夏蜜柑丸漬(夏みかん)の販売・取り寄せはこちら!「つぶれない店」光國本店の希少な菓子!

夏蜜柑丸漬(なつみかんまるづけ)をご存知ですか?
山口・萩の名産“夏みかん”を丸ごと使った和菓子が歴史的なロングセラーとなっています。

老舗の光國本店が守り続ける味と職人技…100年の時を越えて愛され続ける菓子それが、夏蜜柑丸漬(なつみかんまるづけ)です。

この希少な夏蜜柑丸漬(なつみかんまるづけ)の販売店・通販など取り寄せ方法も紹介します!

光國本店の夏蜜柑(夏みかん)丸漬の歴史はなんと大正時代から?!


光國本店は江戸時代(安政5年)創業の夏蜜柑貸専門の老舗です。

光國本店の初代が試行錯誤の末に生み出した銘菓がありました。そのご3代目の光國義太郎氏は夏蜜柑を丸ごと活かした
もう一つの看板商品となる『夏蜜柑丸漬』を誕生させました。

それが大正5年ですので伝統的な銘菓です。

歴史も大正5年からという歴史も有り、宮内庁にも収められました。

『夏蜜柑丸漬』以外にも、夏みかんの皮を細切りにして糖蜜で煮込んだ『萩乃薫 (はぎのかおり) 』、夏みかんマーマレードなども販売しています。

光國本店では萩の夏みかんにこだわっています、四国から取り寄せたことがあり試しに製造したところ、味が違ったようです。同じ夏みかんなのに不思議ですよね。やっぱり萩の夏みかんにしか表現できない味があるようです!

Sponsored Links

夏蜜柑(夏みかん)丸漬の本場である萩市の理由は夏みかん!

View this post on Instagram

こんにちは。五大トラスト Corporate Innovation室 です。 ・ 山口県に遊びに行っていたスタッフが、銘菓をお土産で持参してくれました。 光圀本店さんの『夏蜜柑丸漬』です。 歴史のあるお菓子。時代をこえて、受け継がれている重みを感じました。 ・ ・ ・ ・ ============= もっと見る→@itsuhiro.trust ============= ・ ・ #五大トラスト #管理会社 #物件 #ビル管理 #マンション管理 #不動産 #不動産管理 #住宅 #住まい #お部屋 #賃貸 #リノベーション #リフォーム #名古屋 #愛知 #物件探し #オーナー #不動産投資 #不動産女子 #大家 #お土産 #連休 #連休の思い出 #山口土産 #萩 #光圀本店 #夏蜜柑丸漬 #銘菓 #歴史ある和菓子 #和菓子

A post shared by 安心と信頼の総合管理会社「株式会社 五大トラスト」 (@itsuhiro.trust) on


夏みかんを日本で最初に栽培した場所は、なんと山口県萩市です。1876年(明治9年)のことです。
萩は、自生地としては古くから、また栽培作物として江戸時代初期から有名でした。

夏蜜柑は、和名では「ナツダイダイ」であり萩でも当初は九年母(くねぶ)、橙(ダイダイ)、または夏橙(ナツダイダイ)と呼んでいました。
これらを総称して夏蜜柑(夏みかん)と呼んでいます。

文献によると明治維新の指導者である吉田松陰もこの夏みかんを植樹して食べたそうです。

ちなみに萩の夏みかんで最初にマーマレードを作ったのは、あの福沢諭吉です!
文豪がマーマレードつくるとは意外ですよね。さすが文明に明るいですね。

夏蜜柑(夏みかん)丸漬の作り方・食べ方

View this post on Instagram

・ ・ ・ 山口県の角島へ 🚙=3=3 ・ ・ ずっと行きたかった 「死ぬまでに行きたい世界の絶景」 満喫してきました〜‼︎ ・ ・ ・ お持ち帰りは 萩銘菓、夏蜜柑丸漬🍊 まん丸な姿がなんとも可愛らしい 温かい緑茶🍵といっしょに ・ ・ ・ 10月ですね 今月もよろしくお願いします (*˘︶˘*).。.:*♡︎ ・ ・ ・ #夏蜜柑丸漬 #お茶時間 #おやつ時間 #南部鉄器 #暮らしを楽しむ #季節を楽しむ #心地よい暮らし #日々のくらし ・ #山口県 #角島 #角島大橋 #日本海 #死ぬまでに行きたい世界の絶景3位

A post shared by acco. (@cocoacco1109) on

夏みかんの丸漬けというのは、夏みかんの中身をくりぬき、原形を保った状態で外側の皮を砂糖漬けにし、その中に白羊羹をつめたスイーツのことです。

夏蜜柑(夏みかん)丸漬の作り方

1
夏みかんを、かんなでくり抜き、大正時代から継ぎ足した糖蜜で煮込む。
2
夏みかんで作った白羊羹を流し込む
3
表面をグラニュー糖でコーティング

お薦めの食べ方

「夏みかん丸漬」は、夏蜜柑丸ごと1個使ったスイーツで、夏蜜柑の中身は夏蜜柑で作った白羊羹が入っており
表面の皮は、糖蜜で煮込んでグラニュー糖でコーティングしています。
へた以外は全て食べられます。

甘すぎるのが苦手な場合、皮までホンモノを使っているので表面の砂糖を洗って食べる事もOKです。
丸ごと1個使っているので食べきれない場合、ラップで包んで冷蔵庫で保存も可能。

冷やすと更に美味しく頂けます。

スイーツが好きでも甘すぎのはちょっと・・・

という方でも表面の夏みかんの皮の苦味と羊かんの甘さが絶妙にバランスをとってくれるので食べやすいはずです♪

夏蜜柑(夏みかん)丸漬は希少!?

銘菓「夏みかん丸漬」(光國本店)は、1日80個限定高級スイーツです。

1日80個しか作れないというのは、あくまでも光國本店が手作りしているため少ないのです。
萩市全体では他の和菓子店もあるため1日にこの何倍も製造・販売しています。

萩市を代表する銘菓ですので販売も通販やデパートで購入できます。

Sponsored Links

夏蜜柑(夏みかん)丸漬はどこで買える?通販や販売店・取り寄せ

代表的な光國本店

夏蜜柑丸漬
1個入 1,200円(税/送料別)

夏蜜柑のシーズンでない時は、なかなか入手できなかったり、電話かFAXでの注文になります.WEB/ECサイトは対応していません。
萩市内では、熊谷町の店舗と道の駅萩往還 (土曜、日曜のみ限定販売) のみでの販売となります。
http://www.mitsukuni-honten.com/index.html

◆ 本 店/ 山口県萩市熊谷町41 TEL: 0838-22-0239
●Tel : 0838-22-0239
●Fax : 0838-22-0241
●住所 : 萩市熊谷町41
●営業時間 : 9:00〜18:00
日曜は10:00~18:00
●休日 : 不定休
●駐車台数 : 普通車5台

◇ 販売店/ 日本橋・新宿・玉川・大阪髙島屋、博多阪急、三越・そごう各店 他
※各店によって入荷日が異なりますので、詳細は各店にご確認ください

人気の長州屋光國


長州屋光國というお店もあります。

長州屋光國は当店三代目光國義太郎の弟が分家したものであり、 お味、お値段、製造販売方法がそれぞれ違うようです。
しかも、平成5年に萩市を訪れた天皇皇后両陛下が召し上がったのは、この長州屋光國の丸漬けであり、翌平成6年には宮内庁にも購入してもらったとのこと。
こちらも夏蜜柑(夏みかん)丸漬

長州屋光國の通販サイトでは、商品が期間限定で販売しています。チャンスです!

https://www.okashi-net.com/mall/tyoshuya/
◆ 和菓子モール:長州屋光國からのお知らせ ◆(2019.6.16)
「夏みかん丸漬」 数量限定でご注文受付開始しました

萩市の地元密着型の萩城屋本舗

店は創業から40数年を経ている萩市にある和菓子店です。
夏みかん菓子を専門に作り続けているので光國本店と同じような夏蜜柑丸漬けを製造販売しています。

店から直接購入することもできるほか、萩市内の土産物店でも販売しています。

http://www.hagisiroya.com/index.html
〒758-0025 山口県萩市土原492-1 TEL:0838-22-1944 FAX:0838-26-5117

本場の流れをくむ富久屋(ふくや)

お店は本場の萩の和菓子店でもなくてもOKの方は他の和菓子で探しみてはいかがでしょうか?

富久屋
明治45年に埼玉の松山で創業。現在では三代目で100年を経ている老舗の和菓子店です。
素材と水にこだわり、昔からの伝統をを大切にして和菓子造りに精進しているお店です。

色々な和菓子があるのですが、
月替わりで季節ネタの和菓子を販売しています
・レモンクリーム大福
・夏みかんクリーム大福

じつはこのお店もルーツは萩にあります!
http://wagashi-fukuya.com/201702637612398216443374723376.html

夏蜜柑丸漬(なつみかんまるづけ)賞味期限は?短い・長い?

冷蔵で1ヶ月も日持ちか可能なので、お土産や贈答品にも使えそうですね

いずれにしてもテレビでも話題で希少価値の高いこの和菓子を一度は食べてみるのもいい体験ができそうです!

夏蜜柑丸漬(夏みかん)の販売・取り寄せのまとめ

『坂上・指原のつぶれない店』などテレビでも度々取材されている夏蜜柑丸漬。

通販も一部対応しており、山口県まで買いに行かずとも手に入るチャンスもあるので、

チェックしてみてください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA