自転車宮澤崇史(たかし)は結婚して嫁(妻)いる現在は?花菜子さんとのきっかけエピソード

絆のペダルのモデルになった元自転車プロレーサーの宮澤崇史さん。
嫁(妻)は料理ブロガーの宮澤花菜子(みやざわかなこ)さん!
宮澤崇史さんは、2011年に33歳で結婚していますが、そのきっかけは何でしょうか?

宮澤崇史(たかし)さんの経歴

宮澤崇史さんのプロフィールです。

宮澤崇史さんの経歴

生年月日:1978年2月27日

年齢:41歳

出身:長野市

愛称:ブラーヴォタカシ

身長:164㎝

体重:61㎏

出身校:長野県長野工業高等学校

職業:元ロードレース選手、現在は、リオモ・ベルマーレ レーシングチーム監督など。

個人では、セミナー、医療・教育関連の講演会、パーソナルトレーナー、全国各地でサイクリングイベントを行っている。
そんな彼の半生が「24時間テレビ」でドラマ化されて注目を浴びています。

もともと、国内の最高峰の全日本選手権で優勝している宮澤崇史さん。

選手としての戦績もとても優秀です。
最終的に2014年に現役を引退しましたが、プロ最後の瞬間には母親純子さんも立ちあい、花束を進呈されました。

嵐の相葉さんはこの役を演じるにあたり、

「宮澤崇史さんという人を知ってもらいたい。すごい方で、情熱を傾けて、
その情熱が力になり、
人ってここまで行けるんだってところまで行った方なので」

と力を込めた。

インタビューで語っています。

まさかご本人もこのような名誉な話がくると思ってなかったでしょうね!

宮澤崇史さんが花菜子さん結婚したきっかけ

宮澤崇史さんが結婚したのは2011年11月3日です。
全日本チャンピオンになった翌年に結婚しました。

もともと2009年のオフシーズン中に婚姻していたようです。
なんかしらの事情があり、入籍は延期していたようです。

そのころから夫婦も同然な生活で宮澤崇史さんのレースを支えた花菜子さん。

インタビューとこう応えています。

花菜子さん「食事って毎度のことだから、いつも雰囲気を変えることを大切にしています。外食の雰囲気もですが、自宅の食卓でもテーブルコーディネートを変えるようにしていて、特にイタリアでは毎日変えています」

結婚に至った理由は宮澤崇史さんも優勝後に、生活に落ち着いて入籍をすることになったのかと思います。

さらに翌年にはトッププロチームへの移籍が実現しました。
つまり、順風満帆ですね。

ただ、宮澤崇史さんは6歳にお父さんを亡くされています。母と姉の3人で新たな生活を始めたときは、生活が苦しかったようです。
公務員の母が賢明に育ててくれて、自転車の活動を支援してくれたことに今があると語っています。

人一倍、家族愛や支えあうことが重要であることが感じていらっしゃると思います。

宮澤花菜子(かなこ)さんの職業

料理ブロガーとしてブログを運営しています。
ジュニアアスリートフードマイスター取得しており、プロスポーツ選手の夫のために尽くされています。
イタリア・タイ・日本のおうちを行ったり来たりしています。

食に対するこだわりが強いのですが、特に雰囲気を大事しているようです。

「食事って毎度のことだから、いつも雰囲気を変えることを大切にしています。外食の雰囲気もですが、自宅の食卓でもテーブルコーディネートを変えるようにしていて、特にイタリアでは毎日変えています」

「スポーツ選手の食事」というと、つい栄養面を中心に考えてしまいがちですが、宮澤花菜子さんはさらに、食事を楽しんでもらう工夫しています。

自転車業界には花菜子さんのファンが多いようですが、このような取り組みも評価されているんでしょうね!

宮澤崇史さんがレシピ本をだしましたが、宮澤花菜子さんも共同執筆です。

ロードバイクも好きで食べることも好きという方、チェックしてみてはいかがでしょうか。

宮澤花菜子・崇史さんの結婚きっかけまとめ

宮澤崇史さんをモデルにした24時間テレビドラマスペシャル「絆のペダル」でさらに人気がでてきたようです。

そして、ピザ屋をやりたかったというほど食にこだわりのある宮澤崇史さんを献身的に支えてきた宮澤花菜子さん。

海外遠征など二人三脚で頑張ってこられた二人の活躍はこれからも続くことを期待しています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA