K-1コロナ中止ではなく開催するのなぜ?自粛せず強行する理由もヤバい!?

3月22日にさいたまスーパーアリーナで行われる「K―1WORLDGP」で、

1万人以上の観客が集まる見込みです。

大臣や埼玉県がK−1の主催者側にコロナウイルスのため自粛を要請してきました。

しかし中止せず、開催しそうです。

その理由とは?

調べました。

K-1中止ではなく開催するの?

K-1は中止ではなく開催します。

埼玉県知事や担当大臣からにの自粛要請がありましたが、

運営会社はそれらを無視して開催することを決めました。

大規模イベントが行うのは直近でははじめてかもしれません。

運営会社がどんな会社か詳しくはこちら

K-1が自粛せず強行する理由は?

K-1がコロナウイルスの問題がある中で、自粛せず強行する理由を考察しました。

K-1の運営会社の経営問題?

格闘技業界の方が理由をこう述べています。

主催者と選手は試合がなくなると、生活面で危機になるようです。

つまり、経済的な理由で試合を強行するのです。

k-1運営会社への補填がない

自粛した場合でも国や地方自治体から補填はありません。

地方自治体がイベントを中止させることは可能なのですが、補填ができないのです。

もし仮に補填する場合、出費は埼玉県です。

埼玉県は何億、何十億を運営会社へ支払うことになると、

行政の代わりに負担することになり県民からの支持を得られるか不透明です。

一部市民からの裁判もありえます。

埼玉県は何をしてもリスクなので、補填せず見守るしかないようです。

そのため、運営会社は開催するしかないと判断したようです。


行政も埼玉県へ要請だけしかせず、丸投げしている状況です。

K-1側でコロナ対策をしている

K-1側でコロナ対策だと思われることを準備しており、体制的に安全面を守れそうだという声もあります。

しかし、実態は抜け漏れもあるチェック体制の様子で、参加者からも疑問視されています。

K-1側の運営会社がブラック?

K-1側の運営会社が特殊だという噂があります。

このようなイベント・興業は、かなり特殊な世界なので中止すると後が怖い、というケースもあります。

一般人が深く顔をつっこむとやけどでは済まない世界です。

そのため、安全面よりも収益面を優先しているという見方です。

K-1関係者の利権がからむ?

K-1はこれまでに様々な問題がおきてきました。

今回も同様にコロナ問題の中で開催することで、関係者の利権が守られるという見方です。

K-1コロナ中止ではなく開催へネットの評価

K-1コロナ中止ではなく開催するの?自粛せず強行する理由まとめ

K-1コロナ中止ではなく開催するの?自粛せず強行する理由をまとめました。

ネットの情報が多いのですべてはあくまで推測もまじえています。

  • 経営的な問題
  • 行政が地方自治体へ丸投げ
  • コロナ対策をしている
  • 運営会社の体質
  • 利権の問題

もしすべてが本当だとしたら、オリンピック問題を悪化させる可能性もあり、

日本の経済的な打撃は避けられそうにはありません。

K-1の選手は頑張ってほしいです、ファンの方も無事を祈ります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA