安倍晋三SPが役立たずでクビ処分か|その後の責任はどうなるか調査

安倍晋三元首相のSPが役立たずとネットで話題です。

処分はクビか?

本当はもっとしっかり警備ができたのではないかという疑惑があるからです。

SPの失態後の責任はどうなるか調査しました。

 

SPが役立たずでもクビにはならない

安倍元首相のSPは、警視庁警護課が担当しています

SPとは、セキュリティポリスの略称です。主に、首相や閣僚、国賓など要人の警護にあたっています。

彼らは、警視庁に所属しているため公務員です。

SPの担当から外されることはありますが、警視庁をクビになることはないでしょう。

なぜならば公務員だからです。

能力不足を理由にした解雇が正当と認められるためには、少なくとも次の4つを充たすことが求められます。

  • 著しく成績が不良であること
  • 評価が公正なものであること
  • 改善の見込みが乏しいこと、改善の機会を与えてもダメだったこと
  • 労働者の能力不足が原因で、業務に支障が生じていること

参考:青葉法律事務所

高度な技術を要する専門職の場合は能力不足による解雇が認められる場合もあります。

しかし、SPだけで事件を絶対に防ぐことは不可能なので、SPにだけ責任を押し付けるのは難しそうです。

安部元首相の後援会がSPが責任を感じ号泣していたことから、責任は非常に感じているようです。>>安倍晋三のSPは誰か特定?号泣したのは専属の男性か

処分はありえる

解雇はなさそうですが、異動や減給などの処分はあり得そうです。

しかしあくまでも公務員なので、規定に従って処分されるでしょう。

山上徹也容疑者の処分については>>山上徹也の判決は死刑か?をご覧ください。

その後の責任はどうなるか

警備失敗の責任は、警備を指示した警視庁幹部・地元の奈良県警の幹部に問われています。

幹部たちは何らかの処分が下されるでしょう。

今回の失態を自身の生命に関わる政治家が見逃すはずがありません。

 

ネットの声

 

 

 

 

 

1件のコメント

当初、即刻死刑にして欲しいと思いましたが、
むしろ死刑囚として長く生きている方が生地獄で苦しむのではないかと思います。

ただ、1人殺害の場合は無期懲役でしたよね?
それに関しては納得できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA