三浦春馬が日本製で広島県のどこに訪問?何を取り上げたのか紹介します!

三浦春馬さんが日本製で広島県へどこに訪問して、何をしたのか?についてまとめます。

三浦春馬がさん約4年間かけて訪れた47都道府県「日本製」旅。

広島県の内容がどんなものか概要をご覧ください。

三浦春馬の日本製は広島県のどこに訪問?

三浦春馬さん「日本製」で広島県のどこに訪問したのでしょうか?

広島での三浦春馬さんの訪問先は、「ヒロシマを語り継ぐ教師の会」の事務局長・梶矢文昭さんです。

広島訪問は平和を考える機会にしたい、と三浦春馬さんの要望が実現した対談です。

日本製広島県ではどんな対談をした?

三浦春馬さんは日本製広島県ではどんな対談をしたのでしょうか?

雑誌のインタビューで答えています。

日本製の取材をしたなかで、衝撃を受けた、または人生観が変わった出会いはありましたか?の問いに、広島県での対談を紹介していました。

「ヒロシマを語り継ぐ教師の会」の梶矢文昭さんのお話を聞いたのがとても印象に残ったようです。

梶矢さんも三浦春馬さんが出演した映画「永遠の0」が大好きで何度も見ていてようです。

その中でも三浦春馬さんの演技が本当に素晴らしいと言っていました。

三浦春馬さんはこの「永遠の0」の出演時に戦争体験をしたことがある人から話を聞いたことがありましたが、被爆した方に直接お話を聞くのは初めての体験でした。

そこで色々と感じることがあったようです。

というのも、三浦さんが若いころから感じることがあったみたいです。

三浦春馬さんの真面目で繊細な感性が伝わるエピソードです。

三浦春馬の日本製 広島県で紹介された「ヒロシマを語り継ぐ教師の会」とは?

日本製の広島県で紹介された「ヒロシマを語り継ぐ教師の会」とは、2001年に政治的な活動からは距離を置き、これから日本の背負う子どもたちに伝えていきたいという使命感をもとに、元教職員を中心として結成された会です。

被爆を体験した方々が、後世の人々に悲しい出来事を伝えたい、原爆の実相を残すために活動されています。

日本製 広島県で紹介された「ヒロシマを語り継ぐ教師の会」のネットの声

日本製 広島県で紹介された「ヒロシマを語り継ぐ教師の会」のネットの声です。

三浦春馬が日本製で広島県のどこに訪問?何を取り上げたのかまとめ

三浦春馬さんの日本製は広島県のどこへ行った?を調べてみました。

全国を旅する中で広島県では平和を考えるきっかけにするために「ヒロシマを語り継ぐ教師の会」を訪問しました。

全国の中でも一番印象に残っていると語った三浦春馬さん。

その対談のとき、心に訴えかけるものが強くあったのでしょう。

もしかすると、「ヒロシマを語り継ぐ教師の会」のように若い人がこの悲劇を忘れることに危惧を抱いて、あえてこの対談をしたかもしれません。

三浦春馬さんはこの対談を通じて世の中に広く知ってもらえるきっかけとなれば、と願っていかもしれません。

そして、その強い思いはこの本の読者を通じて決して忘れられることはないでしょう。

日本製をご覧になりたい方は日本製を予約・購入できるショップをご覧ください。

日本製 その他の地域
>>三浦春馬の日本製 愛知県

>>三浦春馬の日本製 兵庫県

>>三浦春馬の日本製 大阪府

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA