ラグビーでお辞儀した国はどこ?その理由にも感動!

ラグビーお辞儀

ラグビーワールドカップで“おじぎ”がブームになっています。
最初は、ニュージーランド代表がおじぎしたのが話題となりました。今ではその輪も6か国に広がりましたが、どこの国がおじぎをしているのか?おじぎはするのはなぜ?その感動的な理由が話題です。

ラグビーでお辞儀した国はどこ?動画は?

試合終了後にお辞儀した国の動画・画像を紹介します。

現時点で確認できている国は8か国です。

ラグビーでお辞儀した国

サモア

ニュージーランド

イタリア

ナミビア

オーストラリア

スコットランド

ウルグアイ

南アフリカ

カナダ

お辞儀した国:ニュージーランド

お辞儀した国:イタリア

お辞儀した国:オーストラリア

お辞儀した国:ナミビア

お辞儀した国:サモア

お辞儀した国:スコットランド

お辞儀した国:ウルグアイ

お辞儀した国:南アフリカ

次々と広がるお辞儀の輪。他にもしている国があれば随時更新します。

お辞儀した国:カナダ

ラグビーでお辞儀した国はなぜ?

なぜラグビーの試合終了後に、観客に向かってお辞儀をしたのでしょうか?
各国からコメントがでていますが、共通するものが見えてきます。

なぜニュージーランドはお辞儀した?

ニュージーランドの選手のコメントです。


「できるだけ日本の皆さんとつながりたい。私たちを愛してくれていることへの気持ちだ」

これはあらかじめ決めていたようですね。
さすが世界最強チームは、振る舞いも立派です。

腰もしっかり曲げてのお辞儀は多少練習したかもしれないです。
キレイなお辞儀は、見ていて気持ちいいです。

オールブラックはキャンプ地でも子供たちのハカに感動して、
感激のコメントを出していましたが、このときの盛り上がりも好印象です。

ニュージーランドハカ

柏でハカ!海外の反応は?子供たちが素晴らしいと話題!

2019年9月23日

なぜイタリアはお辞儀した?

イタリアの選手のコメントです。

「お辞儀したのは、日本のファンに対する感謝です。今日は途中から大雨が降ってきたのに、席を立つことなく80分間、試合を見続けてくれたファンに感激しました」

感謝の気持ちを現れですね。

なぜナミビアはお辞儀した?

ナミビアの選手のコメントです。

「日本に来て、本当に素晴らしいおもてなしをしてもらっている。試合でも大きな声援を送ってもらえた。僕たちもリスペクトを示したかったんだ」。

感謝の気持ちを現れですね。

ナミビアでは選手の多くがアマチュアであり、イタリアとの対戦では、実力差が大きいながらも全力プレーで大歓声を浴びました。

そんなナミビア選手は「お礼を言い尽くせない。来週も日本の観客に応援してもらうのが待ち切れない」と感激していました。

必死にプレイするナミビア選手への応援が、自分たちが考える以上に励みになっていたと・・・

そう考えると、

異文化との交流って自分を見つめ直すいい機会ですね!

なぜオーストラリアはお辞儀した?

オーストラリアラグビー協会公式のコメントです。

「ファンの皆様、ご支援ありがとうございました!」

応援への返礼ですね。

なぜサモアはお辞儀した?

特にコメントがないですが、サモアでは相手の文化を尊重することを大事にしており、
タトゥーもシールで隠すなどだいぶ気をつかっています。

それについて選手は、

「日本とサモアは文化的に似ている面も多いが、私たちはタトゥーをしている。しかし日本の文化を尊重したいので、受け入れられるよう心掛ける」

相手の文化の尊重ですね。

なぜスコットランドはお辞儀した?

スコットランドラグビー協会公式のコメントです。

「ありがとうございます。横浜での素晴らしいサポートに感謝します。」

応援への返礼ですね。

なぜウルグアイはお辞儀した?

ウルグアイは国歌を熱唱した少年がいたことでも知らています。
海外の反応がよくて話題ですね!

ウルグアイ国歌

ウルグアイ国歌を子供が熱唱!海外の反応が良すぎ?

2019年9月26日

ガミナラ主将は、


「ここでプレーができたのは光栄だ。釜石市、日本に感謝したい」

とコメントしました。

応援への返礼ですね。

なぜ南アフリカはお辞儀した?

南アフリカ公式からは特にコメントがでていません。

ただ、ファンからは

スポーツ精神が素晴らしい!

この紳士の振る舞いに感動した!!

お互いのフェアプレイが好きだ!

と、試合終了後のさわやかなシーンに感動の声が多数です。

なぜカナダはお辞儀した?

カナダがニュージーランド代表相手に戦い、ピッチ上の激しいぶつかり合い後に、
一緒相手とともに観客に感謝しています。

ラグビーでお辞儀した国への反応

ラグビーW杯の選手のおじぎ。
感動する。
しかも適当じゃないんよね、
腰から曲げるちゃんとしたお辞儀。
日本人もなかなかしないよ多分。
素敵すぎる。

 

試合終了後に選手が観客席に向かっておじぎするのは、トップリーグ選手の多いサンウルブズでは自然だけど、ワラターズもしっかりとやってくれた。

 

ラグビーのテストマッチ、特にワールドカップで試合後に選手がわざわざバクスタ側まで来て挨拶することって、予選プールの最後の試合でワールドカップ終わります、というような時しかやらなかったのに…今大会は、各チームが日本のこと勉強してきたんやな…

 

TVからは、目の肥えたラグビーファンが多いだろう花園の観客の両チームの好プレーへの拍手やどよめきが良く伝わった。それが良く解っているからこそのお辞儀だろう。

 

ラグビーでお辞儀した国はどこ?なぜ?のまとめ

ラグビーワールドカップでお辞儀した国は、

2019年9月27日時点で7か国

サモア

ニュージーランド

イタリア

ナミビア

オーストラリア

スコットランド

ウルグアイ

南アフリカ

イタリア


です。

お辞儀した理由は、日本文化への尊重、観客への感謝です。

他のスポーツでは見られない光景ですが、ラグビーのノーサイド精神のように、

相手を思いやることの重要性を教えてくれます。

ラグビーファンだけではなく、一般の人も感動している様子!

ラグビーを知らない人もこの光景をみて、興味をもつ人も増えそうですね!

これから、他の国も増えてくるかもしれません!

そういえば、日本代表は・・?

日本代表もしっかりやっています笑

ちなみに、日本代表の選手のヘアスタイルやヒゲが清潔感あってオシャレ!と思うことありません?
彼らがこぞって通っている理容室があるのですが、そこの店がプロデュースしているのです。
これだけテレビにも出演するだけあって、理容室もクールな感じです!

理容室

ラグビー日本代表が愛する理容室!「THE BARBA TOKYO」は超クールなお店!

2019年10月5日

これからもラグビーワールドカップの感動秘話や交流を追っていきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA