松岡修造の師は中村天風!ガチなエピソードが熱くてたまらない!

松岡修造もその考え方に影響を受けたという、中村天風という人物をご存じでしょうか。
昭和初期から「心身統一法」という教えを広めた高名な思想家・哲学家です。
中村天風の教えや、その思想に至った背景、影響を受けた有名人について紹介します。

松岡修造は中村天風の影響大

松岡修造は熱血漢というイメージですが、実はかなり様々な顔をもっている人物です。
読書もしており、特に思想家・中村天風については著書を全部読み、講演テープもすべて聞いていると話します。

読んだ本については、感じたことをメモしているなど、かなり「頭脳派」な一面も見られますね。
松岡修造は引退後、タレントやスポーツキャスターだけでなく、日本テニス協会理事というポストも任されています。
父も実業家、幼いころは名門・慶應で高校途中まで学んだという家柄の良さ、頭の良さも、松岡修造の成功理由かもしれません。

特に影響を受けたという思想家・中村天風の教えで、松岡修造が実践したのが「絶対積極」です。
言葉通り、絶対的な「プラス思考」をするわけですが、これは自分の内面の弱さを認めた上で行います。

松岡修造の愛読書も中村天風!

哲学書を読むのが好きな松岡修造さん。

ここでもやはり中村天風です。

意外かもしれませんが松岡修造は「ネガティブ」がコンプレックスだったのです。
しかし、中村天風の教えとであってからは、その教えを忠実に守ってきました。

松岡修造が影響をうけたのは本『成功の実現』(日本経営合理化協会出版局)です。

様々なメンタルトレーニングを取り入れた結果、一番マッチしたのが中村天風の「絶対積極」でした。

ちなみにこの『成功の実現』は市川海老蔵も読んでいるようです!

松岡修造の名言と中村天風の哲学の効果

松岡修造はいろいろな名言を残していますが、特にこのセリフは非常に有名ではないでしょうか。
「この一球は絶対無二の一球なり」、試合中に思わず口走ってしまったものです。

この名言は松岡修造のテニス人生で一番の成績を残した、1995年ウィンブルドンで発せられました。
4回戦、ベスト8をかけた重要な一戦でリードを奪い、あと2ポイントで勝ちが決まるという場面です。

しかし松岡修造は世界ランキング100位台、決してワールドクラスの選手ではありません。
ここで相手にゲームを取られたら、負けてしまうかもしれない。
そんな弱気になりそうなメンタルを払しょくするために、思わず口から出た言葉でした。

積極的な姿勢が全てだと教える中村天風の哲学、この自分を信じる、前向きに一生懸命に取り組むさまはまさにこの教え通りです。敗けるかも…?とは絶対に思ってはいけないのです。

この後、松岡修造は見事勝利を納め、ウィンブルドンベスト8という快挙を成し遂げます。
日本人はほとんど世界で通用しない時代、松岡修造は後に日本人プレイヤーが活躍する道しるべとなりました。

松岡修造が活躍してきた理由は、「熱さ」だけでなく、「弱さ」も含めたメンタルコントロールの上手さもあるのかもしれません。

松岡修造が中村天風の教えをどう実践しているか?

松岡修造が雑誌のインタビューで語っていました。

松岡修造は中村天風の言葉を自分なりにアレンジして鏡に語りかけています。

なぜならば、
自分の心を変えるには、鏡に映った自分に言い聞かすのが一番早い!からです。

内容は、

「独立決断/自分はけが、病気は絶対しません/怒らず、恐れず、悲しまず/正直、親切、愉快に/力と勇気と信念を持って/自己に対する責務を果たし/愛と平和とを失わざる今日一日/厳かに生きていくことを誓います」

これを毎朝毎晩鏡に向かって唱えてるのです。

そして、これを朝・夜の1日2回、試合に復帰した姿や優勝した姿をイメージするのです。

さらに、車などで移動中にもオーディオブックなども繰り返し聞いてるようです。
今でも続けているらしいのです。

ここまで成功した人が今でも自分を高めるために、毎日自分を磨いているのです。

松岡修造は、熱血・パワフルなどイメージがありますが、人一倍以上の努力をして、そういうマインドを強くしてきたのです。

松岡修造が中村天風を心酔している根拠

中村天風が『心を積極化』すれば病も不運も解決する!という教えがあります。
それに従って松岡修造は、病も気からで痛みもなんとかなるのでは?と考えて、歯の治療を麻酔なしでやりました。

どれだけ痛かったかどうかは本人に確認が必要ですが…

それだけこの教えを信じているエピソードです。

松岡修造も影響を受けた中村天風は偉人

松岡修造が思想面で最も影響を受けたという中村天風は、明治・大正・昭和の厳しい時代を生き抜いてきた人物です。
帝国陸軍諜報員として活動し、命が危険にさらされる任務に就いていたこともありました。

結核で心まで弱っていた中、中村天風は心を強くする方法を求めて世界へ旅立ちます。
欧米各国を訪問し、答えが得られない中、中村天風が悟りを得たのは日本へ帰る途中のインドでした。
中村天風はインドで2年半ヨーガの修行をし、その中で「心身統一法」を会得します。

日本に帰国後、中村天風は実業家になると同時に、会得した心身統一法を日本で広めていきました。


中村天風によって創設された「天風会」は、政財界からも入会者が出るほど発展していきます。
著書も多く出版され、その教えは現代でも受け継がれるほどの影響を残しました。

成功前に数々の苦労をしていることは、松岡修造とも共通点がありますね。
松岡修造も、両親にテニスを反対され、名門・慶応義塾を飛び出しテニスの強豪・柳川高校に転入しています。
その後、両親から金銭的な援助を得られない状況で単身アメリカに渡り、言葉の壁などを乗り越えてきました。

辛い人生経験を経て、「心身統一法」を会得した中村天風の教え。
松岡修造も、中村天風を自分と重ねられる部分が多くあったのかもしれませんね。

松岡修造以外にも中村天風の教えを信じる著名人は?

中村天風の教えは、松岡修造以外にも数多くの超名人に影響を与えてきたことで知られています。

実業家でも影響を受けた人物は多く、

経済界で代表例

パナソニックの松下幸之助
京セラの稲盛和夫
日本電産の永守重信

などが例として挙げられますがどの方も日本を代表する起業家です。

スポーツ選手でも、数多くの選手がその思考法をメンタルに取り入れています。
本当に「今」を生きる選手である、大谷翔平も著書を読んで影響を受けたというほどです。
何十年前の人物・著書が、現代でも通用しているというのは本当にすごいことですね。

もちろん、一般の方でも、中村天風の言葉・教えが心に残っているという方は少なくありません。


何気ない言葉の中にも、人生を楽しく生きるヒントが隠されている気がしますね。

松岡修造が影響うけた中村天風のまとめ

松岡修造はメンタルが弱くてネガティブだった自分から脱却するために取り組んだ哲学。

その教えを毎日実践して自分を変えようとしてきた努力すごいですね!

中村天風の教えは、21世紀の現代でもセミナーや著書で受け継がれています。
難しいことを成し遂げたいと思っている人にとって、心の支えになる1冊になるかもしれません。
哲学は難しく感じてしまいますが、第一人者の教えをできることから実践してしてみてはいかがでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA