ラグビーW杯イングランドvs南アフリカ戦の海外の反応は?「デクラークとコルビいいね!」

イングランド南アフリカ戦

ラグビーワールドカップ2019決勝戦イングランド対南アフリカは32-12で南アフリカが勝利しました。

南アフリカは今回含めて優勝回数は3回目となりました。

海外のメディアや海外のファンの反応ではどのようにこの試合を評価していたでしょうか?

海外の反応を詳しく知りたい方はご覧ください。

イングランドvs南アフリカ戦の海外の反応は?

ラグビーが盛んな主要各国のメディアの反応を紹介します。

イギリスでは、イングランドが試合に敗れたと大々的に報じながらも 決勝進出まで辿り着いて準優勝まで勝ち取ったことを一定の評価をしています。

海外メディアの反応は?

イギリスのメディア「BBC」

BBCではイングランドの敗因をイングランドのプレイの失敗やファウルなどから南アフリカが優勢に立ったと言っています。

『南アフリカがイングランドを押しつぶしてワールドカップで優勝』


南アフリカはパワー溢れたプレーと冷静な試合運びでイングランドのハートを破壊して、強力な方法で3回目のワールドカップを手に入れた。

南アフリカのハンドレ・ポラードのキックから22ポイント、マカゾール・マピンピとチェスリン・コルベの後半のトライは、エディ・ジョーンズたちにとって恐ろしい事態となった。

イングランドがファウルをするたびに南アフリカは勢いを増した。

イギリスのメディア「インデペンデント」

インデペンデントでは、前回大会の雪辱を晴らそうとしたイングランド代表に対して残念がる報道をしています。
さらに、デクラーク選手を最も注意すべき選手としています。

『イングランドがラグビーワールドカップ決勝で南アフリカに敗れる』

イングランドは前回大会でホーム開催にも関わらず、予選で敗退という大失敗から立ち直ろうとしたが、
南アフリカは、三度目の世界チャンピオンになるために支配的なパフォーマンスでエディ・ジョーンズを破った。



ちなみに、
エディ・ジョーンズは南アフリカのデクラーク選手を最も警戒すべき選手だとしていました。
イギリスのプロリーグで活躍している選手だけに、その実力はすでに知られていました。

デクラーク選手

デクラーク選手のwikiで最新プロフィールをチェック!話題の南アフリカ代表に迫る!

2019年10月30日

イギリスのメディア「ガーディアン」

ガーディアンでは南アフリカの優勝を中心とした報道しておりイングランドが敗北したことを冷静に受け止めています。

さらに 今大会が日本で開催され、その日本での快適な試合観戦や各地でのおもてなしなどに触れて、それらの楽しさが選手を慰めるだろうと語っています。


日本にとってみれば、ホスト国として大成功なのでうれしいですね!

『イングランドはラグビーワールドカップで栄光を手に入れ損ねた』

南アフリカには12年ごとにラグビーワールドカップで勝つという習慣があり、1995年と2007年の勝利に続き、驚異的な力を誇示しました。

劇的な最後の試合は、そこまでがっかりしないトーナメントでした。
なぜならば、別府の温泉から東京の裏通りまで、誰にとっても何か楽しいことがあり、 日本はホスト国としてフィールド内外で一貫して期待を上回っています。

イングランドのがっかりしたプレーヤーでさえ、その体験・記憶は一生続くでしょう。

南アフリカのメディア「sports24」

大統領が真っ先にお祝いコメントを発表するなど、大注目の様子です。

『チャンピオン!素晴らしいスプリングボクスがイングランドを支配して2019年ワールドカップで優勝』

南アフリカがイングランドを圧倒!強力なフィジカルで、イングランドを寄せ付けない試合運びだった。

ニュージーランドのメディア「sufff」

sufffでは、 南アフリカの強力なフィジカルと精神がイングランドを破ったと伝えています。

『スプリングボックが支配的な最終ディスプレイでイングランドの心を打ち破る』

パワーと精密なラグビーの見事な試合の状況は、南アフリカの3回目のラグビーワールドカップタイトルを、最も力強く披露しました。

イングランドの恐ろしいフィジカルの攻撃があったが、 しかし最初の40分間で物理的に優れたイングランドを追い詰めました。
南アフリカはスクラム時にイングランドを打ち破り、ポイントを集めて重要な試合流れを確立しました。

ニュージーランドのメディア「ヘラルド」

ヘラルドではイングランドが力を発揮できず敗北した、と伝えています。
そしてその原因は南アフリカの強力なディフェンスであったとしています。

『センセーショナルな南アフリカがイングランドを横切ってワールドカップを獲得 』

イングランドはひどかった。ニュージーランド戦では信念、スキル、そして恐れることなくプレイした。
しかし南アフリカ戦では緊張し 積極的なタックルせず恐れている様子だった。

フランスのメディア「ルモンド」

ルモンドでは 「スクラムを制したものが試合を制する」という格言を紹介し、フィジカルの試合だったと言っています。

『南アフリカはイングランドを苦しめさせ、タイトルの記録を更新した』

格言で「スクラムなければ、勝利なし」と言います。乱闘も勝利もありません。
これは筋肉と筋肉の試合でした。南アフリカとイギリスの筋力トレーニングの成果が現れた試合だった。

イングランドと南アフリカ戦の海外のファンの反応

SNSでの海外のラグビーファンの反応です。

いろんなコメントがありますが多くは南アフリカの 勝利を認めているものでした。

優勝に値するプレー、試合内容だったと海外のネットでは評価されています。

理由の一つに悪質なファールもなく、フェアプレーで試合が進んだことも挙げられます。
またイングランドも実力が完全に発揮できなかった面もありますが、決勝までよく進出した!というような声が大きいです。

ラグビー海外のファンの反応

海外のファンの反応

南アフリカにとっては非常に簡単なゲームだった

 

南アフリカは勝利に値する。イングランドは試合開始早々からミスを犯していた

 

イングランドは南アフリカの鉄壁のディフェンスを突破することができなかった

 

南アフリカを過小評価したイングランドが沈黙している

 

南アフリカのゲーム運び、堅実なディフェンス、スピードは勝利に値する

 

コルベは今、世界のラグビーで最高のウィングに違いない

 

よくやったイングランド。今回のw杯で大きく成長した

 

南アフリカはディフェンスが強く、スクラムで試合を支配していた

 

イングランドは負けたのは残念だが南アフリカは本当に素晴らしかった

 

フェアプレーで最高のチームは勝った。負けても文句は言えない

 

エディージョーンズはゲームプランを間違えた。責任を取るべきだ

 

日本は素晴らしい素晴らしいホスト国だ。イングランドも達成されたことを誇りに思うべきだ

 

南アフリカのプレイは腹が立つが、決勝戦まで進んだことを誇りに思っている。次のワールドカップでどうなるかが楽しみ

 

ありがとう...ウェールズから!

 

ギリシャからおめでとうございます

 

フランスからおめでとうございます

 

インドネシアからおめでとうございます。

 

イングランドのファンからよくやった、南アフリカは良いチームであり、成功に値します。

 
デクラークが今日も活躍!賢く勇敢なプレイヤーだ。

ラグビーW杯イングランドvs南アフリカ戦の海外の反応は?まとめ

海外のメディアも海外のファンも南アフリカの勝利がふさわしいと言っています。


イングランドもニュージーランドに勝利するなど、 決勝戦前のオッズではイングランドが優勝する確率は70%と言われていました。

そのぐらいイングランドが優勝することが確実と言われていました。
イングランドvsニュージーランド

ラグビーイングランドがオールブラックスに勝利!海外の反応「エディーすごい!!」

2019年10月26日

南アフリカはこれで3度目の優勝です。

南アフリカは、ワールドカップの決勝戦で100%の勝率を持つ唯一のチームであり、

イングランドはラグビーワールドカップの決勝で3回も敗れましたが、ここまで敗北するチームはほとんどありません。

ちなみに、フランスも同じです。

イングランドラグビー公式アカウントでは日本への感謝のツイートもしています。

準々決勝で 南アフリカと戦った日本ですが、 イングランド同様に前半までは拮抗した勝負をしていました。
しかし後半から 防戦一方となり最終的には点差が開いた結果となりました。

今回のイングランドの試合の経過を考えると日本も南アフリカに対しては善戦したと言えそうです。

南アフリカの戦士たちが喜びのダンスを踊るなどパフォーマンスもユニークです。

これで2019年のラグビーワールドカップが終了しましたが、 「ラグビー・ロス」になりブルーに人も多いのではないでしょうか?

でも、来年の1月から日本でトップリーグが始まります!!

今後も日本代ラグビーをチェックしていきたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA