笑ってはいけないは2022年の中止理由|2023復活しないのか代わりは何?

笑ってはいけない 2022 2023 代わり

ダウンタウン、月亭方正、ココリコが出演する「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 笑ってはいけない」シリーズは2021年の放送が休止となりました。

1年の最後、大晦日に笑える番組として毎年人気ですが、2021年に休止したことで2022年に放送されるか気になっている人が多いようです。

そこで、2022年は放送されるのか調査しました。

笑ってはいけないは2022年の放送なし|代わりに放送するのは何?

笑ってはいけないは2022年も放送はありません。

その代わりはお笑い番組を放送します。

笑ってはいけないはもうやらないの?中止の理由はコロナ

笑ってはいけないは、15年間続いていましたが2021年を最後に休止と発表されました。

その理由は、新型コロナウイルスの影響で撮影が困難になったため、と出演者のひとりである松本人志さんはTwitterでお話しされています。

 

クオリティーを下げてまで番組を続けるのは心が痛いと、笑ってはいけないに真剣に向き合っていたことが分かりますね!

確かに、番組内容は近くに行ってツッコミをすることが多く、見どころである罰ゲームのタイキックは強く接触するので、コロナ禍だと難しいのかもしれません。

かなり大規模で実施している番組ですが、感染対策として制作スタッフや放送作家などの人数が大幅に削減され、予算や企画に余裕がなかったともいわれています。

そして休止前には、放送局である日テレが、

「メンバーの皆さんに甘えて、50歳を超えても毎年過酷なロケをお願いし続けてきました」と発表しています。

メンバーが全員50代以上になり、ロケが体力的に難しいことも番組休止の一因といえそうです。

今後、短めの時間で良いので復活すると嬉しいですね。

 

休止前最後のガキ使の「マーできるかしら?」は天海祐希さんが出て話題となりました。

復活することがあれば、またネタが話題になること間違いなしです。

笑ってはいけないの代わりはお笑い番組

今年は「笑って年越し!世代対決 昭和芸人vs平成・令和芸人」を放送予定です。

激動の時代を生き抜いてきた出川哲朗さん率いる「昭和芸人」と、新時代に輝きを放つかまいたち率いる平成・令和芸人がお笑いネタで勝負!

実力は芸人たちが集まる豪華なネタ祭りとなり、漫才やコントだけではなく、ロケもあるなど色々な角度から楽しめる番組です。

全世帯が楽しめる、大みそかからお正月まで連続7時間半の生放送になります。

こちらも楽しみですね!

笑ってはいけないは2022年の放送なし|代わりに放送するのは何?ネットの声

笑ってはいけないが放送されないと寂しいという声が多く見られました。

毎年面白いフレーズが話題となっていたので、

まとめ

笑ってはいけないについてまとめました。

2022年もコロナのため休止となり、寂しい年越しになりそうですね。

代わりの番組はネタ番組のようなので、笑いが欲しい人はこちらを見ると良いかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA