三浦春馬が日本製で兵庫県のどこに訪問?何を取り上げたのか紹介します!

三浦春馬さんが日本製で兵庫県へどこに訪問して、何をしたのか?についてまとめます。

三浦春馬がさん約4年間かけて訪れた47都道府県「日本製」旅。

兵庫県の内容がどんなものか概要をご覧ください。

三浦春馬の日本製は兵庫県のどこに訪問?

三浦春馬さん「日本製」で兵庫県のどこに訪問したのでしょうか?

兵庫での三浦春馬さんの訪問先は、兵庫県赤穂市の赤穂海浜公園にある「海洋科学館・塩の国」です。

三浦春馬さんはそこで生活に欠かせない「塩」について学んできました。

塩の国で塩づくりも体験して、その味にも感動されていました。

日本製兵庫県ではなぜ塩がテーマになったのか?

日本製兵庫県ではなぜ塩がテーマになったのでしょうか考えてみました。

兵庫県の特産「赤穂の塩」は江戸時代から塩の産地として全国的に有名でした。

瀬戸内の自然や雨が少なく温暖な気候。海辺にある遠浅な干潟は塩田に適した環境となっています。

そのため。現在でも国内シェアの2割を占めるほどの名産地となっているのです。

2019年には文化庁から「日本第一の塩を産したまち」として日本遺産の認定もされています。

日本の料理に古代から欠かせない調味料の塩。

おそらく三浦春馬さんはそんな歴史的背景や日本人の生活を支えてきた塩に着目したような気がします。

三浦春馬の日本製 兵庫県で紹介された「海洋科学館・塩の国」とは?


三浦春馬さんの日本製 兵庫県で紹介された「海洋科学館・塩の国」を紹介します。

  • 開館時間
  • 午前9時~午後4時30分(入館は午後4時)まで
    休館日
    火曜日(ただし祝日と重なった場合はその翌日)
    年末年始(12月28日~1月4日)

  • 入館料
  • 大人(高校生以上) 200円
    中学生小学生 100円

  • 連絡先
  • 電話:(0791)43-4192
    FAX:(0791)45-3502
    Eメール:infoattomarkako-kaiyo.jp

  • 駐車場
  • 当館へお越しの際は、兵庫県立赤穂海浜公園西駐車場をご利用ください。

  • 交通案内
  • JR播州赤穂駅から神姫バス 赤穂市民病院 経由「御崎」または「かんぽの宿 赤穂 」行きに乗車(約10分)「赤穂高校」下車、南へ約1kmの風の門(西玄関)より入園されるのが便利です。(直線で約250m)
    山陽自動車道「赤穂IC」から約15分

  • 体験コーナー
  • ・受付/ 海洋科学館入口 窓口

    ・費用/ 無料 (海洋科学館への入館料は必要です。)

    ・場所/ 塩づくり体験棟
    ・所要時間/ 約30分
    ・定員/ 約20人(現在コロナウイルス感染防止のため、人数を縮小しています。)
    ・予約/ 団体のみ要予約
    ・体験時間
    ① 9 :30 ②10:30③11:30 ④13:30 ⑤14:30⑥15:30

    日本製 兵庫県で紹介された「海洋科学館・塩の国」のネットの声

    日本製 兵庫県で紹介された「ヒロシマを語り継ぐ教師の会」のネットの声です。

    三浦春馬が日本製で兵庫県のどこに訪問?何を取り上げたのかまとめ

    三浦春馬さんの日本製は兵庫県のどこへ行った?を調べてみました。

    全国を旅する中で兵庫県では食の根本を支える塩づくりを体験しに「海洋科学館・塩の国」を訪問しました。

    三浦春馬さんはこの塩が大変気に入ったようで、自身のインスタで紹介していました。

    一度、味わってみたいですね。

    日本製をご覧になりたい方は日本製を予約・購入できるショップをご覧ください。

    日本製 その他の地域
    >>三浦春馬の日本製 愛知県

    >>三浦春馬の日本製 広島県

    >>三浦春馬の日本製 大阪府

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA