長渕剛の映画『オルゴール』ネタバレ!意外に泣けることが判明。

長渕剛が主演した映画「オルゴール」のあらすじやネタバレを紹介します。
大ヒットドラマ「とんぼ」とよく似た世界観のヤクザ映画となっている、「オルゴール」。
長渕剛が役者として活躍していた最盛期の作品ということもあり、長渕剛「らしさ」が全開です。

長渕剛映画「オルゴール」、主要登場人物など

「オルゴール」(1989年3月11日公開)
配給:東映
原案:長渕剛
監督・脚本:黒土三男
主題歌:長渕剛「激愛」

主演・神崎勇次(阿南連合に所属するヤクザ):長渕剛
神崎きよ(勇次の妹):仙道敦子
新居翔(勇次の弟分):哀川翔
阿南勝成(勇次がいる阿南連合の組長):寺田農

長渕剛はドラマで何度か主演をしていますが、映画はこの作品が初出演となっています。
黒土三男の初監督作品でもあり、ここから長渕・黒土タッグで多くの作品が作り出されました。
大ヒットドラマ「とんぼ」と役名などは違えど、世界観はかなり近く、出演者もかなり両者で共通しています。

「オルゴール」のコピーは『激烈な痛みが、今コメカミを突き抜ける』ってちょっとかっこよくないですか?

あの伝説のドラマ“とんぼ”の世界観を感じさせる映画!との声もあり、評価は高い!

長渕剛映画「オルゴール」のあらすじ

「オルゴール」は義理堅く、一本気の通ったヤクザ者の勇次の生きざまを描くヤクザ映画です。


弟分の哀川翔、妹の仙道敦子と「とんぼ」とかなり共通点はありますが、役名は違い、別の世界ということになります。
「とんぼ」と違うところは、「オルゴール」は家族愛を中心に、主人公周りの人間関係が描かれる点です。

阿南連合のヤクザ・勇次(長渕剛)は、刑務所に服役している間に息子が産まれていました。
しかし、離婚した母親との取り決めにより、息子と会うことはできません。

刑務所に服役している間に、勇次が仕切っていたシマを舎弟たちが仕切っているため、勇次は組長・阿南(寺田農)と交渉します。
しかし勇次の存在は、阿南にとって決して好ましいものではなく、阿南は勇次を適当にあしらうことに。

そんな中、勇次の弟分、翔(哀川翔)は、偶然勇次の息子・蓮(加藤雅典)を発見してしまいます。
しかし、翔の婚約者でもあり、勇次の妹きよ(仙道敦子)と話し、勇次にはその事実を隠すことに。

結局、勇次が息子・蓮の存在を知ったのは、組長の阿南との話し合いの中でした。
心が荒む勇次の心の癒しとなったのは、アンティークショップに置いてあるオルゴール。
店主(大滝秀治)は、いつもオルゴールを見つめる勇次を気にかけるようになります。

勇次の荒んだ様子を見たきよは、勇次を蓮に会わせようと決意し、蓮の元へ案内します。
ついに実の息子・蓮と勇次が出会うことができますが、蓮は母親から愛情を受けず、1人で遊んでいました。
そんな蓮に、勇次は愛情を注ぎ、親子の関係を築くことができるのでしょうか。

長渕剛映画「オルゴール」ラストのネタバレ

勇次と離婚してから、蓮の母親・早苗(永島瑛子)は男と情事にふけり、息子をないがしろに。
勇次にこのことを責められますが、早苗は生活のために稼ぐ必要があるのだと主張します。
「あんたのせい」とまで言われ、それ以上早苗を追及することができない勇次。

勇次は、蓮をジープで海へ連れて行くことにし、ほんのひと時、親子2人の幸せな時間を過ごします。
しかし、勇次はヤクザ稼業の身であり、蓮と幸せに過ごせる時間は限られていました。

組長・阿南との交渉が全く進まなかったため、勇次刑務所に入る前の自分のシマを独力で奪い返します。
このことにより、阿南は完全に勇次との敵対関係を明確にすることになりました。
阿南は弟分・翔と妹のきよを拉致監禁、翔は婚約者・きよの目の前で殺されてしまいます。

可愛がっていた翔は死に、婚約者の死のショックから妹のきよは記憶喪失に。
勇次は、心の癒しとなっていたオルゴールを求めにアンティークショップに向かいます。
きよに贈ろうとしたオルゴールは、いつもあった場所にありませんでした。

しかし、オルゴールは売れてしまったわけではなく、店主は勇次のためにオルゴールをとってありました。
きよにオルゴールを捧げる勇次ですが、オルゴールの音色は悲しみを増長させるばかりです。

翔やきよの仇をとるために、昔気質のヤクザ・勇次は阿南を討つことを決意します。
日本刀を手に結婚披露宴に出席していた阿南を襲い、トイレへと追い詰める勇次。
ヤクザの組長らしからぬ命乞いをする阿南に対し、勇次は背を向けます。

しかし阿南は背を向けた勇次に発砲、勇次は足を負傷しますが、瞬時に阿南を日本刀で始末します。
翔ときよの仇をとることには成功しましたが、当然披露宴会場には警察がやってきます。
パトカーに乗せられ、警察署へ向かう勇次が車内から目にしたのは、息子・蓮の姿でした。

勇次は阿南によって撃たれた足を引きずりつつも、パトカーから飛び降り、蓮の元へ。
大事な息子・蓮を抱きしめる感動のラストシーンとなりました。

映画「オルゴール」ネタバレ感想

勇次は逮捕され、また息子とは会えなくなりますが、最後まで勇次が家族のために生き、戦ってきたことがわかりますね。

バイオレンスシーンが多い「オルゴール」ですが、やはり長渕剛のカリスマ性が目立ちます。
男気にあふれ、家族を守ろうとする勇次の姿には心打たれる方も多いのではないでしょうか。

大事な人が傷つけられ、殺された怒りで復讐を終えた後、最後に残るのはむなしさばかり。
このような物悲しい展開は、長渕剛が演じるヤクザの定番パターンです。
しかし、そんな悲哀の中でも、力強く生きようとする男の姿が、日本人の美的感覚にマッチするのではないでしょうか。

長渕剛映画「オルゴール」ネタバレまとめ

「オルゴール」は、1989年、長渕剛が役者として「旬」であった時期のドラマ。
哀川翔・石倉三郎といった、長渕作品に毎度出演する「いつものメンバー」の安心感も健在です。

古い映画ですが、DVD化もされていて、今でも簡単に視聴することができます。
「とんぼ」など、他の長渕剛作品を見て、気になった方はレンタルなどで視聴してみてはいかがでしょうか。

長渕剛のドラマ『とんぼ』ネタバレ!あの名シーンをもう一度!

2019年9月4日

兄貴、こと長渕剛さんが出演した映画といえば、
意外で知られていませんが、

【男はつらいよ 幸福の青い鳥】
男はつらいよ
長渕剛さんと渥美清さんが会話してるシーンはめちゃくちゃ貴重です。

そして、志穂美悦子さんが第37弾のマドンナとして登場!
じつは長渕さんとはこの映画がきっかけ結婚したのです。

長渕剛さんが演じる芸術家を目指す少しやんちゃでセンシティブな青年役がはまりすぎ!


「俺を一人にしないでくれよ」

たぶん、この当時の真っ直ぐだけどどこか不器用な男・長渕剛がみんな好きだと思う。

DVDを借りたり買うのが手間な人は動画サービスがいいですよ。

U-NEXTなら誰でももらえるポイントで視聴できます!
日本最大級だから映画アニメとかめちゃあって1か月だけ何でも見れるのがめちゃいいです。

作品が期間限定の場合もあるから、
今のうちに誰でももらえるポイントを速攻でゲットがおすすめ。

スマホで1,2分で登録してポイントもらえました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA