稲葉篤紀の顔(頬)のあざは何?原因が判明しても治療しない理由に感動!

2017年から侍ジャパンの監督を務める元日本ハムファイターズの稲葉篤紀。

彼の顔・頬には現役時代からアザがあるのを見た事がある人も多いですよね。

『そのアザはどうしてできたの?』という原因から、

『消せないの?』という対応まで、

稲葉篤紀ファンの方の疑問を大調査しました!

稲葉篤紀の顔(頬)のアザはヒゲ?それとも病気?

稲葉篤紀さんは過去の自叙伝『HOP STEP 稲葉 JUMP』で自身の顔のアザについて書いています。

ちょうど顔の頬でヒゲがある所なので、


髭かあざかわからなくも見えますが病気の一種です。

初めて見た人はケガしていると感じるかもしれませんが、ヤクルトスワローズ時代から稲葉篤紀さんの顔にはこのあざの症状が出ていました。

昔から稲葉篤紀さんの顔を見ている人はどんな病気か気になった人も多いのではないでしょうか?

稲葉篤紀の顔(頬)のアザはどんな病気?

これは太田母斑と呼ばれる疾病の一種です。


稲葉篤紀さんの場合は原因不明だそうです。

ちなみにこの病気は思春期に発症する事が多いと言われていますが、20〜40代でも発症する事も珍しくないそうです。

思春期の頃の発症が一番多いと言われている病気なので、仮に稲葉篤紀さんが高校生の頃からこの病気だったとしたら、約30年間この病気と戦っていることになります。

現在は治療すれば、このあざを薄くする事も完全に消す事も時間はかかりますが可能です。

現在稲葉篤紀さんと同じ症状で悩んでいる人は日本でも多くいらっしゃいます。

稲葉篤紀があざを消さない理由がかっこいい!

完治させる事ができる病気ではあるものの、稲葉篤紀さんがこのあざを消さないのには彼らしい理由がありました。

それは、自分のコンプレックスを気にしない生き方を自分の周りや同じ症状で苦しんでいる人に伝えたいという強い意志があったからだそうです。

普通だったらコンプレックスを克服したいと思うあまり気にしてしまう人が多いと思いますが、

稲葉篤紀さんはコンプレックスをあえてさらけ出す事で自然と周りにパワーをあげたいと思ったんでしょうね。

実際、稲葉篤紀さんのこの言葉に勇気をもらえた人は多いと思います。コンプレックスを自分の個性として認めることの大切さも教えてくれますよね。

スポーツ選手だからこそプレイを見てパワーをもらう事は多いですが、自分の嫌な部分をここまでプラスにするスポーツ選手も珍しいですよね。

稲葉篤紀さんの男気あふれるあざを消さない理由にはさすがとしかありません!

稲葉篤紀のプロフィール

  • 生年月日;1972年8月3日生まれ
  • 年齢:47歳(2020年1月現在)
  • 出身地:愛知県北名古屋市
  • 身長:185センチ
  • 体重:94キロ
  • 出身高校:中京高等学校
  • 出身大学:法政大学
  • プロ球団歴代:

  • ヤクルトスワローズ(1995年〜2004年)
  • 日本ハムファイターズ(2005年〜2014年)
  • 稲葉篤紀さんは、幼い頃に通っていたバッティングセンターで後のイチロー選手のバッティングをよく見かけていて、『すごい人がいる』と感心していたそうです。

    今でもお互いが尊敬しあう仲です。

    そのイチロー選手とは同郷出身という事で、高校時代にはイチロー選手率いる愛工大名電高校と甲子園予選で対戦し、1点差で惜敗しています。

    稲葉篤紀さんが頭角を表したのは法政大学4年生の時。

    日米大学野球への出場や大学秋季リーグでの4番打者として活躍し、見事法政大学を優勝に導いてます。

    稲葉篤紀さんのプロでの活躍は高校や大学時代の成績を見ると素直にうなずけますね。

    稲葉篤紀の顔・頬のあざはひげ?その原因とエピソードまとめ

    現役時代から攻守にわたり素晴らしいプレーで野球ファンを熱狂させた稲葉篤紀さんの顔のあざには稲葉篤紀さんの強いこだわりやエピソードがあったんですね。

    現在は全日本の監督として活躍されている稲葉篤紀さんですが、今後も彼の言動や行動にパワーをもらう人はたくさんいると思います!

    侍ジャパンの監督して、球界を代表する元野球選手として、これからも応援しています!



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA