転生したらスライムだった件の3巻ネタバレ!オークとリムルの戦闘の幕開け。

転生したらスライムだった件の3巻ネタバレと感想です。

爆炎の支配者のシズエのスキルをゲットしたリムルは精霊イフリートの力を使いこなせるようになりました。

スライムから人間の姿にも変身できるようになりました。

シズエの意思を受け継いだリムルに新たな戦いの幕が開こうとしています。

転生したらスライムだった件の3巻ネタバレと感想をご覧ください。


 

転生したらスライムだった件の3巻ネタバレ!

シズの想いを受け継いだリムル。

シズから受け継いだ人間の姿でも、名付けた魔物たちにはリムルだと分かる様子。

町の建設は着々と進み、上下水道を始め家や工房も建ち始めました。

シズとイフリートを捕食したことにより、リムルのスキルや耐性は格段にアップしていました。

一人洞窟で自らの能力の確認をしていたところに、森の警備をしていたリグル・ランガ・ゴブタたちからの救援要請が来ます。

リムルが駆け付けると、そこにはゴブタたちを攻撃するオーガが6人。

オーガの里を襲った仮面の魔人とリムルを勘違いし、戦いを挑んできます。

実力の差を見せつけ何とか話し合いが出来、誤解がとけたオーガたちをリムルは町に招待します。

その宴会の席でオーガ達の里がオークによる襲撃を受け、六人を残し壊滅したことを知ります。

先の見通しの立たないオーガ達に、リムルは自分の部下になることを提案します。

強者であるリムルの配下に加わる決断をしたオーガ達に、リムルは名づけをすることにしました。

ところが6人の名づけをしたとたん、リムルはまたしてもスリープモードに陥ります。

そして目覚めたリムルの前に、鬼人となった紅丸・朱菜・紫苑・白老・蒼影・黒兵衛の姿が。

それぞれ魔素量を格段に増加させて進化していました。

一方そのころジュラの大森林ではリザードマンの領域にオークの軍勢が侵攻していました。

その数およそ20万。伝説の特殊個体であるオークロードの出現が疑われました。

リザードマンの首領は息子のガビルに周囲の村との協力を取り付けるように命じます。

ところが部下におだてられたガビルは次期首領を名乗り、尊大な態度でリムルたちと対峙します。

主を愚弄されて怒るランガでしたが、ゴブタを倒せたら話を聞こうと提案します。

影移動を使いこなし、ガビルを一撃で倒すゴブタにリムルも驚きます。

失神したガビルを連れてリザードマンたちは退散したのでした。

その夜、蒼影の報告によりオークの軍勢20万がジュラの森林に侵攻していることをリムルは知ります。

オークロードの出現の可能性に警戒を深めるリムル。

そこへ、ドライアドのトレイニーが接触してきます。

ジュラの大森林の管理者であるトレイニーにリムルはオークロードの討伐を依頼されるのでした。

転生したらスライムだった件の3巻の感想!

人間の姿になれるようになったリムルが可愛らしいです。

特にスライムでは味がわからず食事の楽しさを感じられなかったので、おいしいお肉を食べて嬉しそうな様子はいい笑顔でした。

進化したオーガ達のイケメンぶりや表情豊かな様子が魅力的です。

紫苑の料理の腕の壊滅的で、要所要所で酷い料理をネタにしているのも親近感をわかせてくれます。

オークロードの出現の可能性がドライアドの言葉で確信となり、戦いの始まる予感に、これからのそれぞれの活躍が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA