談所なら、こちらの条件と相手の条件が合うかどうかを事前に調べてくれますし、お見合いを申し込むのも、受けるのも自分で判断ができ、相手を選ぶことができます。

また、結婚相談所では健康・収入・性格などにおいて審査基準を満たさない方は入会拒否をされることもあるので、安心して相手と交際が始められるのもメリットです。

年齢的にも早く結婚したいと思っているなら、アプリや街コン・婚活パーティーよりも結婚相談所でのお見合いが一番の近道かもしてませんよ。

まとめ

まとめ

恋愛結婚に比べてお見合い結婚の離婚率は20%以上も低く、お見合いでも末永く仲良く暮らしているご夫婦がたくさんおられます。

お見合い結婚が長続きする理由は、初めから結婚を前提に真剣交際でき、結婚前に十分に将来についてやお互いの価値観について話し合えているからです。

また、昭和時代と違い、現代のお見合いは親族の紹介だけでなく、結婚相談所の紹介を利用する方が増えてきました。

結婚相談所を利用すると、自分に合う条件の相手と効率的に出会うことができます。結婚までスムーズに進むだけでなく、結婚後も相手と価値観が合うので、穏やかに過ごすことができるのです。

アプリではいい人が見つからない…。結婚を焦っている。という人はぜひお見合いも候補にいれてみてはどうですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA