BTSのジンがライブで泣く?その涙の理由とは!?泣き顔も公開!

BTSのジンがライブで泣く

BTSのジンさんがライブで泣いたことがあります。その涙の理由とは?泣き顔も気になりますよね。

圧巻の歌声が魅力のジンさんですが、実はBTS練習生としてスタートしたときは、歌もダンスも経験がなかったとか。

現在のハイクオリティなパフォーマンスからは、ジンさんの血のにじむような努力がうかがえます。

そんなプロ意識の高いジンさんは、ARMYの前では泣かないと決めているそう。しかし実際には、ジンさんはファンに涙を見せたことがあります。

今回は、ジンさんが涙を見せた場面と、その理由を解説します。

BTSジンが初舞台後に泣く!その理由は?

ジンさんがはじめてファンに涙を見せたのは、じつはBTSの初ステージの日。

つまり、デビュー初日です。ちなみに、BTSのデビューは2013年6月13日、デビュー曲は「NO MORE DREAM」です。

ジンさんが涙を見せたのは、パフォーマンスを終えて舞台裏に戻ってきたあとのこと。控え室に戻るジンさんは、ティッシュを目元にあてています。

スタッフにお世話される間も涙は止まらず、たくさんの人に涙を拭いてもらったり、団扇で扇がれたりしています。

ファンに涙を見せないと決めているジンさんが、これほど泣いてしまった理由とはなんなのでしょうか。

理由はズボンが下がったから

じつはジンさんの涙が止まらなくなった理由は、パフォーマンス中にズボンが下がってしまったから。

もっと具体的にいうと、衣装に気を取られて、思うようなパフォーマンスができなかったからなんです。

後のインタビューでジンさんは、曲中のジャンプのたびにズボンが下がり、気をとられている間に、振りを間違えたと語っています。

さらに、初デビューの緊張感と、振りを間違えた悔しさがまじりあって涙が出たとも語っていました。
もともとジンさんは俳優を志望しており、実際に芸術大学で演技の勉強をしていました。なお、ジンさんが通っていた大学は倍率200倍の超難関です。

そんなジンさんのBTSメンバーへの加入のキッカケは、道端でのスカウトでした。他メンバーとちがい、歌もダンスも未経験からのスタートだったジンさん。

BTSはハイクオリティなパフォーマンスが売りですから、ジンさんがデビューまでに血のにじむような努力をしたことが分かります。

それなのに、よりにもよってデビューの日に、ズボンが下がったから振りを間違えた…。

ジンさんにとって、とても悔しく、残念な出来事だったに違いありません。

初舞台後の泣き顔

ジンさんの初舞台後の泣き顔の動画はこちら。

該当の場面は、2分19秒あたりからです。

BTSジンがライブ「2018 MAMA Artist of the year」で泣く!その理由は?

ジンさんは、2018年の「MAMA Artist of the year」でもファンに涙を見せています。

「MAMA Artist of the year」はアジア最大級の音楽授賞式で、2018年は香港で行われました。このとき、BTSは2つの賞を受賞しています。

1つ目は「Album of the year」で、今年最も注目されたアルバムに贈られるもの。

2つ目は「Artist of the year」で、今年最も注目されたアーティストに贈られる賞です。

2つともMAMAを代表する大きな賞です。W受賞はBTSにとっても意外だったようで、一部のメンバーが涙を見せました。

その涙が単なる嬉し涙ではなかったことが、ジンさんのスピーチによって明らかになります。

理由は解散の危機があったから

ジンさんが涙を見せたのは、「Artist of the year」の受賞スピーチの最中です。

「Album of the year」の受賞に続いてステージに上がったメンバーは、交代で受賞スピーチをしていました。このとき、ジンさんは「今年の初めのすごく辛かった時のことを思い出す」と切り出しました。

さらに「メンバーと解散について話しあった」とも明かし、涙を見せました。このとき、そばにいたVさんやJIMINさんも、手で顔を覆いながら泣いています。

つまりジンさんが語った解散危機は、メンバー全員にとってそれほど深刻な事態だったのです。

2018年は、BTSがアメリカで本格的な活動をスタートさせた年です。BTSはアメリカでも輝かしい実績をおさめていますが、その分、大きなプレッシャーがあったのは間違いありません。

実際に2018年のBTSのインタビューでは、「あまりに高い所を飛んでいる」というような発言がみられます。

また2021年の韓国トーク番組では、メンバー全員が「アメリカ進出はプレッシャーが大きかった」と語っていました。

人気絶頂に見えたBTSですが、その裏にはさまざまな葛藤や困難が隠されていたことが分かります。ジンさんの涙と告白は、そんなBTSの苦しみを垣間見せた瞬間でした。

しかしBTSは、解散危機を乗り越え、いまも素晴らしいパフォーマンをファンに届けてくれています。

2018 MAMA Artist of the yearでの泣き顔

2018年のMAMAでジンさんが泣いた動画はこちらです。

ジンさんだけでなく、多くのメンバーが涙を流しているのも確認できます。

 

「Tear」のコンセプトフォトを撮影するときに演技で涙を流しました。

その時の様子をナムさんがもらい泣きしそうになったシーンの動画があります。

動画の3:20~からご覧ください。

BTSのジンがライブで泣く?その涙の理由とは!?泣き顔まとめ

  • ジンさんが初舞台で泣いた理由は、ズボンが下がって思うようなパフォーマンスができなかったから
  • 「2018 MAMA Artist of the year」でジンさんが泣いたのは、BTSに深刻な解散危機があったから

いつも最高のパフォーマンスを見せてくれるジンさん。

パフォーマンスやBTSに対する情熱は並々ならぬものがあるだけに、ときに感情を抑えきれず涙してしまうことも。

ファンの前で泣かないと決めているジンさんが、人前で涙を見せるのは、とても深い理由があるからなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA