呪術廻戦 乙骨優太の術式は?なぜ強いのか理由を調べみた!

乙骨優太の術式はどんな感じ?強い?

と、中々本編に登場しないので気になっている方が多いのではないでしょうか?

乙骨優太は呪術廻戦の本編にはまだ登場していないものの、第0巻の主人公なので強そうではあります。

では乙骨優太の術式の強さの理由を詳しく紹介していきます。

呪術廻戦 乙骨優太はどんな術式?

乙骨優太は「術式模倣」という術式を使っています。

また、強いのかということに関しては、特級仮想怨霊と極ノ番を用いた夏油を、正面から倒しているくらい強いです!

では詳しく紹介しているので見ていきましょう!

乙骨優太の術式は「術式模倣」

「特級過呪怨霊 折本里香」が姿を現すと「底なしの呪力を使った術式模倣」が可能になるという術式です

術式模倣は術式をコピーすることもできますし、底なしの呪力によって強化した術式として使用することもできます。

「呪いは物に憑いている時が一番安定する」という性質を利用し、五条悟からもらった刀に呪力を込めて切りつける戦闘スタイルで、高専入学後戦っていました。

刀が壊れた時は拳に呪力を込めて戦ったこともあります。

現在の術式は不明となっている

今までの術式は折本里香(特級過呪怨霊)の力によるものだったため、呪いが解けた今は術式をもっているのかも不明です。

海外の呪力も使うことができるミゲルと海外で行動しているのは、新しい術式を学ぶためなのかもしれませんね。

乙骨優太の術式は強い?それとも弱い?

術式が強い理由:無条件に術式をコピーできる

乙骨優太にとり憑いている「里香」は底なしとも思える呪力を秘めているので、その呪力を使って無条件に相手の術式をコピーすることができます。

作中では「狗巻棘」の術式をコピーしていて、広範囲に即死の呪言を使っていました。

乙骨優太と里香の愛の力なのでしょうか?

恐るべし・・・。

術式が強い理由:生贄による呪力解除

乙骨優太自身が生贄になることで折本里香(特級過呪怨霊)の呪力制限を解除し、夏油の片腕を吹き飛ばすほど強くなりました。

しかし戦った後、乙骨優太は里香と一緒に死ぬことを約束したことがきっかけで、里香の呪いが解けることに・・・。

乙骨優太が呪われていたのではなく、里香が死んだことを拒んだ心が呪いとなり、里香を特級過呪怨霊にしていたのです。

乙骨優太が呪いをかけたペナルティーを望まなかった里香は「またね」と言い遺して成仏しました。

乙骨優太の強さは術式だけの力では無く、根底には血筋も関係がありそうです。

なんてたって里香の死を拒むだけで特級過呪怨霊にしてしまうことが、乙骨優太自身の力が強いことを示しています。

術式が強い理由:乙骨優太は菅原道真の子孫

乙骨優太日本三大怨霊のひとりでもあり、超大物呪術師でもある「菅原道真」の子孫です。

それはあの最強キャラといわれている「五条悟」との血縁関係があることを示しています!

遠縁ながらも同じ血筋であるということは、「かなり強い!」ということになりますよね!

乙骨優太が登場するのは何話?でもまとめましたが、今後本編に登場した時がとても楽しみです!

 

呪術廻戦 乙骨優太の術式と強い理由まとめ

乙骨優太の術式情報についてまとめました。

  • 術式・・・術式模倣(現在は術式があるか不明)

乙骨優太が自ら里香に呪いをかけていたなんて、驚きの展開ですよね。

現在成仏したため術式があるかわかりませんが、元々強い力をもっているので新たな術式を得て再登場してくれることに期待ですね!

\乙骨優太の謎について詳しく知りたい方へ/
>>呪術廻戦 乙骨優太が登場するのは何話?今はどこで何をしているのか調べてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA