【紅の豚】ポルコの最後の顔は素顔になったのはなぜ?そして人間戻った?

【紅の豚】ポルコの最後の顔は素顔になったのはなぜ?そして人間戻った?

映画「紅の豚」の最後のシーンで、フィオにキスされた豚の飛行士ポルコ(マルコ)は人間の姿に戻ったんでしょうか?

考察をまとめました。

【紅の豚】ポルコの最後の顔は素顔になったのはなぜ?そして人間戻った?

最後の方でフィオにキスされたポルコ(マルコ)は人間の姿に戻ったんでしょうか?

カーチスの様子から、最終的には人間に戻った様子ですが、顔は意図的に隠されていました。

結論や背景をまとめます。

ポルコの最後の顔は素顔になった!

画紅の豚」の最後のシーンについて宮崎監督は、雑誌のインタビューで、「人間に戻ってもまたすぐに豚に戻り、十日くらい経つと飯を食いにジーナの前に現れる」とその後の結末を話していました。

この話からポルコは短い期間でしたが、人間の姿に戻りました。

顔が素顔に戻った理由!

はっきりとした理由はこの映画の中では述べられていません。また宮崎監督もそれについてはコメントはありません。

以下、考察です。

  • ポルコはフィオにキスされているので魔法が解けて人間の顔に戻った。
  • ポルコは自分で自分にかけた、豚になる魔法はいつでも解ける
  • ポルコがジーナへの正直な思いに気づき、向き合おうという気持ちが芽生えたから

このようなわけで最終的には人間に戻ったのです。

【紅の豚】ポルコの顔が最後に人間戻った理由とは?

ポルコは最終的に人間に戻りました。

ポルコは意図的に豚になった魔法をとける設定かもしれません。

または、フィオの自分への純粋な気持ちに触れて、感動的な出来事があった時に、魔法がとけて、人間の姿になってしまうのかもしれません。

ポルコは心から人間もいいもんだなぁと思うと、人間の姿に戻るということを豚になった時から知っていたと思います。

なぜならば、フィオがポルコにキスをしました。

ポルコは、このような体験をすると、自分が人間に戻っているということを知っていました。

そのためライバルに顔を見られたくなかったため慌てて飛行機に逃げ込んだのです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA