北海道でマスクの配布はいつどこで?支給方法や場所を事前にチェック!

3月1日のニュースで安倍首相が北海道にマスクを配ることを発表しました。

メーカーから国がマスクをお買い上げ住民に配布するようです。

3月3日の発表では追加発表がありました。

北海道民には朗報ですね!

マスクの配布はいつから?

配布される方法は?

どこで配布されるの?

調べてみました。

北海道でマスクの配布はいつどこで?

ニュースでは3月中にマスクを配布すると発表されています。

どのようにマスクを配るのか、いつ配るのかなど詳しい情報は3月10日までに発表されます。

詳細はこれから発表となります。

3月3日更新。発表がありました。まずは一部地域からの配布です。

北海道の住民に、1世帯当たり約40枚のマスクを配布されます。

感染者が増えている自治体で患者数の割合が大きい中富良野町と、感染拡大に注意が必要な北見市の計約6万4000世帯に配布されます。

平均的な世帯(3人)での必要枚数を約40枚と見積もった。

抜粋:読売新聞

マスクの配布方法は?

マスクの配布方法ですがおそらく身分証明書と交換になると思います。

なぜなら、

数に限りがあるため

マスクの転売を防ぐこと

北海道民以外への配布を禁止するため

北海道だけにマスクを配布するわけではなく、 今後も全国各地にマスクを供給する必要があるため、

闇雲に配布することはしないはずです。

もしくは冬の季節で身動きが取れない高齢者や、仕事で忙しくて取りに来れない人もいると思うので、

郵便局員が自宅に一軒一軒配布してくれる可能性もあります。

本当かは定かではありませんが、ユーザーがマスクの配布方法について暴露しています。

※3月5日更新
マスクの配布は郵便ポストへ投函でした。

なので、配布される地域の方々は自宅のポストを確認しましょう!

マスクの配布はいつごろ?

マスクの配布時期ですが3月の中旬から3月の末頃になると思います。

マスクは現在もメーカーの努力で24時間生産中で在庫は少しずつながらも増えているはずです。

しかし出来上がったマスクの配布方法の準備に時間がかかるため、

早くても3月の中旬以降になるはずです。

配布するのはおそらく各市町村が対応することになると思います。

もし国がトップダウンで北海道へマスクを配布することになれば、

時期はもう少し早くなりそうです。

事態がさらに悪化すればマスクの意味がないと思うので、

大至急で配布されるでしょう。

マスクの配布の場所はどこで?

マスクの配布される場所ですがおそらく公共の施設になると思います。

マスクの配布は身分証の提示と交換になると思いますので市町村が管轄する施設で対応されるはずです。

例えば 小中学校、スポーツセンター、市民会館なのです。

選挙と同じように 学校の校舎を活用すれば 市町村の 配布する手間も省けそうです。

しかし、、

高齢者が冬の季節に外出するのは難しいため、 郵便局や配送会社が自宅に一軒一軒届けてくれる可能性が高いです。

さらに公民館や体育館などに住民を集めてしまうと、さらにそこでコロナウイルスが拡大していく可能性もあります。

よって、おそらく郵送となることでしょう!

マスクの配布のは誰に?

マスクが配布されるのは北海道に在住している住民のみだと思います。

旅行や仕事で一時的に滞在してる人は対象にはなりません。

なぜならば配布対象は北海道住民となるからです。

また、マスクは北海道在住の人で世帯主とその扶養家族分が配布されるでしょう。

北海道でマスク配布のネット噂をチェック!


転売屋がマスクを高値で販売しているのを禁止してほしい

しばらくは国がマスクを管理するべきだ

中国に支援物資としてマスクを送るぐらいなら国民に配ってほしい

北海道への配慮は必要だがそのぶん全国各地でマスクに困ってる人への配布が遅くなる

マスクの配布方法は十分に気を付けるべきだ。 転売屋がいるから。

北海道で今マスクがなくて困っている方もまもなく全員にマスクが配布されます。

マスクの購入に焦らず今できる感染予防をしながら、マスクの到着を待ってみるのもいいかもしれません!

現在も北海道でのコロナウイルス感染者が増えていますが、

1日で早く落ち着くといいなと思います!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA