呪術廻戦 乙骨優太が登場するのは何話?今はどこで何をしているのか調べてみた

乙骨優太は何話で登場するのでしょうか?

乙骨優太がどんな人物で再登場するのか、いつ登場するのかとても気になります。

ちなみに筆者は、五条悟が封印されたので、乙骨優太は物語のキーマンになる一人なのでは?とにらんでいます。

そこで、

乙骨優太の登場は何話なのか

今はどこで何をしているのか

を調べてみたので是非ご覧ください!

乙骨優太が登場するのは何話?いつ登場予定?

乙骨優太は本編では実はまだ登場していません。

では詳しく紹介します。

乙骨優太が本編で登場しているのは、扉絵と名前のみ

実は乙骨優太が本編で登場しているのは、第33話の扉絵と名前のみです。

きちんとした形での登場は未だしていません。

因みに扉絵には、前日譚で起こった百鬼夜行の一件で、五条悟と戦っていた「ミゲル」という名の呪術師と共に行動をしている様子が描かれています。

乙骨優太の登場予定はいつ?

乙骨優太の登場は何話ごろになりそうなのか予想になりますが、渋谷事変中に登場するのでは?と考えられます。

13巻の終盤主人公の虎杖悠仁が暴走状態で我を失っているので、暴走を止めて状況を整えるために乙骨優太が海外から帰ってきて、虎杖悠仁と戦う展開も可能性としてはあると思ったからです。

そして五条悟は封印されているので、戦力をその分補う必要があり緊急で帰国を迫られてもおかしくありません。

五条悟が認めるほどの実力がある、もう一人名前があがった秤と一緒に本編に復活すると予想しています。

乙骨優太は現在海外にいる?何をしている?

乙骨優太海外にいることが、伏黒恵の発言からわかっています。

では何のために海外にいるのでしょうか?

調べましたがどうして敵といるのか、現在何をしているのかは謎のままで分かっていません。

そこで、このような考察をしてみました。

特級術師の一人・九十九由紀を探している

この特級術師「九十九由紀」は海外にいることがわかっています。

かなり濃厚な気がしませんか?

そして九十九由紀自身は、呪霊が発生しない世界にしたいという考えがあるようです。

その考えに賛成で一緒に目指したいと思っているのかほかに理由があるのかはわかりませんが、海外という点から追いかけていても不思議ではないと思います。

海外の呪術を学ぶため

もう一つ濃厚なのが海外の呪術を学ぶためにミゲルと行動をしている説。

本編ではなく、『東京都立呪術高等専門学校』の方で、ミゲルは海外の呪術師達が何十年もかけて編んだ鞭のような武器を使用している場面が描かれています。

怨霊として乙骨優太にとりついていた祈本里香」がいなくなり、呪術を学ぶためにミゲルを引率として海外留学させたのではないかと考えられます。

また、ミゲルは「僕に並ぶ呪術師になる」と発言していることから、乙骨優太に目をかけていると思われます。

乙骨優太が登場するのは何話?今はどこで何をしているのかまとめ

では、調べた結果をまとめました。

  • 乙骨優太が登場するのは第0巻の『東京都立呪術高等専門学校』で、本編には扉絵と名前のみしか登場していないことがわかりました。
  • 現在は「ミゲル」と海外にいるが詳しい情報はなく謎のままであることがわかりました。

 

予想・考察編

  • 海外にいる理由は呪術を学ぶためor特級術師の一人・九十九由紀を探していると考察しました。
  • 登場するタイミングは停学中の秤とともに渋谷事変中に登場すると予想しました。(五条悟が封印されたことと、虎杖悠仁が我を忘れて暴走しているため招集された。)

乙骨優太が登場するのかも含め、これからどんな展開が待っているのかますます楽しみですね♪

最新刊が2021年の1月4日なのでもうちょっと先ですが、乙骨優太が登場するのかとても気になるところです。

\乙骨優太の謎について詳しく知りたい方へ/
>>呪術廻戦 乙骨優太の術式は?なぜ強いのか理由を調べみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA