競艇はやればやるほど負ける?勝てない仕組みはあるのか調査!

競艇はやればやるほど負ける?勝てない仕組みはあるのか調査!

競艇を含む公営競技は、長期的に見ると、高確率で負けてしまいます!運営が勝つ仕組みができているため、賭け主はやればやるほど負けることになります。「とりあえず賭けた分の元を取ろう」という考えだけで続けると、20万負け・30万負けと、どんどん深みにはまっていくため注意が必要です。仕組みを理解し、負けるリスクを減らしましょう!

 

競艇は運営が必ず勝つ仕組み

競艇を運営するためには、

  • 選手の日当や賞金
  • ボートやモーターの維持・管理
  • 会場の管理
  • 運営スタッフなどの人件費

など、ほかにもさまざまな費用がかかります。

当然ながら、この運営費用も、ボートレースの売上金から捻出されています。
レース毎に舟券売上げが確定すると、そこからまず25%分は、運営施行者へ渡ります。

そして、“残った金額を当たった人に配当する”という流れになります。

舟券の的中率に関係なく25%分が入ることから、運営が必ず勝つ仕組みが出来上がっているのです。※25%の詳細内訳が気になる方はこちらをご覧ください>>BOATRACE振興会HP

 

還元率は75%

先に25%分が運営費用として控除されるため、還元率は残りの約75%となります。

例えば…
100円の舟券を購入 = 25円は運営 + 75円が払戻金

賭け主が10人いた場合…
全体の売上げ1,000円  =250円は運営 + 750円を当たった賭け主で分配


※賭け主全体で考えると、購入金額に対して戻ってくる金額が確実に少ないということです!

賭け主同士でのギャンブル

競艇の払戻金は、あくまで売上げの75%分から出ています。多くの人が購入する人気レースが当たっても、万舟券が出ても、運営側には何の変化もありません。

つまり競艇は、「75%分を賭け主同士で奪い合うギャンブル」ということです。

高額万舟券が出れば、ほかの的中者への配当は少なくなり、人気のあるレースは的中者も多いため、1人ひとりの払戻金は少なくなります。
負けた人の舟券購入金が的中者の払戻金となることから、負けた賭け主は的中者の“養分”となってしまいます。

 

当たりやすいのに勝てない理由

当たりやすいのに勝てない理由

競艇は他の公営競技と比べて、当たる確率がとても高いギャンブルです。

6艇しかいないため、当てるのが一番難しい3連単でも的中率は1/120、単勝で1/6、複勝の場合は1/3となります!
3連単の場合でも、競輪が1/504、競馬が1/4896という的中率と比べると、その差は歴然!

当たりやすいところに魅力を感じて、競艇を始めた人も多いのではないでしょうか。確かに、レースの読みを外さなければ、当てること自体はそこまで難しいものではありません。

しかし、ギャンブルはトータルの収支が大事なので、当たるよりも勝ちたいですよね。

 

当たるけど勝てないとは、どういうことなのでしょうか?

ここにも、ちゃんと理由があります。

払い戻し金額が少ない

当たりやすいということは、自分以外の賭け主も当てやすいということです。

競艇は、売上げから控除分を引いた75%を、的中者全員で分けるものです。
そのため、的中者が多ければ、その分配当(払戻金)は少なくなってしまいます。

当たりやすい=みんなが当たる=払戻金が少ない

 

購入点数が増えがち

外したくないという思いから、抜けを作らないようにBOXや流しで購入すると、それだけ点数が上がります。
点数が多いと金額も高くなるので、気が付いたら“当たったのに負ける”トリガミ状態になってしまうため、注意が必要です。

やればやるほど負ける時は、どうしても当てたいという思いが先行し、購入点数が増える傾向にあります。
しかし、これでは本末転倒で、負けのループから抜け出せません!

 

90%以上の人は長期的には負けている

直近で調子よく当てている人や、万舟券を当てた人でも、長期的にみるとほとんどの人が負けています。

どんなに予想能力が高い人も、長期的に勝ち続けることはかなり難しく、トータルがプラスになる人は全体の1割にも満たないと言われています。

つまり、競艇を続ける90%以上の人は、長期的にみると負けているということになります。

20万負けや30万負けする人は多く、

 

トータルで100万負けという人も珍しくありません。

 

中には、1日で20万負け・30万負けする人もいて、競艇の難しさと怖さがうかがえます…。

競艇を始めたものの、なかなか当たらない!つまらない!!という人は、こちらの記事>>競艇は当たらないからつまらない?イライラする人に負けない買い方を紹介!も参考に読んでみてくださいね!

 

負けのリスクを減らす方法

負けのリスクを減らす方法

少しでも負けを取り返そうと、やればやるほど負けるギャンブルにも、救いの手はあるのでしょうか。

負けのリスクを減らすためには、意識するべきポイントがあります。
100万負けに足を踏み入れる前に、次にあげる4つの行動を意識してみてください。

 

勝負レースを絞る

せっかく予想したレースが的中しても、トリガミになってしまうと意味がありません。
買い目をできる限り少なくするために、勝負レースを絞りましょう。

前日夜から勝負レースを考えておくと、時間があるため冷静な分析ができます。
直前にほかのレースが気になっても、決めた勝負レース以外は見送る勇気が大切です!

購入点数をできるだけ減らす

負けている人が陥りやすいのが、購入点数を多くしてしまうことです。
取りこぼしたくないという気持ちから点数を増やすと、結果的に外れ券の方が多くなってしまいます。

やみくもに点数を増やすよりも、買い目を減らすほうが回収率は高くります!

勝ち逃げする

舟次郎
競艇は、やればやるほど負けるものです!勝った時点で潔くやめるのがシンプルに1番です!!

「調子がいいからもう少しやろう」「まだ1回しかやってないから」と続けると、当たった払戻金があっという間になくなります。「あの時やめていれば…」と後悔しても、時間は戻ってくれません。

淡い期待は持たずに、勝った時点ですぐにやめる!
潔く勝ち逃げして、気持ちの良いまま過ごしてください。

手堅い選手を狙う

約1,600人いる選手の中で、A1級選手になれるのは、上位20%ほどの実力者です。
もともと勝率が高いので予想もしやすく、回収率を上げることができます。

人気がある選手の買い目は、払戻金も少なくなりますが、負ける可能性は低いです。
少ない払戻金でも、トータルで見てプラスになることを重視した狙い方です。

 

まとめ

やればやるほど負けるということを念頭に、リスクを減らす方法を実践してみてください!

  • 競艇は、やればやるほど負けるもの!!
  • 運営が必ず勝つ仕組みになっている
  • 売上げの75%を、賭け主同士で奪い合うギャンブル
  • レースや選手を見極め、買い目を絞る
  • 勝った時点で潔くやめる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA