みのもんたの会社は水道メーターのニッコク!芸能界引退も経営者でがっぽり?

みのもんたさんが2020年3月にすべてのテレビ番組を降板し、家業の経営に集中することを決断しました。

家業とは、水道メーター会社です。

じつは会社の経営者だったのです。

どこの水道メーター会社か?

みのさんはどんな経緯で、いつから経営者なのか?

ど調査しました。

みのもんたの水道メーター会社はどこ?

みのもんたさんの経営する水道メーター会社は株式会社ニッコクです。

本社は東京都港区六本木にあります。

ニコックは、主に水道メーターの製造・販売しています。

以外に、社長であるみのもんたさんのマネジメント業務も担っています。

不思議な組み合わせですが、

1999年にみのもんたさんの事務所が、父である御法川正男さんが経営していた「日国工業」と合併。

そして「ニッコク」という社名になりました。

みのもんたさんは芸能界で活躍しながら、芸能界とは遠い水道部品メーカーの二代目でした。

社長がみのもんた、って営業的には追い風になりそうですね。

株式会社ニッコクとは?

水道メーターの製造・販売しています。

1940年創業で現在で80年の老舗企業です!

創業者は、父親の御法川正男さんです。

現在は、従業員数も当初の10名程度から100名を超える社員が在籍しています。

ニッコクの会社規模は?

株式会社ニッコクは中小企業です。

資本金:7,200万円
社員数:135名

全国に営業所を展開しており、業界では比較的大きな規模と言えるでしょう。

とはいえ、大手企業が牛耳っている業界で、苦しい経営に苦しんだ時期がありました。

みのもんたさんは経営者として、ずいぶん苦労されたようです。

当初は、みのもんたさんが会社の経営に関わるようになってから、成長しました。

「うちは規模の小さい会社で、赤字を僕の芸能の収入で補填してきました。」

「工場と会社の整理でした。僕の給料は全部カットしますが、それでもどこまで生き残れるか」。

「従業員の数も減らさなければならない。それがつらい」

とインタビューで応じています。

テレビで頑張る理由には会社の経営者として頑張らないといけない理由もあったんですね。

営業で10年間、必死になって取り組みました。

今でも水道メーターを組み立てられるし、図面も描けるほどの努力されていたのです。

みのもんたの役職は?

愛知県計量連合会監事

株式会社ニッコク:代表取締役社長 御法川 法男

現在は会長に退いたとの噂もあります。

そして、資産家でもあります。

みのもんたの会社は水道メーターのニッコク!芸能界引退も経営者まとめ

アナウンサーからタレントに転身したみのもんたさん。

いつかはニッコクの社長を引退するのでしょう。

社長を誰かに引き継がせないといけないけれど、事業承継は難しい。

とインタビューで語っていました。

みのもんたさんも75歳前後ですから高齢者です。

精力的に活動されてきたみのもんたさんなら、経営者として会社の発展に貢献しそうです。

従業員の将来も真剣に考えるみのもんたさん。

これからもその活動がうまくいくといいなと思いました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA