ウイルスで倒産のホテル旅館や企業は?ホテル三日月への影響も調査!

ウイルスによる影響で 日本各地のホテルや旅館そして企業がどれだけ経営を圧迫されているか調べました。

特に観光業であるホテルや旅館は倒産の危機に追い込まれる事態も発生しています。

ウイルスの影響で倒産したホテル旅館はどこ?

原因は何?

中小企業も倒産の危機?

現在の状況や直近の見通しを調べました。

流行のウイルスによるホテル・旅館の倒産はどこ?

知県蒲郡市の西浦温泉にある観光旅館「冨士見荘」です。

「冨士見荘」は1955年創業の老舗旅館。

最近は中国人からの観光客の受け入れを注力し経営を続けてきました。

2020年の1月にコロナウイルスの影響で中国からの団体客がキャンセルをしました。

1月は中国で大型連休にあたるため売上を見込んでいましたが、 この売り上げが確保できなくなりました。

その影響は2月に入っても止まらなく団体客や国内からの宿泊の見込みがない状況で、ついに経営の継続を断念しました。

全国各地でホテル・旅館がキャンセル中で倒産危機?

現時点では全国各地でホテル旅館が倒産が相次ぐ事態までには至っていません。

しかし各地で宿泊のキャンセルが相次いでおり、 損害額はさらに増える見込みとなっています。

各地のホテル旅館の状況

宮城県ホテル旅館生活衛生同業組合の発表です。

宮城県の状況

宮城県内で宿泊キャンセルが約4万1000人、損害額が約5億4000万円に上っている

大型旅館も含めてまだ回答していない施設があり、キャンセルの人数、損害額はさらに膨らむ見通し。

山梨県ホテル旅館生活衛生同業組合の発表です。

山梨県の状況

山梨県内の宿泊施設で3万人を超える予約キャンセルが出ています。

ウイルスの対策で活躍したホテル三日月の状況は?

ウイルスが感染拡大中の中で中国からの帰国者等を受け入れた千葉県にある勝浦ホテル三日月を覚えていますか?

ホテル三日月は中国からの帰国者たちが感染しているかどうかを見極めるために一時的な滞在先として宿泊施設として選ばれました。

その後、ホテルは専門家が指導をした方法で徹底した消毒作業を行い、 複数回消毒作業を行いました。

ホテルは3月1日から通常の営業となります。

しかし現在のところ宿泊や利用の予約状況は順調ではないようです。

そんな状況の中で、 大協会の団体の関係者は、 そんな三日月ホテルの状況を見てエールを送っています。

「(勝浦ホテル三日月は)よく引き受けてくれたと思う。しかし、引き受けたからお客さんが来なくなってしまったでは、今後こういった企業がでてこなくなる。ホテルのこの行動を“いいね”と思ったら、応援をして、実際に泊まっていただけたら」とも話した。

三日月ホテルもイメージダウンに繋がる、帰国者の受け入れは相当悩んだと思います。

しかし、 誰かがやらなければいけないという使命感もあったのでしょう。

おそらく政府からも懇願されて受け入れを実施したと思います。

ホテル三日月のこの行為が認められて、よりたくさんの宿泊者が訪れるといいなと思います。

ホテル・旅館が倒産の危機になっている理由とは?

ホテル旅館がウイルスの影響で損害を受けて、経営が危うくなっている主な理由は何でしょうか

一番の大きな理由は中国からの観光客がキャンセルをしていることです。

日本観光業協会の発表によると3月末までにキャンセル客は40万人と言われています。

このキャンセルでどのぐらいの売上が機会損失となるのか?

仮に一人当たりの中国人が日本で消費する金額が10万円だとすると、 400億円になります。

2019年の法律した中国人観光客は約960万人です。

この人数は放置する外国人の約3割を占めます。

ウイルスが長引くと観光業界は痛手となりホテル旅館の経営もさらに苦しくなりそうです。

ウイルスはホテルだけではなく企業の倒産も起こしている

ウイルスはホテル旅館だけではなく企業の倒産も起こしています。

北海道の栗山町にあるコロッケ製造会社、北海道三富屋が集客不振を理由に倒産しました。

ウイルスの影響の拡大があり 資金繰りが限界に達したそうです。

おそらくですが、これはまだ氷山の一角でこれからさらなる件数が出てくる可能性があります。

ウイルスの影響で企業も苦しい?

東京商工リサーチは、感染拡大が続く新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に関するアンケート調査を実施。

66.4%の企業が「すでに影響が出ている」、または「今後影響が出る可能性がある」と回答した。

新型コロナウイルスによる企業活動への影響で約7割(66.4%)の企業が企業活動への影響をあげた。

さらにこのまま状況が続けば資金繰りに困る中小企業が増える可能性があります。

中小企業は、経営に必要な運転資金をやりくりする必要があるため、一時的にでも売上が下がると運転資金が賄えない可能性があるってことです。

3月末や4月頃ぐらいはまだ不安定な状況かもしれません。

ウイルスで倒産のホテル旅館や企業は?ホテル三日月への影響も調査!のまとめ!

ウイルスの影響でホテル旅館が倒産してるケースや状況を調べました。

3月現在では ニュースでている倒産しているホテル旅館はまだ数少ない状況です。

但し全国各地のホテル旅館で宿泊客のキャンセルが相次いでいます。

そのため経営が苦しくなることは避けられない状況です。

さらに企業も、中小企業は特にウイルスの影響で資金繰りが苦しくなることも予想されます。

いろいろと大変なことがありますが、

早く事態が収まり、通常通りの日常に戻るといいなと思います!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA