K-1の主催者は誰?韓国系の会社で名前がついに判明でコロナよりも騒然!?

k-1が3月22日に開催されました。

コロナ騒動の中、感染拡大が懸念されていました。

大臣や知事の要請を無視したかたちで決行に批判もあります。

k-1の主催者は誰?

韓国系の会社って本当?

名前は誰?

調べました。

k-1がコロナでも開催!主催者は誰?

k-1を仕切っているのは、

香港に登記される「K-1 Global Holdings Limited」と呼ばれる会社です。

k-1はこの会社が商標権を保有しています。

2012年1月からです。以前は国内の会社でしたが、権利を売却していました。

現在の「K-1」は、アンディ・フグとかが活躍してテレビの大人気だった頃の「K-1」とは別物です。

石井館長・谷川プロデューサーらが商標権が譲渡する。

新たな運営会社が経営破綻を繰り返す。

そして、現在の運営会社が4,5社目です。

k-1の権利保有している会社の代表者は?

K1代表は香港のマイクキム氏です。

しかし、この会社はあくまで権利者です。

実質的には運営会社は別にあります。

主催の国籍は?

マイクキム氏国籍は不明です。

しかし会社が香港にあることや、姓名から香港籍だと思われます。

k-1の運営会社は韓国系?

K-1の運営は『K-1実行委員会』がまとめています。

今回の事態で開催を続行した理由はこちらに詳細ありますが、色々と事情がありそうです。

  • 主催・著作
  • K-1実行委員会

  • 企画・制作
  • 株式会社M-1スポーツメディア

  • 運営
  • 株式会社グッドルーザー

これらの会社の実質的なオーナーが朝鮮系の経営者と言われています。

k-1の運営会社の実質的な代表者は誰?

k-1の運営会社の代表者は、株式会社M-1スポーツメディアの社長の豊田さんとなっています。

その会社に影響力があるのが、
矢〇満さんと言われています。

本当か定かではありません。

そんな矢〇満さんの出身は埼玉県です。

  • 高校を卒業後、総連との関係が深い「挙動会」で全日本チャンピオン
  • 2000年8月には焼肉事業を開始
  • 不動産会社を設立し瞬く間に投資家として成功

週刊文春の記事でその出自や、朝鮮関連のつながりを追求していました。

矢吹氏は、プロレス団体の「WRESTLE-1」や「K-1 GYM 総本部」を運営するGENスポーツエンターテインメントに携わる一方、老舗の大手PR会社・共同ピーアールの大株主になるなど、各方面に名前が登場する人物だという。引用:週刊誌

週刊文春の取材のきっかけは 『東京ガールズコレクション』(TGC)が朝鮮総連系企業にのっとられた、という情報です。

運営会社の関係者はTGCの元社長?

矢〇さんはTGCの元社長のようです。

多角的な事業をしているんですね。

「ゼイヴェルは08年、社名をブランディングに変更し、化粧品のセレクトショップ『Cosme Kitchen』やアメリカの人気ブランド『kitson』の日本事業を仕掛けたのですが、横領事件をきっかけに経営不振に陥り、資金繰りのためにTGCの商標権を売却してしまいます。

TGCの企画・運営はF1メディアという子会社が行っていたのですが、こちらも売却しました。
そこでF1メディアの社長となった矢吹満という人物です

k-1がコロナで主催者は誰? 韓国系の会社で名前のまとめ!

k-1を仕切っているのは、

香港に登記される「K-1 Global Holdings Limited」と呼ばれる会社です。

K-1の運営は『K-1実行委員会』がまとめています。

k-1の運営会社の代表者は、豊田社長です。

影響力があるのが矢〇満さんと言われています。

このコロナ騒動の最中での開催に、

ネットでは否定的なコメントが多いです。

7000人弱の来場者あったので、心配するのは当然です。

運営会社のオーナーが韓国系の経営者というのは週刊文春のソースが元になり、

ネットで噂になっていた情報です。真相は闇です。

コロナ拡大を防ぐよう努力した運営会社ですが、実際はどうなるのか?

本当の評価はこれからだと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA