持続化給付金詐欺がバレる理由|バレる確率やバレない人はいるのか?

持続化給付金詐欺がバレる理由|バレる確率やバレない人はいるのか?

実は結構バレています。

今後増えるだろう持続化給付金の詐欺のバレてる理由を紹介します。

持続化給付金詐欺がバレる理由

経済産業省と中小企業庁は、持続化給付金、家賃支援給付金の不正受給等に関する調査を行っています。

その方法とは、「法律事務所」に委託して、申請内容に不正がないか確認を進めています。

公金は、手続きの申請書という絶対的な証拠が残ります。

そのため、いつかバレます。

さらに、マスコミで取り上げられる、一般人のタレコミ、ネットの掲示板などによって発覚するケースもあるでしょう。

バレない人はいるのか?

運次第でしょう。バレない人もいるかもしれません。

どんな犯罪も残念ながら100%逮捕されるわけではありません。

ただし、法律事務所が調査しているので、もし調査が入ったらほぼバレるでしょう。

バレる確率はどのくらい?

バレる確率ははっきりしませんが、既に数多くの自主的な返還がなされています。

  • 返還申出件数:21,949件
  • 返還済み件数:15,440件
  • 返還済み金額:約16,617百万円

参考:経済産業省のホームページより抜粋

つまり、経済産業省が詐欺の調査を進めていて、ばれる確率はだんだん上がってきているため、自主的な返還が増えています。

罰則が強化される可能性もあるので、今後も増えていくでしょう。

持続化給付金詐欺がバレる理由のネットの声

 

 

バレる前に自主返還を促しているで迷っているなら今のうちに決断をしたほうがいいでしょう。

もしかすると芋づる式でバレる可能性もあります。

密告や自白から手がかりが増えるからです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA