呪術廻戦 狗巻棘の内通者説を考察!家入硝子や学長の説もあるが誰なのか?

狗巻棘家入内通者説

呪術廻戦の内通者説に狗巻棘、家入硝子、学長が出ていますが、実際誰なのかを考察していきたいと思います!

内通者説に狗巻棘が出たときはショックを受けた方もいるのでは?

筆者的には狗巻棘が内通者である可能性は低いと考えているので、その考察理由を解説していきます。

他にも内通者として言われている

家入硝子、学長、さらには伊地知の可能性についても考察理由とともに紹介していきます!

気になる方はご覧ください!

呪術廻戦 狗巻棘の内通者説は成立するのか考察!

狗巻棘の内通者説を考察していこうと思います。

呪術廻戦に学長以上と、上層部に情報を流している者の内通者2人以上いることが判明し、話題になりました。

1人は、夏油傑たちと呪術高専の内通者として情報提供をする代わりに、体を治す縛りをしていたメカ丸だったことが判明しましたが、果たして狗巻棘も内通者の1人なのでしょうか?

結論をいうと、内通者が狗巻棘である可能性は低いと考えています。

内通者が狗巻棘の可能性は低い

黒幕はまだわかっていないため、誰と内通しているかは不明ですが、内通者が狗巻棘の可能性は低いと筆者個人的には考えています。

その考察理由は

 

  • 姉妹校交流会で登場した花御への反応
  • 呪言師に依頼するのはかなりリスキー
  • 命懸けで仲間を守る優しさがある
  • 何より仲間といることが幸せそう

 

の4つです。

潔白の根拠①姉妹校交流会で登場した花御への反応

狗巻棘が内通者の可能性が低いと考察した潔白の根拠の1つ目は姉妹校交流会で登場した花御への反応です。

気になったのは

  • 姉妹校交流会で花御を見た時驚いている
  • 狗巻棘1人の時に出会っているのに戦っている

の2つのポイントです。

もし内通者なら花御の存在を知っているはずなので驚いた表情を見せないはずですよね。
もし他の仲間がいるのであれば驚いた振りをするなりしてもおかしくないですが、周りには誰もいません。

また、花御と最初に出会ったときは狗巻棘一人なので、戦わずに作戦会議やなんらかの会話だけしてスルーしてもいいはずです。
しかし狗巻棘は、服の首元のチャックを下げて隠している口元を見せて臨戦態勢に入りました。

以上2つから内通者の可能性は低いと考えられます。

潔白の根拠②呪言師に依頼するのはかなりリスキー

狗巻棘は呪言師で話した言葉が呪いになる可能性があるため内通者にするのはかなりリスキーです。

もし依頼をするならまだ他に生徒も教師もいるので、わざわざリスクがある狗巻棘を選ぶ必要がないため、内通者の可能性は低いと考えています。

潔白の根拠③命懸けで仲間を守る優しさがある

狗巻棘といえば、格上の呪霊や呪詛師でも迷わず仲間のためなら呪言を使い喉をつぶしているのが印象的です。

花御との戦いでは限界が来てしまい、吐血をする場面も・・・。
内通者であれば仲間と思わせるため信頼を築くことは必要不可欠ですが、ここまで自分を犠牲にすることはないと考えます。

なので内通者の可能性は低いと考えています。

潔白の根拠④何より仲間といることが幸せそう

個人的なイメージですが内通者といえば、

  • どこか陰を落としている
  • 深く入りすぎないようにちょっと線を引いたような関わり方
  • 時々怪しげな描写がある

といったものがありそうですが、狗巻棘にはどれも当てはまりません。

逆に狗巻棘って仲間と過ごしている姿がとても幸せそうに見えませんか?

例えば・・・

  • 「じゅじゅさんぽ」で禪院真希のスカートを履いて悪ノリをする
  • 京都校との野球では西宮が空を飛んでボールをとった時に「おかか!」と虎杖悠仁に続いて怒る

など、積極的に仲間とじゃれあっています。

ここまで深く関わらなくても情報はゲットできるはずなので、仲間との関わり方を見ても内通者の可能性は低いかなと考えています。

もしこれで内通者だったらかなりのヤリ手で恐ろしい人物です・・・。

呪術廻戦の内通者とは?家入硝子と学長について考察!伊地知が内通者説もあり!?

では狗巻棘以外に、内通者説がある家入硝子、学長、伊地知について考察していきます。

内通者は家入硝子?

内通者が家入硝子の可能性はあると考えています。

家入硝子は反転術式で治療する貴重な存在で、敵からすると邪魔な存在になるので、内通者というより命を狙われる対象にもなります。

しかし、内通者である可能性も捨てきれないポイントもあります。

内通者である考察理由

内通者の可能性がある理由として

  • 虎杖悠仁が復活することを偽夏油傑が知っていた
  • 夏油傑とかなり仲が良かった

があります。

虎杖悠仁が復活することを知っていたのは家入硝子、五条悟、七海、伊地知の4人でした。
ですがなぜか偽夏油傑は虎杖悠仁が復活することを知っています。

また、まだ呪術高専の生徒で五条悟と家入硝子と3人でよくつるんでいた時、夏油傑が大量殺人した後、五条悟ではなく最初に家入硝子に会いに行ってます。
もしかすると実は2人は友達以上恋人未満な感じだったのかもしれません。

夏油傑は支配はされているものの、魂は死んではいないフラグがあるので、夏油傑を復活させることをダシにして誘惑し、闇落ちして内通者になったのではないかと考えています。

内通者は学長ではない

原作137話で呪術会総監部から五条悟と夏油傑を使って渋谷事変を起こしたとして死刑を通達されて死亡しました。

ですが、原作147話で呪術会総監部の真の狙いがついにわかりました!

内通者ではない理由

呪術会総監部の狙いは「パンダの作り方」を聞き出すことでした。
実はパンダは特別な呪骸。通常呪骸は呪力が尽きて動かなくなるのですが、パンダは呪力を自分で補充して動き続けられる「完全自立型の呪骸」となっています。

呪術会総監部は、ンダを量産すると術師の軍隊を作ることができるため、学長の存在を気にしていました。

結果、処刑人となった楽巌寺学長に製造方法を話して亡くなり、内通者ではないことが判明しました。

パンダが泣いたシーンに筆者ももらい泣きしてしまいましたね・・・。

内通者は伊地知!?

内通者候補としてかなり意外な人物が出てきました!
それはなんとあの伊地知です!

ですが、よくよく考えられると内通者の可能性も捨てきれないんですよねー。

内通者の可能性がある考察理由

今まで呪霊や偽夏油傑たちが邪魔をしているのは

 

  • 五条悟がいない時
  • 五条悟が出かけることを知っている(学長との約束で出かける)
  • 姉妹校交流戦をしているとき

 

など、細かい動きまで知っている人物が内通者でないと難しいタイミングばかりです。

そのため、スケジュールを把握している伊地知が内通者の可能性があると考えています。

呪術廻戦の内通者についての声

では呪術廻戦の内通者について、他の読者の考察や感想を見ていきたいと思います!

皆さんはどのような考えや思いがあるのでしょうか?

確かに口を隠している人物は特徴的に狗巻家の可能性は否定できませんね。

歌姫が内通者も確かにこの意見を聞くと可能性を感じますね。

五条悟はキレ者なので、なんとなく内通者の検討とついていたと思われます。

内通者ではないと歌姫に言ってましたが、実はノーマークと思わせといて色々話をして探っているという可能性も、五条悟ならあり得るかなとおも思いますね。

まさかの角度で来ました!天元様が内通者説!

やはり色んな人がいて、色んな思いや考えを抱きながら読み進めている読者が多いので、見ていて楽しいですね!

本当にまさかの天元様の可能性もあるかもしれませんね!

呪術廻戦の真の内通者はいったい誰?

呪術廻戦の内通者は、家入硝子や伊地知の可能性があると考えていますが、やはり読者の色んな視点をみていると、狗巻棘が内通者ではないとやはり100%は言い切れないですね。

真の内通者は誰でしょうか?

内通者の特徴は呪術高専の動きを細かく把握できる人であることには違いありません。

先程伊地知の考察理由でも書いた通り、内通者は細かいスケジュールを把握しているからです。

真の内通者がいつ明らかになるのか、今後に目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA