ラグビーイングランドがオールブラックスに勝利!海外の反応「エディーすごい!!」

イングランドvsニュージーランド

2019年ラグビーワールドカップ準決勝でイングランドがニュージーランド代表に勝利しました。

3連覇を狙う最強のオールブラックスに対してイングランドは、
2012年12月以来7年ぶりにニュージーランドに勝利となりました。

それに対して、イギリス・フランス・ニュージーランドなどラグビー先進国の海外の反応もですが、

喜びと悲しみの声であふれています。

そして、エディー・ジョーンズ監督の評価が急上昇!!

そんな海外の反応をお伝えします。

イングランドがオールブラックスに勝利!海外の反応

イングランドは2012年以来初めてニュージーランドを破り、オールブラックスに対する6連敗を終わらせました。
ニュージーランドは、2007年の準々決勝以来初めてラグビーワールドカップの試合に敗れました。


試合のダイジェストです。ハカに対抗するイングランドが大胆で印象的!

当初の予想ではオールブラックスが勝利すると 言われていましたが、

結果は19対7でイングランドが勝利しました。

海外メディアの反応では、イギリスのメディアはイングランドが勝利したことに対して大きく、 喜びの報道をしています。

一方敗北したニュージーランドは「信じられない」という報道しています。


2007年のワールドカップでも、フランスがニュージーランドを破り、話題になりました。
ジャイアントキリングと呼ばれ、歴史的な勝利でした。

ラグビー日本代表

ラグビーワールドカップでジャイアントキリングのランキング!日本の試合は何位?

2019年9月29日

イングランド勝利!海外メディアの反応

エディージョーンズ監督のゲームプランが功を奏したと伝えています。

そしてニュージーランドはそのせいでほとんど何もさせてくれなかった、

とイングランドが試合終了まで優勢だったことと伝えています。

イギリスのメディア「BBC」の反応

イギリスの大手メディア BBC では、 イングランドが ベストを尽くしたと絶賛しています。

またエディージョーンズ監督の指揮についても高く評価していました

イングランドはオールブラックスを破ってワールドカップ決勝に進出

「間違いなくトップゲームでした。ほとんどの場面で良いラグビーをプレイし、イングランドは本当にベストを尽くした。彼らは仕事をやり遂げました。」

イギリスのメディア「インデペンデント」の反応

イギリスの大手メディアインデペンデントの反応では、

最強のオールブラックスに勝利することへ称賛をしています。
オールブラックスに勝利することは、それだけ衝撃的な事だったのでしょう。

過去に散々苦しめられたイングランドの経験からとても難敵だということを表しています。

「イングランドはニュージーランドを驚かせ決勝へ」

「試合開始から、普通ではない試合。オールブラックスはゲームのあらゆる面で優れていたエディー・ジョーンズの支配に対してほとんどを何も果たしませんでした。」

オールブラックスは永遠に、そして世界で最高のチームだった。イングランドがプレイしているとき、それはすべての人に神への恐怖を感じるような名前です。

イギリスのメディア「ガーディアン」の反応

イギリスの大手メディアガーディアンでは、

エディー・ジョーンズの ゲームプランに戦士たちは忠実に実行し、エディージョーンズ監督たちの周到な計画を評価しています

「イングランドがニュージーランドを引きずりおろし、ラグビーワールドカップ決勝に進出」

「オールブラックスは、イングランドの防御力と戦術的な洞察力にも対処できなかった。
選手への厳しい要求で知られる有名なジョーンズでさえ、彼の選手たちが文字通り彼の正確なゲームプランに従っていたので、これ以上望むことはほとんどなかっただろう。」

イングランドは、昨年11月、ニュージーランドに16-15敗北しています。
エディー・ジョーンズはすでにイングランドが再戦をどのように取り組むかを正確に考えていたと思います。

フランスのメディア「ルモンド」の反応

フランスの大手メディアルモンドではオールブラックスが敗北した事を衝撃的なニュースとして伝えています

「ニュージーランドが準決勝でイングランドへ退位」

「彼らは失いました。その敗北を書くのはとても信じられない。ワールドカップでのこの敗北は、オールブラックスが過去12年間なかった。」

「オールブラックスは3連覇のタイトルに可能性があったときまで、まだ日本このワールドカップがお気に入りでした。横浜の暗い空の下でイングランドに敗北するまでは。」

ニュージーランドのメディア「ヘラルド」の反応

オールブラックスが負けたことが信じられないようです。3連覇の夢が終わったことをとても残念がっています。

「オールブラックスが信じられないほどのイングランドによって敗北」

「横浜の輝かしい夜空の下、ワールドカップを連続して勝つというオールブラックスの夢は沈みました。イングランドは来週の土曜日の決勝戦に勝ち、対戦相手をゲームから追い出した圧倒的なパフォーマンスでした。」

「彼らにはほとんど何もうまくいきませんでした。最終的には多くのことを実現しませんでした。」

「ワールドカップでの3つのトロフィーを連続で獲得するという夢は悪夢に終わります。」

ニュージーランドのメディア「スタッフ」の反応

敗北っていう大きな失望を伝えています。
またオーストラリア出身のイングランド監督エディージョーンズに対しても評価をしています。当初の評価は高いと言えませんでした。
しかし、完全にオールブラックスが封じ込めました。

「イングランドから大損失」

「エディ・ジョーンズには、誰も彼のチームを評価したことはなく、彼の妻でさえオールブラックスを支持し、彼の男の子は母親やパパと彼のコーチングスタッフを除いて誰からも敬意を払われていない」

「イギリスのスピード・タックルが宙に飛び込み、角度を変え、驚くほど倒されるのを露出するのに十分でした
オールブラックスには何もうまくいきませんでした。」

イングランドがオールブラックス勝利!要因は?

イングランド勝利の要因を海外メディアなどの分析

ニュージーランドのメディアの分析です。


ハーフタイム時には、スコアはすでに10-0、イングランドの62%のボール所有率、69%のグラウンド占領率です。

そして、ファールが多く、冷静さを欠いた熱っぽいオールブラックスです。

終始、イングランドのペースで試合が進みました。
その背景には、エディー・ジョーンズ監督の素晴らしいゲームプランがありました。

イングランド監督のエディー・ジョーンズの評価も急上昇

エディー・ジョーンズ監督は、日本代表の監督でも南アフリカ戦での勝利など、歴史的な試合を見せてくれました。

今回も、優勝候補で最強のオールブラックスを抑え込み、過去6年ぶりに勝利しました。

事実上の決勝戦とも言われていたこの試合、もう優勝間近です!

優勝の可能性は70%とまで上がりました。
優勝予想
引用:stuff

ニュージーランドのメディアも、脅威とは感じている様子もなかったのですが、
今回の試合で、実力を十分に見せつけました。

イングランド監督エディー・ジョーンズの分析・コメント


「これは素晴らしいことです。興奮しています。」

「私たちの戦術は良好でした。ディフェンスも良好でした。ほとんどの場合、攻撃がうまくいきましたが、貴重な機会をいくつか逃しました。」

「ゲームの終わりでもオールブラックスは私たちに近づいてきたので、私たちは注意深く守り、スキを見つける必要がありました。」

「私たちは世界一になるためにここに来ましたが、まだやっていません。」


ニュージーランド監督のスティーブ・ハンセンの分析・コメント


「おめでとう、彼らはすさまじいゲームをして勝ちました」

「私たちのチームを本当に誇りに思っています。イングランドは途方もない仕事をしましたが、私たちは十分ではありませんでした。オールブラックスたちは勇気を出し、彼らを誇りに思います。」

スティーブ・ハンセン監督は、今大会終了後、日本のラグビーチーム「トヨタ」の監督に就任します!
これは、日本のラグビー活性化が期待できます!

日本代表のリーチマイケルも、スティーブ・ハンセンもニュージーランド人(リーチは日本帰化)ですが、
ニュージーランド人の影響が大きいですね!

リーチマイケル海外の反応は?プレイスタイルの評価とは。

2019年9月23日

イングランドがオールブラックスに勝利!海外の反応まとめ

イングランドはオールブラックスを破ってワールドカップ決勝にしました。

イングランドは、北半球で唯一(2003年)大会に優勝した唯一の国であり、2007年以来初めて準決勝に進みました。

ニュージーランドは、3位決定戦です!

それにしても、試合開始前のハカでの、イングランドの気迫はかっこいいですね!

エディー・ジョーンズ監督率いるイングランドを応援したいと思いますが、

一方で日本に勝った南アフリカを応援するか、

決勝戦では迷う可能性がありますが、皆さんはどーでしょうか?

2 件のコメント

  • オーストラリア人のエディをさんざんニュージーランド人て書いてて今頃とても恥ずかしい思いをしているだろうことに同情します。笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA