「微笑む人」ドラマ は再放送いつ?見逃した方へ視聴する方法紹介!

小説「微笑む人」を原作とした俳優松坂桃李主演のドラマ「微笑む人」が 3月1日に放送されました。

原作の小説は15万部売れているベストセラーです。

このドラマを見逃した方へ、

再放送があるのか?

視聴する方法はあるのか?

さらにあらすじとネタバレも紹介します!

原作者も称賛した演技に注目です。

「微笑む人」ドラマ再放送ある?

今のところドラマの再放送の予定は決まっていません。

ドラマの再放送があるとすれば、 松坂桃李さんが映画やドラマで主演をして話題性があるとき、

年末年始などの電球の時期、 予定していた番組がなくなりその代わりとして放送される時です。

テレビの再放送以外でドラマを視聴するには?

ドラマの再放送が されない時はネットの動画サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?

動画サイトは、U-NEXT,hulu,pandora(パンドラ)で視聴する方が多いです。

再放送が待てない時には これらの動画サイトをチェックしましょう!

もしかすると松坂桃李さんが 出演しているドラマや映画が他にも見つかるかもしれません。

ドラマの一部シーンを紹介

ドラマ「微笑む人」のあらすじまとめ

都市銀行に勤めるエリートの仁藤俊実。

温厚で人当たりもよく、しっかり仕事をするので社内でウケもいい。

そんな仁藤が妻子へ凶行に及んだ。

動機は「本の置き場がほしかった」。

マスコミは大々的に報じた。

そんな中、小説家である「私」が、

この事件のノンフィクションを書こうと取材をする。

そして、仁藤の人物像を知るために勤務先、大学、高校、中学と幼少までさかのぼって取材。

同級生や自宅付近の住人などから話を聞いていくうちに、

周辺の人物は一様に「仁藤はいい人」と語るが、怪しい話も。

さらに、仁藤と付き合いがあった元同僚、大学の同級生らが不審な死を遂げていることが判明。

事件だとすれば、いずれも常識的には考えられないような動機である。

仁藤は本当に殺人を犯しているのか、そしてその理由とは!?

ドラマ「微笑む人」のネタバレまとめ

ドラマ微笑む人の結末・ネタバレです。

鴨居(尾野真千子)は仁藤(松坂桃李)への取材を通じて本人の殺人の動機や背景を何とか探り出そうとします。

仁藤の妻子供への殺意がどこから生まれたのか?

仁藤は 裁判の時に「本の場所を欲しかったから」と述べます。

鴨居はこれを必死に否定します。

鴨居は仁藤の過去の友人に接触して、 当時の人物等からなぜ今回の事件が起きたかというところの推理をします。

しかしこれは真実ではありませんでした。

さらに小学校の同級生であった友人から当時のエピソードを聞き出します。

仁藤の同級生は、 彼は犯罪などを起こすような人物ではないと言います。

そして自分が両親から虐待を受けていたところを助けられたっていうエピソードも披露します。

鴨居はその話を仁藤に尋ねたところ、その話は真実ではないと否定します。

事件の真相に迫ろうとしますが、 鴨居の狙いをあざ笑うかのように事件の真相は掴むことがなかなかできません。

仁藤は鴨居の取材に対して批判します。

マスコミは常に社会が分かりやすいストーリーを作ろうとする。

今日はこうあってほしいということを決めつけて取材をする。

本当のことは誰も分からない。

人の心の中なんて、 精神科医でもわからない。

鴨居の取材も虚しく、仁藤の 真実に迫ることがなかなかできません。

この辺りから原作の小説にはない、ドラマオリジナルの結末となっています。

そんな中、鴨居は自分の夫の身辺調査を依頼していました。

探偵から渡された書類を確認したところ、夫が隣の家に住む奥さんと不適切な関係にあることが証明されました。

それを見て言葉を失う鴨居は、夫にその証拠を見せます。

その証拠の写真を見て夫はあっけらかんとしています。

「ああ、これね。隣の奥さんはちょっと気が弱っているんだよ」

何事もなかったように言います。

その様子は仁藤と同じく、 微笑む人でした。

鴨居はこの事実に気がつきます。

自分の周りにまさかこの微笑む人がいたなんて。

鴨居はとっさに近くに寄った アイスピックのようなものでもっとを突き刺します。

鴨居は刑務所( 留置所)に 入ることになりました。

その中で鴨居は仁藤とすれ違います。

仁藤はそのときに鴨居へ声をかけます。

笑顔でいた方がキレイですよ、と。

ドラマ「微笑む人」のネットの口コミ

ネットの口コミを紹介します。

原作の小説とは結末が少し異なり登場人物も違うところがありますが評価はいいです!

特に松坂桃李さんの演技については、 賞賛の声が多かったです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA