中居正広の入院先は順天堂・聖路加病院?群馬でも診察していた事実も解説!

中居正広は順天堂?聖路加病院で入院・手術していたのか!

2022年11月、中居正広さんが体調不良を理由に1カ月の休養をするということで、10月に手術・入院していたと報道されている病院はどこだったのかという情報が交錯しています。もちろん病院名は公表されていません。

そんな中で有力候補とされている順天堂、聖路加病院について予測できる要因などについてまとめました。

中居正広の入院していた病院

中居さんが入院されていたとされる病院は公表されていません

中居さんが都内に住んでいることと、週刊誌に追われたくない芸能人が一番重要視するプライバシー面から考えると、セレブ向け対応に慣れている都内私立病院のどこかである可能性が濃厚とされています。

高い技術力があるだけでなく、施設も豪華でプライバシー管理が徹底しているとされる都内の病院は以下です。

  • 順天堂大学病院
  • 聖路加国際病院
  • 三井記念病院
  • 慶應義塾大学病院
  • 愛育病院
  • 山王病院

上記の周辺情報や、過去の目撃情報などから総合して予測できる病院名が2つ浮上しています。

それは、順天堂・聖路加です。

 

その1:順天堂大学病院

今回の体調不良で入院したとされている病院の有力候補の1つが順天堂大学病院です。

ネット上では2017年に中居さんを順天堂で見たという目撃情報などが多数見受けられました。
当時、順天堂が中居さんのかかりつけ医であるとされていますので、濃厚いえるのでしょう。

中居さんはSMAP解散の翌年、2017年1月に「ナカイの窓」のロケ翌日に体調が悪くなり、病院に行くと肝炎と判明したことがありました。10日間入院したことをラジオで明かしています。

SMAP解散後ソロとして頑張っていこう、という時の体調不良。ニュースなどで騒がれるのが嫌だったということで、2021年まで肝炎での入院についてメディアには言わなかったとのことです。

中居さんは退院後1カ月半ほど断酒をしていたようですが、飲酒を再開してから4年間毎日お酒を飲んでいたとのことです。

しかし2021年5月のラジオで2週間ほど断酒していると明かしており、この頃あたりから体調不良があったようにも伺えます。

こういった経緯から>>肝機能障害の可能性を疑う声があがっているのでしょう。

その2:聖路加国際病院

中央区にある聖路加病院も芸能人や政治家、皇族の方などが利用することが多い病院として知られていす。

中居さんのような超大物芸能人であれば一般病棟とは異なるVIP専用フロアと考えられます。

聖路加病院のVIP専用フロアは完全個室でテレビやデスク・ソファはもちろんのこと、お風呂・洗面所・トイレ・冷蔵庫などの生活に必要なもの全てが備わっている病室です。

高層階の窓から見る景色は眺めも良く、ホテルやタワマンに滞在している感覚です。

そのため快適に過ごせて、個室から一歩も出ることなくプライバシーを守られます。

ちなみに、芸能人が利用する都内の病院で「御三家」と呼ばれる以下の病院があります。

  • 社会福祉法人恩賜財団母子愛育会 愛育病院
  • 医療法人財団順和会 山王病院
  • 一般財団法人聖路加財団 聖路加国際病院

中居正広さんは過去に群馬の病院で診察を受けていたことがあったので、入院先も群馬ではないかという噂が出ていました。

しかし群馬ではなく都内の病院です。

ネットの声

早く元気になってもらいたいと願う方が多くいます。
ゆっくり静養してもらい、また今まで通りの中居さんが見れる日を待ちたいですね。

また病状や病名について心配している方が多くいます。詳しくは>>中居正広がんステージは?をご覧ください。

まとめ

中居正広さんが入院していたとされる順天堂・聖路加病院についてまとめました。

どこの病院であるかは今後も明らかにはされない可能性が高いでしょう。ただ、以前より目撃情報などがある順天堂大学病院がかかりつけの可能性が高いと考えやすいです。

とにかく無事に復帰されることを待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA