異世界チート魔術師の3巻ネタバレと感想!ライバルのカシム相手にピンチの二人。

異世界チート魔術師の3巻ネタバレと感想です。

3巻では、メリラの密採者を捕まえた太一達だったが、予想した通り彼らの背後で事を仕組んでいたのはカシムでした。

太一は魔術師カシムと、凛とミューラは戦闘にとりつかれた女のグラミと戦うことに。

しかし、二人の待ち受けいたのは、カシムの強力な魔物と魔術に追い込まれていく…。

そんな二人の窮地を救ったのは…?

異世界チート魔術師の漫画3巻ネタバレ

カシムの農民には似つかわしくない知識や容貌からミューラも凛も怪しみます。

太一もカシムを怪しみ、その正体を突き止めようと心に決めました。

依頼をこなすために農園を見回ると農作物の密猟者を発見しました。

普通の窃盗団に後れを取る太一ではありません。

簡単に窃盗団を捕縛します。

一件落着とカシムが太一にお礼を言います。

カシムの本当の姿

太一は神妙な面持ちでカシムに正体を尋ねます。

これだけ怪しいヒントをばらまいていたので気付いて当然です。

カシムはギリギリ及第点と上から目線で言い放ちます。

即座に魔法を発動する凛に、カシムは凛たちの方が自分より強いと宣言します。

自分たちの戦力を冷静に分析するカシムに不気味さを覚える太一。

認識阻害マントを羽織ってすぐそばにいた暗殺者グラミが姿を現します。

グラミは暗殺ではなくバトルの魅力に取りつかれた女でした。

気持ちの悪い笑みを見せて、凛とミューラと相対します。

グラミやカシムとの戦闘

グラミは凛が魔法で援護できないように凛の射線上にミューラが入るように立ち回ります。

グラミがミューラを上回る膂力を見せ、ふっとばします。

続いて凛に襲い掛かり、凛の対物障壁をぶち破ります。

一方、太一はカシムが呼び寄せた魔物と戦います。

太一はレミーアお墨付きの斬撃を繰り出しますが、手応えがありません。

エレメント系の魔物には実態がないため、物理攻撃が効かないのです。

カシムは物理攻撃以外ができない太一でも手駒としては優秀だと勧誘します。

凛とミューラを人質にすると脅すカシムに対して、太一は激昂します。
カシムが魔物を強化する宝玉を使ったため、太一はさらなる窮地に陥ります。

自分が負ければ凛とミューラが慰み者になってしまいます。
心から力を欲する太一。 風の精霊エアリアルが太一の呼びかけに応じます。

凛、ミューラ対グラミの戦いも佳境を迎えています。

手札を増やすために凛たちは新しい戦い方を試していたのですが、本来のスタイルに戻すことにしました。

ミューラが牽制しつつ、凛が致命傷となる魔法を放ちます。

雷神剣二刀流で凛も接近戦に加わります。

ミューラも魔術剣を使いグラミを追い詰めます。

瀕死の重傷を負ったグラミは満足したように高笑いします。

グラミは傷が治ったら再戦だと勝手なことを言っています。

太一の敗北間際にエアリアルがサポート

太一を破ったカシムがやってきました。

太一の敗北に絶望を感じた凛たちはカシムに捕縛されます。

これで大手を振って本国へ帰れるとほくそ笑むカシム。

振り返ると明らかに今までとは違う威圧感を示している太一がいました。

先ほど苦戦した魔物のラッシュを食らっても太一はまったくダメージを受けていません。

太一は凛とミューラに手を出したカシムを絶対に許せません。

カシムは即座に撤退を決めますが、太一は逃しません。

カシムの片腕を切り落としますが、力の反動で太一は気絶します。

今回は痛み分けで終わりました。

異世界チート魔術師の漫画3巻の感想

最初のライバルとなるカシムが登場しましたね

ライバルが仲間になるというパターンも多いけれど、いきなり片腕を切り取りましたから、最後まで悪役として殉じるパターンの方かもしれません。
凜はまだ勝ててはいますが、この時点で体術的に上回る相手が続出するとなると、本格的に狙われると厳しそうですね。

太一は人間やめてるみたいなので心配はしていませんけれど。 風の精霊エアリアルが太一に協力することにより、太一は戦略級の危険人物になりました。

この後、各国の思惑に巻き込まれる気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA