ハケンの品格2のロケ地(撮影場所)はどこ?東京のオフィスが騒然?!

2007年に放送されたドラマ『ハケンの品格』がついに帰ってきます!

最高視聴率26%と高い数字を叩き出したこのドラマは、東京のオシャレなオフィスビルでのロケも話題になりましたよね。

そこで、2020年4月からスタートするハケンの品格の続編のロケ地を調べてみました。

ハケンの品格2のロケ地(撮影場所)はどこ?

ハケンの品格パート1のロケ地のほとんどが東京都で行われていました。

キャストの続投やドラマの舞台もパート1からの引き継ぎのようなストーリーのようなので、ハケンの品格パート2も同じような場所で撮影されるのではと想像します。

ハケンの品格パート1からのドラマファンにとっても、懐かしい場所がたくさん出てくるのではないでしょうか?

そこで、ハケンの品格パート2のロケ地を下記にまとめてみましたのでご覧ください!

ロケ地:スペイン

篠原涼子さん演じる大前春子は、3ヶ月の休暇中スペインで過ごすのですが、今回もスペインで篠原涼子さんはクランクインを迎えています!

さすがに人気ドラマだっただけに、撮影場所にも妥協しないスタンスはドラマへの期待度を高めてくれますよね!

一方、国内でのロケ地情報についてですが、現在まだ詳細なロケ地を確認することができませんでした。

詳細は分かり次第明記させていただきます。


ちなみにハケンの品格2は前作からの完全な続編になります。

そこで、ロケ地になる可能性が高そうな場所をいくつかピックアップしましたのでご覧ください。

ロケ地:丸の内北口ビル(東京)

主要キャストの職場として使われていたのがこの場所です。

ビルの存在感や、ハケンの品格と言えばこの場所!というこの丸の内北口ビルは、

パート2でも使用される可能性が一番高いと思われます。

これまでにも様々なドラマで使用されたロケ地ですが、前作から13年という月日を経ているので、『ようやく撮影許可が下りた』という想像をしてしまいますよね。

今回のパート2にも登場してもらいたいロケ地です!

ロケ地:日本テレビ社員食堂

主要キャストが働いていた職場の社員食堂として使用されていたのは、

なんと日本テレビの社員食堂なんだそうです!

ドラマの中でも何回も出てきた場所なので、ハケンの品格パート2でも日本テレビの全面協力が期待されますね。

パート1の頃とは少し内装が変わっていますが、パート2でも仕事の話をする場所として使用される可能性が高いと思われます。

ロケ地:品川イーストワンタワー(東京)

主要キャストが働くオフィスのエントランスとして使用されていたロケ地です。

内装がとてもおしゃれで、『こんな職場で働きたい!』と感じさせる雰囲気がとても素敵な場所なんですよ!

ハケンの品格で出てきたロケ地の中で印象に残っている方も多いのではないでしょうか?

この広々とした空間が都会のイメージに繋がってドラマを見ながら憧れを抱いていました。

ロケ地:両山堂印刷所(東京)

篠原涼子さんが劇中にフラメンコを踊っていた場所ですが、実を言うと元々は印刷所だった場所なのです。



今回もこの場所でフラメンコを踊るのではないかと期待されるファンも多いと思います。

ところが、2007年時よりも外観や周りの建物の変化などで雰囲気が変わっています。

ハケンの品格と言えば、フラメンコを踊る篠原涼子さんの姿は外せないと思うので、

パート2でもこの場所をロケ地として使用することをねがってしまいますよね!

ハケンの品格2のロケ地(撮影場所)はどこ?まとめ

ハケンの品格の続編はファンとしては喜ばしいことですよね。

しかし、前作に出演していたキャストの方が亡くなっていたりと寂しさもあります。

ですが、ハケンの品格パート2で篠原涼子さん演じる大前春子がどこまでパワーアップしているのか、やはりファンとしては楽しみですよね。

今回は推測のロケ地となりましたが、必ずパート1から繋がる部分はあるはずなので、ドラマのスタートを楽しみに待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA